11/8に行われた仮BANDの“仮BAND Streaming Live vol.03”。この日のライブは仮BANDのBOH(Bass)、前田遊野(Drums)に加え、岡 聡志(Guitar)、ユッコ・ミラー(Saxophone)、西脇辰弥(Keyboards/Chromatic Harmonica)、そして増崎孝司(Guitar)をゲストに迎えて総勢6人編成で行われた。まずは当日のメンバーの使用楽器・機材を見ていこう。

BOH(Bass)使用楽器・機材紹介

BOH(Bass)

この日のBOHの使用ベースはAtelier Z製の自身のシグネチャーモデル6弦ベース「BOH’S CUSTOM 6」で、赤い「TP-DPK MH」フィニッシュのものがメインで使用された。

Atelier Z BOH’S CUSTOM 6 TP-DPK MH

また、『Song of my heart』、『Snowflakes』ではフレットレス仕様のモデルが使用された。

Atelier Z BOH’S CUSTOM 6 Fretless

ピンク色のTP-PINK MHもスタンバイされていたが、今回は使用されなかった。

Atelier Z BOH’S CUSTOM 6 TP-PINK MH

ベースは3本ともGruv Gear製のフレットラップが取り付けられていた。ストラップはMoody Straps製のレザーストラップが使用されている。

アンプはヘッドがMarkbass Little Mark Vintage、キャビネットがMarkbass Standard 102 HF & Standard 151 HR。

こちらがBOHのペダルボード。入力側から順に、( 1 ) CONISIS BA003 BLACK MESSIAH Takayoshi Ohmura Signature Buffer(バッファー)、( 2 ) Limetone Audio LTV-500L-ilm(ボリュームペダル)、( 3 ) FMR Audio RNC1773(BACK TO BASICS)(コンプレッサー)、( 4 ) TOKYO EFFECTOR BOH DISTORTION 龍之栖(プリアンプ/ディストーション)。 「龍之栖」のエフェクトループ(Ach Clean Loop)に ( 5 ) tc electronic Subnup octaver(オクターバー)が接続され、 龍之栖の最終段アウトプットから ( 6 ) tc electronic Flashback II(ディレイ)へという流れだ。また、ボリュームペダルのチューナーアウトから ( 7 ) tc electronic polytune(チューナー)へと接続されている。ボードの電源を担うのは ( 8 ) Free The Tone PT-3D。また、この日は使用されていなかったがSHURE製のワイヤレスレシーバーGLXD6 ( 9 ) も置かれていた。

前田遊野(Drums)使用楽器・機材紹介

仮BAND

仮BAND 2nd mini album『二枚目』好評発売中!

定価:¥1727+税
品番:BZCS-1186
形態:ミニアルバム
詳細はこちら
http://bellwoodrecords.co.jp/label-products/6344

各種配信サイトはこちらから
https://lnk.to/TzygaYup

1stミニ・アルバム『仮音源 -Demo-』

各種配信サイトはこちらから
https://lnk.to/95B59YGa


Martin Style41 SGZ The Realist RV5PeA SGZ Sheelan
Black Smoker Orange MONO Cases Dean Guitars
Techra Drum Sticks Legator S7G Cobra JS7