生形真一(Guitar)使用楽器・機材紹介

生形真一(Guitar)

生形の使用ギターは自身のシグネチャーモデルであるGibson Shinichi Ubukata ES-355をはじめとしたES-355が4本に加え、Firebird、SGそしてLes Paulの7本。

Gibson Shinichi Ubukata ES-355 #001

こちらが多くの楽曲で使用されたシグネチャーモデルの#001。

Gibson ES-355 Shinichi Ubukata Prototype

こちらはシグネチャーモデルのプロトタイプ。ダイヤモンドFホールにバインディングが施されていないのが見た目上の大きな違いだ。当日は『In Future』で使用された。

Gibson Custom Shop ES-355 w/Bigsby

シグネチャーモデル完成以前から愛用している2005年製のES-355。『シナプスの砂浜』『BLUE SHADOW』の2曲で使用された。

Gibson Custom Shop ES-355 w/Bigsby Pizeo

ES-355のブリッジ部分にピエゾピックアップを搭載した1本。『Milestone』のイントロでその特徴的なサウンドを聴くことができた。

Gibson Shinichi Ubukata Firebird III Prototype #1

こちらはGibsonが生形のために新たに製作したFirebird IIIのプロトタイプモデル。ヘッド裏には手書きで「UBUKATA PROTO #1」と書かれている。『Overflowing』から『Red Light』までの4曲はこのギターで演奏された。

Gibson Custom ’62 SG Standard Reissue

アンコールの『Dream in the Dark』ではペルハム・ブルーカラーが印象的なSGも使用された。元はホワイトだった個体をリフィニッシュし、ブリッジもロングヴァイブローラへと変更されている。

Gibson Custom Historic Collection ‘58 Les Paul Reissue

こちらのレスポールはダブルアンコールの『Perfect Sound』でのみ使用された。

アンプはお馴染みのMarshall JMP2203とMarshall 412Aキャビネットの組み合わせに加え、以前はVOXアンプを使用していたところがMatchless DC30に置き換えれていた。

アンプの裏にはサブとしてMarshall 1959HWヘッドもスタンバイされていた。

多くのエフェクターが並ぶ生形のペダルボードだが、まずは向かって左手側の ( 1 ) ~ ( 4 ) が入出力の切り替えとピエゾ・ピックアップ用のペダル。( 1 ) Free The Tone FC-370 Output Selectorは2つのアンプを切り替えるためのアウトプットセレクターで、( 2 ) がピエゾと通常のマグネティック・ピックアップ時の出力先を切り替えるアウトプットセレクター。ピエゾ時の出力は ( 3 ) Mad Professor Deep Blue Delay(ディレイ)を通して ( 4 ) Radial J48(ダイレクトボックス)へ接続されている。マグネティック・ピックアップの出力は ( 20 ) の下にあるFree The Tone製のジャンクションボックスを通して右側のボードへ入力されている。右側のボードは ( 5 ) Free The Tone ARC-3(プログラマブル・スイッチャー)をコントロールの中心に据え、( 6 ) Free The Tone DVL-1 SERIES / DIRECT VOLUME(ボリュームペダル)、( 7 ) Jim Dunlop SU95 Shinichi Ubukata Crybaby(ワウペダル)、( 8 ) Digitech Whammy WH-5(ワーミーペダル)、( 9 ) BOSS DM-2W(ディレイ)、( 10 ) Subdecay Quasar Quantum(フェイザー)、( 11 ) Diaz Pedals Texas Tremodillo(トレモロ)、( 12 ) KLON KTR(オーバードライブ)、( 13 ) Human Gear Animato Forte(ファズ)、( 14 ) meris Mercury7(リバーブ)、( 15 ) BOSS DD-500(ディレイ)、( 16 ) Mad Professor Dual Blue Delay(ディレイ)、( 17 ) Ceriatone Centura(オーバードライブ)、( 18 ) Bogner harlow(コンプレッサー)、( 19 ) Wren and Cuff Your Face 60’s Hot Germanium Fuzz(ファズ)、そして ( 20 ) KORG DT-10(チューナー)と ( 21 ) Boss Dr.Beat DB-12(メトロノーム)が並ぶ。上記写真では見えないがボード右上の裏側には ( 22 ) Z.Vex Fuzz Factory(ファズ)もセットされている(下記写真参照)。

ライブ撮影:西槇 太一
機材撮影:小野寺将也

日向秀和(Bass)使用楽器・機材紹介

Nothing’s Carved In Stone

セルフカバーアルバム『Futures』好評発売中!!

リテイク18曲+最新曲「NEW HORIZON」「Dream in the Dark」を収録したベスト盤!セルフカバーアルバム『Futures』 NOW ON SALE
Label:Silver Sun Records

【初回限定盤】2CD+DVD
4,500円(税別) / DDCZ-9063(SSRA-0004)

【通常盤】2CDのみ
3,500円(税別) / DDCZ-9065(SSRA-0003)


Martin Style41 SGZ The Realist RV5PeA SGZ Sheelan
Black Smoker Orange MONO Cases Dean Guitars
Techra Drum Sticks Legator S7G Cobra JS7