11/8に行われた仮BANDの“仮BAND Streaming Live vol.03”。この日のライブは仮BANDのBOH(Bass)、前田遊野(Drums)に加え、岡 聡志(Guitar)、ユッコ・ミラー(Saxophone)、西脇辰弥(Keyboards/Chromatic Harmonica)、そして増崎孝司(Guitar)をゲストに迎えて総勢6人編成で行われた。まずは当日のメンバーの使用楽器・機材を見ていこう。

BOH(Bass)使用楽器・機材紹介

BOH(Bass)

この日のBOHの使用ベースはAtelier Z製の自身のシグネチャーモデル6弦ベース「BOH’S CUSTOM 6」で、赤い「TP-DPK MH」フィニッシュのものがメインで使用された。

Atelier Z BOH’S CUSTOM 6 TP-DPK MH

また、『Song of my heart』、『Snowflakes』ではフレットレス仕様のモデルが使用された。

Atelier Z BOH’S CUSTOM 6 Fretless

ピンク色のTP-PINK MHもスタンバイされていたが、今回は使用されなかった。

Atelier Z BOH’S CUSTOM 6 TP-PINK MH

ベースは3本ともGruv Gear製のフレットラップが取り付けられていた。ストラップはMoody Straps製のレザーストラップが使用されている。

アンプはヘッドがMarkbass Little Mark Vintage、キャビネットがMarkbass Standard 102 HF & Standard 151 HR。

こちらがBOHのペダルボード。入力側から順に、( 1 ) CONISIS BA003 BLACK MESSIAH Takayoshi Ohmura Signature Buffer(バッファー)、( 2 ) Limetone Audio LTV-500L-ilm(ボリュームペダル)、( 3 ) FMR Audio RNC1773(BACK TO BASICS)(コンプレッサー)、( 4 ) TOKYO EFFECTOR BOH DISTORTION 龍之栖(プリアンプ/ディストーション)。 「龍之栖」のエフェクトループ(Ach Clean Loop)に ( 5 ) tc electronic Subnup octaver(オクターバー)が接続され、 龍之栖の最終段アウトプットから ( 6 ) tc electronic Flashback II(ディレイ)へという流れだ。また、ボリュームペダルのチューナーアウトから ( 7 ) tc electronic polytune(チューナー)へと接続されている。ボードの電源を担うのは ( 8 ) Free The Tone PT-3D。また、この日は使用されていなかったがSHURE製のワイヤレスレシーバーGLXD6 ( 9 ) も置かれていた。

前田遊野(Drums)使用楽器・機材紹介

仮BAND

仮BAND with Friends.~Live at Streaming~ Now On Sale!!

仮BAND初のライブ盤は、Streaming Liveで行われた3公演から、ベストテイク16曲をセレクト!
発売日:2021/3/10
定価:3,300
品番:BZCS-1193/4
形態:アルバム[2枚組]
詳細はこちら
http://bellwoodrecords.co.jp/label-products/6950

各販売サイトはこちら
https://lnk.to/KARI_BAND_LiveCD

仮BAND 2nd mini album『二枚目』好評発売中!

定価:¥1,900
品番:BZCS-1186
形態:ミニアルバム
詳細はこちら
http://bellwoodrecords.co.jp/label-products/6344

各種配信サイトはこちらから
https://lnk.to/TzygaYup

1stミニ・アルバム『仮音源 -Demo-』

各種配信サイトはこちらから
https://lnk.to/95B59YGa


naga guitars Sheelan Martin Style41 SGZ
Black Smoker Orange Hinatch 楽器談技
SILENT SIREN The Realist RV5PeA SGZ Laramidia
iCheck MONO Cases
G7th Capo Dean MYK
Heritage S7Gaoi DIXON
LUNASTONE MU-TRON DoraKitty