2019.06.02 (Sun) @Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
RENO ONEMAN LIVE 2019 『Ever Onward』

《Band Member》
  1. Drums:前田遊野
  2. Bass:大桃俊樹
  3. Guitar:中村 禎
  4. Keyboard:都啓一
  5. Special Guest!!!:ピコ

RENO機材紹介

G-Life Guitars Cross Edge Hannes Ash(Royal Blue Tarquoise)

G-Life Guitars G-Phoenix(Royal Blue Turquoise)

RENOのサウンド・システムの中心はKemper Modeling Amplifier。その上に置かれたMesa/Boogie Dual Rectifier Solo Headはパワーアンプとしてのみ使用されている。キャビネットもMesa/Boogie製で4×12 Recto Standard Slant Guitar Cabinet Armorが使用されていた。

Kemperは取材時には「RENO Backing 1」というRig(パッチ)が選択されていた。

足元のペダルボードは ( 1 ) Roland FC-300 MIDI Foot Controllerをコントロールの中心に据え、( 2 ) G-Life Guitars Gemini Booster(ブースター)と( 3 ) G-Life Guitars Black Buster(ディストーション)をセット。 ( 4 ) tc electronic PolyTune2 Noir(チューナー)とボード内の電源を賄う ( 5 ) Free The Tone PT-1D(パワーディストリビューター)も設置されている。
本誌での前回取材時(2018.6.3@Mt.RAINIER HALL SHIBUYA) はFC-200とEV-5を使用していた部分がFC-300へと置き換えられている形だ。

Black BusterはGAINを下げブースター的に使用しているようだ。


次ページ »
中村禎(Guitar)使用機材紹介

RENO

RENO Monthly LIVE~one to one vol.2~ 開催中! RENOによるマンスリーライブが新横浜strageにて毎月開催中!
■2019年07月28日(日) 1部 OPEN15:00/START15:30/2部 OPEN18:30/START19:00
Guest:LIPHLICH 新井崇之  前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500 (ドリンク代別)
チケット一般発売:2019年7月6日(土)〜
■2019年8月11日(日)1部 OPEN15:00/START15:30/2部 OPEN18:30/START19:00
前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500 (ドリンク代別)  詳細後日発表


Martin Style41 SGZ The Realist RV5PeA SGZ Black Smoker
MONO Cases Techra Drum Sticks
Orange Crush Acoustic 30 Orange Crush Bass25B Hinatch Orange Pedal Baby 100 Dean Kerry King On Stage Stands S7G Cobra JS7