2019年11月11日。5年目を迎えた「ベースの日」にマイナビBLITZ赤坂で開催された「The Bass Day Live 2019」。総勢10名のベーシストが一堂に会したこのライブ・イベントでのベーシストたちの使用機材をお届けしよう。まずはこの日のトップバッターとなったウエノコウジの使用楽器・機材から見ていこう。

ウエノコウジ 使用機材紹介

ウエノコウジ(the HIATUS, 武藤昭平withウエノコウジ、THE King ALL STARS、Radio Caroline)

Fender American Vintage ’62 Precision Bass

激しいピッキングにより、塗装が剥げるだけではなくボディが抉れている

アンプはヘッドがAmpeg SVT-VR、キャビネットがAmpeg SVT-810E。ヘッドの裏には排熱用にファンが取り付けられていた。ヘッドの上にはDunlopのTortex Triangleピック0.88mmと0.73mmの2種が用意されている。

エフェクターはあまり使わないというウエノだが、この日の足元にはエフェクトボードもスタンバイ。内容は、 [ 1 ] Sonic Research Turbo Tuner ST-200(チューナー)、 [ 2 ] Atelier Z MM-BOX(プリアンプ)、 [ 3 ] KATANA SOUND SUPER BASS FUZZ “重低音”(ファズ)、そして [ 4 ] Vital Audio Power Carrier VA-R8(パワーサプライ)というラインナップ。

武田祐介・ひろせひろせ 使用機材紹介


Martin Style41 SGZ The Realist RV5PeA SGZ Black Smoker
MONO Cases Techra Drum Sticks
Orange Crush Acoustic 30 Orange Crush Bass25B Hinatch Orange Pedal Baby 100 Dean Kerry King On Stage Stands S7G Cobra JS7