RENOインタビュー(2)

―ピコさんをゲストに迎えた楽曲、『不退転パスファインダー』。ギターはチューニングの関係もありG-Phoenixでしたが音の輪郭がすごく出ていました。

結構ギターにも動きがあり、自分的にはあまりやらないフレーズだったので結構練習しました。普段、歌の後ろではあまり動かないように弾くのですが、この曲は動くギターでした。

やはり自分のルーツであり、イズムだなぁと演奏していて感じました。特にG-Phoenixはどんなときでも何を弾いてるのかがわかる音なのでバランスもよかったです。

―『天樂』はピコさんのオリジナルではなくボーカロイド曲のカバーですが、なぜこの曲を選んだのでしょうか?

実は歌ってみた動画で聞いた時に衝撃を受けた曲でした。1番ピコ君の良さが出てると思った曲で、是非ライブでやりたいとお願いしました。

ソロなんてもうスウィープ祭りで、このプレイもあまり自分ではやらないので、いろんなパターンなどを研究して弾きました。

―そして自分たちのルーツである楽曲のカバーを2曲。

まずはSIAM SHADEの『1/3の純情な感情』ではDAITAさんのように、あまり動かずに、ソロも自分を出さずに弾いていた印象でした。

原曲を聴き込んで忠実にカバーしました。ライブバージョンではリズムのとり方や音の繋がり方が違うのですが、今回は改めて原曲を意識していました。音を取っているときには昔では聞こえていなかったフレーズもあったり、色々な発見ができました。

―それでもピッキングハーモニクスにはRENOさんの感じが出ていましたね。

どうしても自分が出ちゃう場面もありました(笑) 本来はアーミングが必要な曲なので細かいニュアンスは自分の雰囲気で弾きました。

―続いてJanne Da Arcの『ヴァンパイア』。

イントロのリフに関しては自分のキレというかタイム感ではなく、youさんの滑るようなリズムの取り方を意識したのですが、難しくて全然できませんでした…滑るように、繋がるように弾くのは今後のテーマになると気づいた一曲でした。ソロは結構自分を出しましたが、オブリガードなどは結構忠実に再現してみました。

もう定番となったお客さんと一緒に盛り上がる『From the sky』では、手拍子やギターフレーズを歌ってもらったりメンバー紹介ソロ回しなどを盛り込んでいます。

―『Minority』はライブだとオクターブのフレーズなどは結構タメて弾いている印象を受けました。

レコーディングではそこまでタメてないのですが、何故かライブでは後ろ乗りになってしまいますね。一緒にやってきたバンドメンバーの方との空気感だったり、グルーヴ感が曲に変化を与えているんだと思います。

―本編ラストの『Chemical ROCK』。いつもはワーミーのところをフィルター系のようなエフェクトを使用していましたね。

今回は新しいエフェクトの混ぜ方でトライしてみました。エクスプレッションペダルが全開になったときだけエフェクトがオンになるなど、ちょっと工夫をしました。オクターバー+ピッチシフトをかけてデジタル機材ならではの遊びになっています。

―アンコールではViViDの『Across The Border』。解散した自身のバンドの曲を演奏する気持ちはどうだったのでしょうか?

この曲はViViD解散の10日前の結成記念ライブ以来になります。 ファンの方からしてもまさかのチョイスだったと思います。
インディーズ時代の楽曲なので懐かしさや、この時からこんなフレーズ弾いてたなぁと色々なことを思い出しました。

ピコさんの歌もかなり似せて歌っていましたね。

あれだけのプレッシャーの中、歌ってもらうのは本当にきつかったと思いますが、お客さんは喜んでいたのでやってよかったです。
あと10年前の曲なので、やっぱり今弾くと速くて大変でした。

それから、『White page』は奏法的にもピックアップをフロントにしてトーン、ボリュームを絞って弾きました。指で弾くようにしたり、『Amethyst』もそうですが、歌っているようなトーンを狙っています。

―ラストは『JOURNEY』。盛り上がりも1番な曲ですね。

『JOURNEY』は一番盛り上がる曲になったのが本当に嬉しいです。曲のパワーもあり、音色もシンプルなので、ストレートにドライブして弾いていくということができる楽曲です。

―今回のライブ全体を振り返ってみて、いかがですか?

自分の感情を素直に、自由に出せたライブだったと思います。笑いあり、涙あり、それが自分なんだなぁということも再認識できました。

いろんな研究もしてきて自分ってどういうギタリストであるかがわかってきて、自然体でそれを共有できたライブでした。今回のライブではその確認、確証ができたからそれを基盤にしつつ、新しいことを探して行こうと思います。

《SET LIST》
  1. 1.Boogie
  2. 2.Sonic Attack
  3. 3.Super:NovA
  4. 4.CORE
  5. 5.Distorted View
  6. 6.Milky Way
  7. 7.Stardust
  8. 8.罪と罰
  9. 9.Collision of Universe
  10. 10.Amethyst
  11. 11.不退転パスファインダー
  12. 12.天樂
  13. 13.1/3の純情な感情(SIAM SHADE Cover)
  14. 14.ヴァンパイア(Janne Da Arc Cover)
  15. 15.From the sky
  16. 16.Minority
  17. 17.Chemical ROCK
  18. EN1.Across The Border
  19. EN2.White page
  20. EN3.JOURNEY

インタビュー・文:河本亘介
撮影:小野寺将也

RENO

RENO Monthly LIVE~one to one vol.2~ 開催中! RENOによるマンスリーライブが新横浜strageにて毎月開催中!
■2019年07月28日(日) 1部 OPEN15:00/START15:30/2部 OPEN18:30/START19:00
Guest:LIPHLICH 新井崇之  前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500 (ドリンク代別)
チケット一般発売:2019年7月6日(土)〜
■2019年8月11日(日)1部 OPEN15:00/START15:30/2部 OPEN18:30/START19:00
前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500 (ドリンク代別)  詳細後日発表


naga guitars MONO Cases
Black Smoker Heritage DoraKitty
S7Gaoi AT Now For Ever Orange 穴見慎吾
つば九郎ウクレレ The Realist RV5PeA SGZ Laramidia
Orange Hinatch Sheelan Martin Style41 SGZ
G7th Capo DIXON
LUNASTONE MU-TRON Dean MYK