2019.11.11 “THE BASS DAY LIVE 2019” ライブレポート(2)

幕間のMCを担当するJ-WAVE ナビゲーターの藤田琢己とウエノコウジ、そして後ほど登場するマイケルを招いてのトークを挟み、続いては武田祐介(RADWIMPS)がホストを務める2つ目のステージへ。

ステージ向かって左手側から、休日課長 (ゲスの極み乙女。, DADARAY, ichikoro) 、武田、安井英人 (BIGMAMA) 、ひろせひろせ (フレンズ) の4人のベーシストがステージ上に登場すると、課長は徐にディレイの掛かった幻想的なフレーズを奏で出す。ホスト役の武田が「こんばんは。“Bass Quartet 2019”です。ベース四重奏をやります。ゆっくり聴いていってね。最後までよろしくお願いします」と話すと4人それぞれが高音域を中心に様々なフレーズをふんわりと奏でアトモスフェリックな空気がステージを包みこむ。突如、霧の中から列車が走ってくるように、幻想的な雰囲気の中に硬質なベースリフが登場。ひろせが奏でるのはマイケル・ジャクソンの『Smooth Criminal』だ。ヴォーカルメロディーを武田が担い、課長と安井はエフェクトを使ったプレイやコードプレイ、時折メロディーにハーモニーを加えながら華を添える。まさにベーシスト4人だけで奏でられる“ベース四重奏”だ。原曲の持つグルーヴ感を捉えながらも、ドラム等の打楽器も無い正真正銘ベース4本だけで奏でられるこの曲は原曲よりも静謐な雰囲気を湛えていた。

全員でのユニゾンフレーズからスタートした2曲目はアニメ『ドラゴンボール』のオープニング主題歌『魔訶不思議アドベンチャー!』。所謂ベース本来の役割は勿論、メロディー、ハーモニー、オブリガートすべてがエレキベースのみで演奏されながらも、4人の高い演奏スキルによって紡がれる一糸乱れぬアンサンブルは間違いなくクールでありながらも新鮮な感動を与えてくれる。客席も手拍子で応え、盛り上がりを見せた。

ひろせを中心に笑いの巻き起こるMCを挟みながら、MC中に武田がルーパーを使いベースの音だけでリズムトラックを作成。そのリズムに乗ってはじまったのはエドガー・ウィンター・グループの名インスト曲『Frankenstein』。原曲のシンセサイザーによるメインフレーズをエフェクトの掛かった武田のベースが奏で、安井によるスラップ・プレイも冴えを見せる。武田のルーパーによるリズム・トラックがあることで、リズムに対してのベースでのグルーヴさせ方もより明確に感じることができた(しかもそのリズムのサウンド自体もまたベースから発せられたものだ!)。そしてベーシスト4人、四者四様のベースの魅力が詰まったソロ回しを交え盛り上がりを見せると、続いて演奏されたのはジョン・デンバーの『Take Me Home, Country Roads』(映画『耳をすませば』の主題歌、本名陽子による『カントリー・ロード』と言うべきだろうか)。この曲では後のMCでも恋の思い出とともに語られたように休日課長が自身で初めて買ったCDということもあってか、メイン・メロディーを担当。休日課長によるベースの歌わせ方は絶品でステージ前方に出てきてソロで奏でる際の「顔で弾く」パフォーマンス振りも含め鮮烈な印象を残した。

ベース・カルテット最後の2曲はゲスト・ヴォーカルに佐藤千亜妃を迎え、ヴォーカル入りでの披露。先程までのヴォーカル・メロディーをベースが担当するアレンジとは異なり、ヴォーカルがいることでベースは4本ともが伴奏に回ることに。Carpentersの『Top of the World』ではゴーストノートを交えてリズムの役割を強調しながらベースラインを担う休日課長のプレイの上に、原曲でのギター等の楽器のフレーズを再現したり、アルペジオでコード感を演出したりと4本のベースが織り成すアンサンブルに柔らかな佐藤の歌声がマッチして美しい。

最後に演奏されたThe Beatles『Ob-La-Di, Ob-La-Da』では客席も手拍子で参加し、またコーラスパートを一緒になってシング・アロングし、会場が一体となってアットホームな空気に包まれた。様々なジャンルの楽曲がベース四重奏のアレンジで新たな息吹を得ており、そしてなにより様々な役割を担えるベースという楽器の幅広い魅力も感じられたステージであった。そしてそれを可能にしていたのは何より4人の卓越したプレイヤーが集ったからこそだったのだろう。

《SET LIST》
  1. 1.Smooth Criminal/Michael Jackson
  2. 2.魔訶不思議アドベンチャー!
  3. 3.Frankenstein/Edger Winter Group
  4. 4.Take Me Home, Country Roads/John Denver
  5. 5.Top of the World/Carpenters
  6. 6.Ob-La-Di, Ob-La-Da/The Beatles

2019.11.11 “The Bass Day Live 2019”ライブレポート(3)


Creek MONO Cases
Heritage 春畑道哉 Dean Icon
新山詩織 Orange Artist Combo Orpheus Valley Guitars
Kamaka TUBE Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty