増崎孝司(Guitar)使用楽器・機材紹介

増崎孝司(Guitar)

増崎孝司がこの日使用したギターは計3本。エレキギターがSuhr Classic Sと自身がプロデュースするブランドThree Dots GuitarsのSモデルの2本。そして、『Song of my heart』ではエレガットMartinez MSCC-14 RSが使用された。

Suhr Classic S HSH

Three Dots Guitars S Model

アンプはヘッドがBogner Shiva 20th AnniversaryモデルのヘッドにMarshall 1912 Lead 1×12″キャビネット。Marshallキャビネットの横にはアコースティック用のアンプとしてAER Compact 60/3もスタンバイされていた。

こちらが増崎のペダルボード。まずはボード外に ( 1 ) Human Gear製のワウペダルが設置され、そこから、 ( 2 ) Dry Bell Vibe Machine V-2(コーラス/ビブラート)へ、そしてジャンクションボックスを介して ( 3 ) Custom Audio Japan RS442 II(プログラマブル・スイッチャー)へと接続されている。ボード上のエフェクターは ( 4 ) D’Addario/Planet Waves PW-CT-20(チューナー)、( 5 ) Retro-Sonic CHORUS Stereo Edition(コーラス)、( 6 ) Suhr Koji Comp(コンプレッサー)、( 7 ) Strymon DIG(ディレイ)、( 8 ) Strymon FLINT(トレモロ&リバーブ)、( 9 ) J.Rockett Audio Designs Blue Note(オーバードライブ)、( 10 ) J.Rockett Audio Designs GTO(オーバードライブ)が並ぶ。また、( 11 ) RJM Mini Amp Gizmoを使用することで、アンプのチャンネル切替も含めてシステムにインテグレートされている。 ( 12 ) はVERTEX FV-500 MONO VOLUME PEDAL HANDWIRED(ボリュームペダル)。 ( 7 ) と ( 8 ) の2台のStrymonはアンプのSend/Returnループ内に接続されているそうだ。

2020.11.8 “仮BAND Streming Live vol.3” ライブレポート

仮BAND

仮BAND with Friends.~Live at Streaming~ Now On Sale!!

仮BAND初のライブ盤は、Streaming Liveで行われた3公演から、ベストテイク16曲をセレクト!
発売日:2021/3/10
定価:3,300
品番:BZCS-1193/4
形態:アルバム[2枚組]
詳細はこちら
http://bellwoodrecords.co.jp/label-products/6950

各販売サイトはこちら
https://lnk.to/KARI_BAND_LiveCD

仮BAND 2nd mini album『二枚目』好評発売中!

定価:¥1,900
品番:BZCS-1186
形態:ミニアルバム
詳細はこちら
http://bellwoodrecords.co.jp/label-products/6344

各種配信サイトはこちらから
https://lnk.to/TzygaYup

1stミニ・アルバム『仮音源 -Demo-』

各種配信サイトはこちらから
https://lnk.to/95B59YGa


Martin Style41 SGZ The Realist RV5PeA SGZ Sheelan
Black Smoker Orange MONO Cases Dean Guitars
Techra Drum Sticks Legator S7G Cobra JS7