村松拓(Vocal/Guitar)使用楽器・機材紹介

村松拓(Vocal/Guitar)

村松がメインで使用したギターは58リイシューのレスポール。Fender Japanのボディをベースに多数の改造が施されたお馴染みのテレキャスターも『Red Light』『Milestone』『BLUE SHADOW』『Dream in the Dark』の4曲で使用された。ゴールドトップのレスポールはダブルアンコールの『Perfect Sound』でのみ使用された。

Gibson Custom Historic Collection ‘58 Les Paul Reissue

Fender Telecaster (modified)

Gibson ‘56 Les Paul Gold Top Reissue

アンプはMarshall 1959SLP MK IIヘッドに同じくMarshall製の412Aキャビネット。アンプ裏にはサブとしてOrange Thunderverb 200ヘッドも用意されていた。

『シナプスの砂浜』で使用されたアコースティックギターはMartin D-18 Authentic 1939 Aged。Fishman製のピックアップが取り付けられており、Marshallアンプの下にアコースティック用のプリアンプとしてL.R.Baggs Venue DIがセットされていた。

Martin D-18 Authentic 1939 Aged w/Fishman Rare Earth

村松のエフェクトボードは ( 1 ) Ex-Pro TBX-1(ジャンクションボックス)が入出力を担い、コントロールの中心は ( 2 ) One Control Chrocodule Tail Loop(プログラマブル・スイッチャー)。エフェクトペダルは ( 3 ) Vahlbruch Chorus(コーラス)、( 4 ) Vahlbruch Twin-Tremolo(トレモロ)、( 5 ) Z.Vex Fuzz Factory(ファズ)、( 6 ) Mad professor Deep Blue Delay(ディレイ)、( 7 ) tc electronic Alter Ego X4(ヴィンテージエコー)、( 8 ) Subdecay Quasar Quantum(フェイザー)、( 9 ) Formula B Elettronica / MAESTRA Fuzz-Tone(ファズ)、( 10 ) Electro-Harmonix POG2(ポリオクターブ・ジェネレーター)、( 11 ) Eventide H9 Max Gold(マルチエフェクター)、( 12 ) KORG DT-10(チューナー)、( 13 ) Wren and Cuff Gold Comp(コンプレッサー/プリアンプ)、( 14 ) Wren and Cuff Your Face 60’s Custom(ファズ)、( 15 ) JHS Charlie Brown V3(オーバードライブ)が並ぶ。電源は ( 16 ) Providence PAE-101Pと ( 17 ) One Control Distro (pink)。( 18 ) Boss Dr.Beat DB-30(メトロノーム)も置かれている。本誌が取材させてもらった昨年2019年の野音公演と比べると、( 9 ) MAESTRA Fuzz-Tone と( 13 ) Gold Comp が新たに追加/変更されている。

ライブ撮影:西槇 太一
機材撮影:小野寺将也

生形真一(Guitar)使用楽器・機材紹介

Nothing’s Carved In Stone

Digital Single「Wonderer」Now On Sale!!

3/17(水)にDigital Single「Wonderer」の配信リリースが決定しました!
各種配信サイト&サブスクにて配信されます。

Jacket Design RYOTARO KAWASHIMA

[Linkfire]
https://ssm.lnk.to/Wonderer_NCIS

配信シングル「Wonderer」のリリースに伴い、全12本のツアー"Wonderer Tour"が開催決定!
詳細はNothing's Carved In Stoneオフィシャルサイトをご覧ください。
https://www.ncis.jp/


Martin Style41 SGZ The Realist RV5PeA SGZ Sheelan
Black Smoker Orange MONO Cases Dean Guitars
Techra Drum Sticks Legator S7G Cobra JS7