Unlock the girls メンバー使用機材(2)

HALNA

HALNA(Bass&Chorus)

Fender 1979 Precision Bass

ベースのHALNAはフェンダープレシジョンベース1本のみでステージを通した。シリアルナンバーからすると1979年製の個体で、ボディ裏にウェザーチェックが多く見られる貫禄のある楽器だ。

足元のボードは ( 1 ) Providence Vitalizer BF Active Impedance Converter(バッファー)、 ( 2 ) ZOOM B3(マルチエフェクター)、 ( 3 ) DOD Death Metal Distortion(ディストーション)、 ( 4 ) BOSS BC-1X Bass Comp(コンプレッサー)、 ( 5 ) Free The Tone PA-10B Programmable Analog 10 band EQ(イコライザー)、 ( 6 ) Electro-Harmonix Hot Wax(オーバードライブ)、 ( 7 ) Providence Provolt9(パワーサプライ)、 ( 8 ) Sonic Research ST-200(チューナー)、 ( 9 ) Ernie Ball VP.JR Volume Pedal WAXX mod(ボリュームペダル)というラインナップ。

アンプはMesa Boogie Big Block 750(ヘッド)とMesa Boogie PH 1000 Power House Bass Cabinet(キャビネット)の組み合わせ。ヘッドの上にはダイレクトボックスとして使用されるSummit Audio TD-100 Tube Direct Instrument Pre-Ampもセットされている。 ピックは「黒」とプリントされたFernandes製のハードタイプ。

Yuumi

Yuumi(Drums&Chorus)

ドラムのYuumiが使用したドラムセットはPrincess Princessのドラマー、富田京子氏所有のもの。Pearl Drums ZENITHAL RESONATORのセットで、タムは12″、フロアタムは16″。スネアはPearl Custom Classicシリーズの14″。ヘッドはいずれもREMO製でスネアはCoated Ambassdor、タム類はEmperor Smooth White Coated、バスドラムはPowerstroke P2 Coatedが張られていた。 シンバル類はいずれもSABIAN製で、奏者位置の向かって左手側から順に、HHX Stage Hats 14″(ハイハット)、VAULT V-Crash 16″(クラッシュシンバル)、HHX Raw Bell Dry Ride 21″(ライドシンバル)、HHX Studio Crash 18″(クラッシュシンバル)、China 18″(チャイナシンバル)というセットアップ。 キックペダルはPearl Eliminator II。 スティックはPearl Classic Series Oak 110ACだ。


次ページ »
専属楽器テクニシャン望月氏にお話を伺いました!

岸谷香/Unlock the girls

2019年5月1日にアルバムリリース決定!! 5月17日より東名阪ツアー開催! 岸谷香New Album『Unlock the girls 2』の発売が2019年5月1日に決定!

phiten presents KAORI KISHITANI 2019 LIVE TOUR “52nd SHOUT! -Unlock the girls 2-“
5/17【名古屋】DIAMOND HALL、5/19【大阪】なんばHatch、5/22,23【東京】マイナビBLITZ赤坂
3月2日(土)10:00より一般発売開始!詳細は岸谷香オフィシャルサイトまで


naga guitars MONO Cases
Black Smoker Heritage DoraKitty
S7Gaoi AT Now For Ever Orange 穴見慎吾
つば九郎ウクレレ The Realist RV5PeA SGZ Laramidia
Orange Hinatch Sheelan Martin Style41 SGZ
G7th Capo DIXON
LUNASTONE MU-TRON Dean MYK