Unlock the girls メンバー使用機材(2)

HALNA

HALNA(Bass&Chorus)

Fender 1979 Precision Bass

ベースのHALNAはフェンダープレシジョンベース1本のみでステージを通した。シリアルナンバーからすると1979年製の個体で、ボディ裏にウェザーチェックが多く見られる貫禄のある楽器だ。

足元のボードは ( 1 ) Providence Vitalizer BF Active Impedance Converter(バッファー)、 ( 2 ) ZOOM B3(マルチエフェクター)、 ( 3 ) DOD Death Metal Distortion(ディストーション)、 ( 4 ) BOSS BC-1X Bass Comp(コンプレッサー)、 ( 5 ) Free The Tone PA-10B Programmable Analog 10 band EQ(イコライザー)、 ( 6 ) Electro-Harmonix Hot Wax(オーバードライブ)、 ( 7 ) Providence Provolt9(パワーサプライ)、 ( 8 ) Sonic Research ST-200(チューナー)、 ( 9 ) Ernie Ball VP.JR Volume Pedal WAXX mod(ボリュームペダル)というラインナップ。

アンプはMesa Boogie Big Block 750(ヘッド)とMesa Boogie PH 1000 Power House Bass Cabinet(キャビネット)の組み合わせ。ヘッドの上にはダイレクトボックスとして使用されるSummit Audio TD-100 Tube Direct Instrument Pre-Ampもセットされている。 ピックは「黒」とプリントされたFernandes製のハードタイプ。

Yuumi

Yuumi(Drums&Chorus)

ドラムのYuumiが使用したドラムセットはPrincess Princessのドラマー、富田京子氏所有のもの。Pearl Drums ZENITHAL RESONATORのセットで、タムは12″、フロアタムは16″。スネアはPearl Custom Classicシリーズの14″。ヘッドはいずれもREMO製でスネアはCoated Ambassdor、タム類はEmperor Smooth White Coated、バスドラムはPowerstroke P2 Coatedが張られていた。 シンバル類はいずれもSABIAN製で、奏者位置の向かって左手側から順に、HHX Stage Hats 14″(ハイハット)、VAULT V-Crash 16″(クラッシュシンバル)、HHX Raw Bell Dry Ride 21″(ライドシンバル)、HHX Studio Crash 18″(クラッシュシンバル)、China 18″(チャイナシンバル)というセットアップ。 キックペダルはPearl Eliminator II。 スティックはPearl Classic Series Oak 110ACだ。


次ページ »
専属楽器テクニシャン望月氏にお話を伺いました!

岸谷香/Unlock the girls

2019年5月1日にアルバムリリース決定!! 5月17日より東名阪ツアー開催! 岸谷香New Album『Unlock the girls 2』の発売が2019年5月1日に決定!

phiten presents KAORI KISHITANI 2019 LIVE TOUR “52nd SHOUT! -Unlock the girls 2-“
5/17【名古屋】DIAMOND HALL、5/19【大阪】なんばHatch、5/22,23【東京】マイナビBLITZ赤坂
3月2日(土)10:00より一般発売開始!詳細は岸谷香オフィシャルサイトまで


Creek MONO Cases
Heritage Dean Icon Orange Artist Combo
Kamaka Orpheus Valley Guitars Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty