太田家

「お・お・た!お・お・た!」のSEが流れ、会場には自然とクラップが沸き起こった。ショートバージョンの『太田家』でまずは全員太田になるところから太田家のライブは始まる。

THE BOOGIE JACKのヒライシュンタが楽曲提供した『星明かりのメロディ』でフロアのテンションは一気に上がり、さらに『光れ』、ザ・マスミサイルの高木芳基が楽曲提供した『夏のイカれ野郎』と続く。曲が進むにつれて体感速度がどんどん上がっていくような疾走感に、フロアもさらに盛り上がりを見せる。新曲の『言ノ葉ニ咲ク』では、古き良き日本の風を感じるメロディに乗せてうつくしい日本語が散りばめられる。季節にそれぞれの色があるように、楽器の音色がひとつひとつしっかり聞こえてくるのもこの曲の素敵なところだ。一転して、エリカさま(Gt.)の小気味良いギターリフが響き渡り、GEEKSのエンドウ.が楽曲提供した楽曲『赤赤』が始まると、真っ赤に染まるステージからメンバーが髪を振り乱し激しいサウンドをぶつけてくる。それに負けじとオーディエンスの拳も高く突き上げられていた。

主題歌とかテーマソングって映画やドラマだけじゃなくて、みんな1人1人に日常の主題歌があってもいいんじゃないかなって思ってます。みんなの毎日を、音楽の力でちょっとでもキラッとさせる事ができたら、どんなに素晴らしいだろうって思います。私たちはそんな歌を歌っていきたいです。あなたの人生の主題歌を歌わせてください」そんな太田彩華(Vo./Ba.)の語りから『シュプレヒコールが眠らない』が始まる。オーディエンスは、その想いに盛大なシンガロング&クラップで応える。その勢いのまま『夏影方程式』、『愛とアストロノミア』と続き、太田家らしい青春パンクで本編を締めくくった。共に叫び汗をかきながら過ごすこの時間が、まさに青春そのものだと思わせてくれた。

アンコールを受けステージに戻ってくると、太田彩華と太田たけちゃん(Dr.)がこの日の出演者・スタッフ・ファンへの感謝の気持ちを語る。

太田家はみんなの背中を押してあげられるような歌を届けたいと思っているけど、太田家が諦めていたらカッコつかへんから、絶対に絶対に今日はやったるぞって気持ちで今日を迎えました。みんなにとって今日は、いつか思い返した時に、あの時楽しかったなって思える日にできたかな?」太田彩華が問いかけると、フロアからは盛大な拍手が返ってきた。それを受けたメンバーの表情はとても晴れやかだった。

アンコール1曲目は、花男が楽曲提供した楽曲『ツアーは続く』を披露。ラストの『名もなき少年の名もなき青春』では全員で大いにシンガロングし、熱狂のままにこの日のステージは幕を閉じた。

太田家は2023年4月19日、東京では初となるワンマンライブ「春のおおたまつり2023」を開催する事を発表。 着実にバンド力を上げてきた太田家の4周年記念のライブを、ぜひ会場で体感してもらいたい。

Vo.&Ba.太田彩華 with Black Smoker Beta P-4
Gt.太田エリカ様(ERIKA)with Black Smoker Futura-S HH
Key.太田ひさおくん(佐々木久夫)
Dr.太田たけちゃん(竹村忠臣)

Vo.&Ba.太田彩華 使用楽器・機材紹介

太田彩華のベースはBlack Smoker Beta P-4。長野県安曇野市でたった2名のビルダーによって製作されているブランドながら近年各所で高い支持を集めるBlack Smoker製のPBタイプだ。

「Black Smoker は、名古屋のクロサワ楽器さんで一日店長をやらせていただいたときに試奏して一目惚れしました。ボディは軽いけど、ノンエフェクトでもパワフルで良い音。あれ、自分前よりちょっと上手くなった?って思わせてくれる良い楽器です!指紋がつかないボディと色合いも凄く気に入ってます」(太田彩華)

アンプはOrange Little Bass Thing。コンパクトで軽量ながらOrangeらしいサウンドと500Wの出力を誇る。太田は2Uサイズのラックケースにマウントして使用している。

「Orange Little Bass Thingは、コンパクトな見た目から想像つかないほど、パワーが凄いです。いつも元気モリモリフルパワーって感じなので、大きなステージで使ってみたいです」(太田彩華)

太田のエフェクターはこの2点。マルチエフェクターのZoom B1X Four(上写真)とプリアンプのMXR M80 Bass D.I.+(下写真)。

「基本、エフェクターはZoom B1X Fourを使っていて、MXRはお世話になってるベーシストの大先輩にお下がりでいただきました。太田家で弾く時は、シンプルで聴きやすくて良い音を目指しています」(太田彩華)

Gt.太田エリカ様(ERIKA) 使用楽器・機材紹介

太田エリカ様の使用ギターは太田彩華と同じくBlack Smoker製のBlack Smoker Futura-S HH。トラディショナルなスタイルの楽器を製作することの多いBlack Smokerが現代の音楽シーンを見据えたモダンなスタイルの2ハムバッカー仕様のギターだ。

アンプはHughes & Kettner Tube Meister 36。3チャンネル仕様のフルチューブアンプヘッドだ。

ペダルボードはこちら。3つのループを備えたプログラマブル・スイッチャーにBOSSの多彩なエフェクトを搭載したBOSS MS-3を中心に構成されており、( 2 ) と ( 7 ) もMS-3をコントロールするためにセットされている。

( 1 ) Free The Tone JB-82S(ジャンクションボックス)
( 2 ) BOSS EV-30(エクスプレッションペダル)
( 3 ) BOSS MS-3(マルチエフェクト・スイッチャー)
( 4 ) Free The Tone GB-1V Gigs Boson(オーバードライブ)
( 5 ) Xotic EP Booster(ブースター)
( 6 ) KORG Pitchblack(チューナー)
( 7 ) BOSS FS-7(フットスイッチ)
( 8 ) Vital Audio VA-08 Mk-II(パワーサプライ)

―今回使用した機材との出会いや選んだ理由、購入の経緯等あればお聞かせください。

太田エリカ様(以下、エリカ様):メインで使っているギターは太田家で名古屋の楽器店イベントに行った時にひと弾き惚れして購入しました。

―サウンド面での特徴や魅力、その機材への愛着の理由をお聞かせください。

エリカ様:音のレンジが広いことと、ピックアップが5点式になっていてハーフトーンがシングルになることで曲の中でもキャラクターを変えられるのが魅力です。
ハーフでクランチで鳴らすカッティングがすごく気持ちいいので特に好きです。

―独自の調整や改造をしている部分があれば教えてください。

エリカ様:アンプのLEDが赤!

―曲ごとでどのように使い分け・使用をしているか教えてください。

エリカ様:ハードなバッキングはリア、クランチのカッティングやアルペジオなどはハーフ、ソロはフロントなど曲の中でもキャラクターを変えられるこのギターの良いところをフル活用しています。

―音作りで気を使った点やサウンドメイキングのこだわりがあれば教えてください。

エリカ様:3ch仕様のアンプを使っているので基本はほぼアンプのみでシンプルに音作りしています。バンドに馴染ませつつもしっかり音が抜けるようにすることを特に意識してます。

Key.太田ひさおくん(佐々木久夫) 使用楽器・機材紹介

太田ひさおくんのキーボードはHammond SK PRO-73。2021年に発売されたモデルで、ハモンド伝統のオルガンサウンドは勿論、ライブステージで求められる様々なサウンドと機能性を兼ね備えたステージキーボードだ。

キーボードの上にはハーモニカHOHNER Pro Harpも用意されている。

―今回使用した機材との出会いや選んだ理由、購入の経緯等あればお聞かせください。

太田ひさおくん(以下、ひさおくん):太田家としてバンド活動が始まって、ロックキーボードといえばオルガン!!オルガンといえばハモンド!という事で、ハモンドから新製品が出た瞬間にレンタル試奏し、気に入ってゲットしました。あと、軽く持ち運びやすいのも決め手でした。

―サウンド面での特徴や魅力、その機材への愛着の理由をお聞かせください。

ひさおくん:まずオルガンの音が本物だけに太く厚く、ロックバンドの音圧に負けない音が出てくれます。またピアノもバンドに埋もれない音で弾き心地が良いです。

―独自の調整や改造をしている部分があれば教えてください。

ひさおくん:操作パネルの上にiPadを置けるようにしています。

―曲ごとでどのように使い分け・使用をしているか教えてください。

ひさおくん:オルガンセクションのドローバーとレスリースピーカースイッチを曲に合わせていじる事で、音が生き物のように動いてくれます。

―音作りで気を使った点やサウンドメイキングのこだわりがあれば教えてください。

ひさおくん:オルガンに少し歪みを足していてロックな気分になります!

Dr.太田たけちゃん(竹村忠臣) 使用楽器・機材紹介

「スネアはTAMAのブロンズのスネアを使いました(今は廃盤のモデル)。実は当事藍坊主というバンドをやっていたドラムの亀井君に貰ったスネアです(笑)。今は鴨宮のシャレードというライブハウスで店長しています。今度太田家でライブやりたいですね!スネアを貰ったのは20年ほど前の事だと思います。
スティールの無骨さとブラスの明るさ、二つの良いところが混ざった様なイメージのスネアです。爆音のバンドサウンドの中で埋もれる事は決して無く、かと言ってうるさくなりすぎない、タイトな音色を目指してややハイピッチ目にチューニングしています。
スナッピーは42本でボトム感も強めに表現しています。20年使用していますが、昨年メンテナンスに出して更にブライトなサウンドになり、お気に入りになりました」(太田たけちゃん)

撮影:菊島明梨
取材・文:上間江望

太田家

2023.6.26「Mashup LIVE -異彩- streaming by GALPO LIVE SHOW Vol.6」開催!

「Mashup LIVE -異彩- streaming by GALPO LIVE SHOW Vol.6」
2023年6月26日(月) 開場 18:15 / 開演 18:45

[会場] 青山RiZM
https://ruido.org/rizm/access.html

[出演] まだ見たことのないセカイ / 太田家 / 囁揺的音楽集団 AsMR / 月照ラス/Mellows
[チケット]
■会場 前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500
https://r.funity.jp/mashuplive_vol6

■配信
ニコニコチャンネル「GALPO LIVE SHOW」月額会員様向けに配信
↓ご入会はこちら!
https://ch.nicovideo.jp/galpoliveshow

太田家2ndフルアルバム「四季織々」

1.シュプレヒコールが眠らない(Peach株式会社 CMソング)
2.光れ(吉崎綾 コラボ楽曲)
3.キセキ(GReeeeN Cover)
4.赤赤(GEEKS エンドウ.楽曲提供)
5.HIGHER GROUND
6.イデア(藍坊主 藤森真一楽曲提供)
7.じゃぱにーず・いでぃおっと
8.Fanfare-Otaya-(レーベルテーマ曲)
9.哀秋に詠う
10.スノーグローブ
11.旅立ちの日に(学校卒業ソング Cover)
12.四季とカスミソウ(アニメ『トラとミケ』主題歌)
https://mashupgoods.com/items/6208c5e7e8592621d771bd02


Larrivee MONO Case
BlackSmoker_BM_MISA BS FUJI 聖飢魔II&DHC
Zemaitis Chay LOVEBITES digimart
DIXON Orange×ひなっちFOLDING CHAIR Fishman Loudbox Micro