ベース

Warwick Streamer Stage1 5st JAZZMAN(シースルー・ブラック)

YUKKEのメインベースはWarwickのStreamer Stage1 5st JAZZMAN。シングルコイルPUとハムバッキングPUが搭載されたレイアウトが印象的な5弦ベースだ。「このベースはハムバッキングならではのファットな音がしますね。どっしりした音で、ダウン・チューニングのDとかAの曲は、このベースの音がサウンドのボトムを支えてくれています。あとは、Warwickの特徴としては、ベースは帯域ごとにバラツキがあるベースが結構あるんですよ。高いベースでも結構ある。Warwickは、それは全くないんです。それに、Warwickのベースは単音で聴くと、ちょっと変わった音をしているんですよね。“この音で大丈夫かな?”みたいな音だし、低音が歪んでブリブリいっている。でも、混ざるとちょうど良くなるんです。それが個性といえますね」(ミヤ)

Warwick Streamer Stage1 5st

JJ(シングルコイルPU×2)仕様のWarwick Streamer Stage1。「このベースはWarwickらしいといえばWarwickらしい音がしますね。Warwickはバンドに混ざったときにすごく座りがいい音というイメージがあるけど、このシリーズはちょっとキャラが強いんですよ。アタックが“ガシッ!”と出てくる。Warwickの中では2番目に高いシリーズで、そっちのほうがうちのバンドには合っているんですよね。JAZZMANと同じようにフィンガーレストが付けてある以外は、ノーマルのまま使っていると思います」(ミヤ)

Warwick Streamer Stage1 5st JAZZMAN(ブラック)

JAZZMANのサブ・ベース。「これは、実は俺のベースです(笑)。俺が買って、家で使っていたのをレコーディングで使ったら良かったので、ライブのときはYUKKEに貸しています。YUKKEはシングルコイルとハムバッカーを曲によって使い分けていて、すごくヘヴィな曲はハムバッカー。ミドル・テンポとか、ちょっと速いくらいの曲はシングルコイル。シングルコイルのWarwickは昔YUKKEがSugiのベースを使っていた曲が、そのままWarwickに変わった感じです」(ミヤ)

Warwick Streamer Stage1 5st

JJタイプのサブ・ベース。Warwick Streamer Stage1はスルーネック構造やアッシュ(バック)とフレイム・メイプル(トップ)を組み合わせたラミネート・ボディー、オヴァンコール・ネック、ウェンジ指板、アクティブPU/サーキット搭載といったスペックが特徴となる。スケールは34インチで、コントロールはボリューム、PUバランサー、ベース、トレブル。上質かつ汎用性の高いトーンや優れたプレイ・アビリティー、コンパクトなボディーが創出している快適な弾き心地などを誇る高品位なモデルだ。

Fender Jazzbass 5st

フェンダーの伝統と5弦ベースならではの重低音を併せ持ったモデルとして高い人気を得ているFender Jazzbass 5st。5弦ということに加えて、3バンドEQ仕様のアクティブ・サーキットを搭載していることも注目といえる。「これはワーウィックよりも、もうちょっとオーソドックスなサウンドを出したい曲で使っています。ミドル・テンポの曲とか、8ビートの曲とかですね。このベースは2005年くらいに導入して、今はすごくいい鳴りをしています。元々は友達から借りたベースをずっと使っていて、借りパクしそうになったのを買ったんです(笑)。俺が昔一緒にバンドをやっていたベースのヤツが東京に出てきて買って、そいつから借りていたのをずっと使っていたんです。2010年頃にそいつが茨城に帰ると言いだしたので、そのタイミングで買いました」(ミヤ)

Aria SWB-03SHX AVC アップライト・ベース

「このベースもだいぶ年季が入ってきましたね。アップライトもいろいろあるけど、これはすごく安定しているし、頑丈だし、音もいい。PUはネック・エンドの裏に付いていて、さらにスラップ音を拾うためにブリッジのところにピエゾPUを後づけしています。だから、このベースを鳴らすときは2回線使うんですよ。他のベースのときと同じようにワイヤレスを通る音と、それとは別にもう1個トランスミッターを付けるんです。スラップ音はアンプを通らずに、直接ラインでPAにいっている。そうしないと、アップライトは表現できないんですよね。アップライトは『ファズ』とか『メディアの銃声』『1979』といったジャジーな曲とかで使っていて、結構登場回数が多いですね。YUKKEの特徴のひとつになっていると思います」(ミヤ)

アンプ&エフェクターから紐解くベースのサウンドシステム

MUCC

New Single 『GONER/WORLD』2021.11.5 Release!!

初回限定盤(CD+DVD) MSHN-116-117 ¥2,420(tax in)
通常盤(CD only) MSHN-118 ¥1,485(tax in)

<収録曲>
01 GONER
02 WORLD
03 XYZ.
04 XYZ. -Original Karaoke-
05 WORLD -Original Karaoke-
06 GONER -Original Karaoke-

MUCC TOUR 202X 惡-The brightness WORLD is GONER

3人体制での始動ツアー。11月4日を皮切りに10公演開催!
2021年11月4日(木)東京 USEN STUDIO COAST OPEN 17:00/START 18:00 *
2021年11月15日(月)なんば Hatch OPEN 17:00/START 18:00 *
2021年11月16日(火)なんば Hatch OPEN 17:00/START 18:00
2021年11月22日(月)仙台 GIGS OPEN 16:30/START 17:30 *
2021年11月23日(火/祝)仙台 GIGS OPEN 16:30/START 17:30
2021年11月26日(金)金沢 EIGHT HALL OPEN 16:30/START 17:30 *
2021年11月27日(土)金沢 EIGHT HALL OPEN 16:30/START 17:30
2021年11月30日(火)名古屋ダイアモンドホール OPEN 17:00/START 18:00 *
2021年12月1日(水)名古屋ダイアモンドホール OPEN 17:00/START 18:00
2021年12月3日(金)東京 USEN STUDIO COAST OPEN 16:30/START 17:30

*朱ゥノ吐VIP会員限定公演

LIVE ALBUM 「Best live CDs from TOUR 惡-The brightness world」2021.12.24 Release

SATOちラストツアーのベストテイクを集めたライヴアルバム
【朱ゥノ吐VIP会員限定受注生産盤】MSHN-119-121 CD3枚組 ¥7,150(tax in)※送料別
【初回限定盤】MSHN-122-124 CD3枚組 ¥5,500(tax in)
【通常盤】MSHN-125-126 CD2枚組 ¥3,850(tax in)

VIDEO「MUCC ライヴ クロニクル4 ~20TH ANNIVERSARY~」2021.12.24 Release

結成20周年公演をまとめた映像作品
【朱ゥノ吐VIP会員限定受注生産盤】MSHN-127-132 Blu-ray 6枚組 ¥19,690(tax in)※送料別
【通常盤(Blu-ray)】MSHN-133-135 Blu-ray 3枚組 ¥9,600(tax in)
【通常盤(DVD)】MSHN-136-140 DVD 5枚組 ¥9,600(tax in)

VIDEO「Crossroad of the brightness world」2022.2.2 Release

SATOちラストツアー 茨城ファイナル公演を収録した映像作品
【朱ゥノ吐VIP会員限定受注生産盤】MSHN-141-142 Blu-ray 2枚組 ¥9,900(tax in)※送料別
【初回限定盤(Blu-ray)】MSHN-143-144 Blu-ray 2枚組 ¥8,800(tax in)
【初回限定盤(DVD)】MSHN-145-148 DVD 4枚組 ¥8,800(tax in)
【通常盤(Blu-ray)】MSHN-149 Blu-ray ¥6,600(tax in)
【通常盤(DVD)】MSHN-150-151 DVD 2枚組 ¥6,600(tax in)


Creek MONO Cases
Heritage 春畑道哉 Dean Icon
新山詩織 Orange Artist Combo Orpheus Valley Guitars
Kamaka TUBE Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty