バンドメンバー使用機材

2018年8月15日にMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて行われたNAOTOのワンマンライブ “NAOTO LIVE 2018 “SUMMER” FULL BLOOM” 。ここではバンドメンバー 松本圭司(Keyboard)、山田章典(Bass)、伊藤ハルトシ(Guitar,Cello)、伊吹文裕(Drums)の当日の使用楽器・機材をご覧頂こう。

松本圭司(Keyboards)

バンドマスター、キーボードを担当した松本の機材はメインのピアノ用キーボードにNord Piano 3、その上部に重ねてあるシンセ用のKORG M3-XP 61の2台が中心。 足元には鍵盤に向かって右側からBOSS EV-30、Nord Triple Pedal、YAMAHA FC-7の3台のペダルが並ぶ。 鍵盤に向かった際の後方にはVOXのキーボードアンプVX50-KBが2台設置され、モニター用に使用されていた。

伊吹文裕(Drums)

ドラムス伊吹が使用したのはピンクシャンパンスパークルが華やかなPearl Classic Mapleのセット。 スネアはYAMAHA Steve Jordanモデル。また、フロアタムの後方には1度のライブで複数のスネアを使い分けることも多い伊吹らしくもう1台のスネアPearl Custom Classic Legendもスタンバイしている。 シンバル類は左手側からZildjian K.Constantinople 14”のハイハットに、Pearl WILD900 China Splash 10”、SABIAN AAX X-Plosion Crash 18”、右手側にSABIAN HH Medium Ride 20″、そしてMEINL Byzance Traditional Crash 16”というラインナップ。 スティックはVIC FIRTHの55Aを使用。

山田章典(Bass)

ベースの山田のFenderジャズベースはその塗装の剥がれ具合からも貫禄を感じられるが、シリアルナンバーによると1964年製のヴィンテージだ。

アンプはEDENで、Terra Nova TN-501をメインにRoad Runner WT-600もセットされていた。キャビネットはHartke 410XL。 DIにはMillennia Twin Direct TD-1を使用。

Fender Jazz Bass 1964

足元のエフェクトボードは、 [ 1 ] Musicom Lab EFX MKIII+ Audio Controller(プログラマブル・スイッチャー)を中心に、 [ 2 ] Digitech DIGIVERB(リバーブ)、  [ 3 ] MXR Carbon Copy Analog Delay(ディレイ)、 [ 4 ] tc electronic Polytune(チューナー)、 [ 5 ] MXR Bass D.I.+(DI/プリアンプ)、 [ 6 ] EBS Multi Comp(コンプレッサー)、 [ 7 ] BOSS GEB-7(グラフィックイコライザー)、 [ 8 ] Free The Tone PT-3D(パワーサプライ)というラインナップ。

伊藤ハルトシ(Guitar/Cello)

ギターにチェロにと八面六臂の活躍を見せた伊藤。ブースをぐるりと取り囲む楽器群は圧巻だ。エレキギターはストラトタイプを中心に7弦のSchecterも。チェロもSchertler BASiKピックアップを取り付けた生のチェロの他、NS Designの6弦エレクトリック・チェロがステージ上にセッティングされていた。

t.m.p t.m.p tuned Cello

NS design CR6 cello

足元のエフェクターは向かって左側から ( 1 ) T-Rex Soulmate(マルチエフェクター)、 ( 2 ) SOUND SPRITE ZOOM MS-50G Mod(マルチストンプペダル)、 ( 3 ) Mooer Free Step(ワウ/ボリュームペダル)、 ( 4 ) ORIGIN EFFECTS Cali76-CD(コンプレッサー)、 ( 5 ) BUDDA BUD WAH(ワウペダル)、 ( 6 ) Suhr Eclipse(オーバードライブ)、 ( 7 ) kgrharmony Adroit(ディストーション)、 ( 8 ) Crews Maniac Sound DMA-3.2(フットミキサー)、 ( 9 ) keeley Caverns Delay Reverb(ディレイ/リバーブ)、 ( 10 ) VOCU Power Plant(パワーサプライ)。 ( 11 ) はチェロ用のRadial PZ-Pre(DI/プリアンプ)。アンプはKoch Twintone。 モニター用にTC Helicon Voice Solo FX150をセット。

ライブ撮影: 東島あい

機材撮影: 小野寺将也

NAOTO

2022.12.29(木) ワコーレ和田興産プレゼンツ NAOTO×鳥山雄司 live authentic vol.1 開催決定!

【公演名】ワコーレ和田興産プレゼンツ NAOTO×鳥山雄司 live authentic vol.1
【日程】2022年12月29日(木)
[1st] OPEN 13:45 / START 14:30
[2nd] OPEN 17:45 / START 18:30
【会場】兵庫:クラブ月世界
【出演】NAOTO(Vn) 鳥山雄司(Guitar) 松本圭司(Keyboard)川崎哲平(Bass) 川口千里(Drums)
【料金】全席自由(整理番号付) 8,800円(税込) ※未就学児入場不可
【一般発売】2022年11月19日(土) 10:00〜
イープラス:
https://eplus.jp/nt-la/
ローソンチケット:コード 51738
https://l-tike.com/naoto/
CNプレイガイド:
https://www.cnplayguide.com/liveauthentic/
チケットぴあ:コード 229-020
https://w.pia.jp/t/naoto-toriyamayuji/
【問合】キョードーインフォメーション 0570-200-888 (平日・土曜 11:00~18:00)

最新アルバム『Get over it』Now On Sale!!

Artist:NAOTO
Title:Get over it
型番:SURE-1001
発売日:2022年4月6日(水)
価格:¥5,000(税込)

01 SHARE! KFB福島放送「シェア!」テーマ曲
02 Nice Try!!!
03 NATURE SOUR FM栃木 RADIO BERRY開局25周年記念「レディオベリーウエザー(お天気のお知らせ)」テーマ曲
04 Get over it
05 Like a gigue
06 Stay With Me
07 幸せな食卓 La La TV「眼福食堂」テーマ曲
08 Explorer 改 〜Band ver〜 アバルト「The SCORPION SPIRIT―挑戦―」オリジナルアレンジ曲
09 Shining FM岡山「牛嶋俊博ドリームファクトリー」テーマ曲
10 Conflict of mind
Bonus Track 心のふるさと〜Inst Ver〜 北清水小学校創立50周年記念歌


Creek MONO Cases
Heritage Dean Icon Orange Artist Combo
Kamaka Orpheus Valley Guitars Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty