山本彩 機材紹介(1)

Sayaka Yamamoto with Martin D-28

Martin D-28

山本が「雪恋」や「喝采」などで使用したアコースティックギターはMartin D-28。アコースティックギターの永遠のスタンダードとも言われ、時代に合わせて仕様を変化させながら80年以上も世界中で愛され続けるアコースティックギターの大定番モデルだ。 今回使用されたギターは、FISHMAN製のピックアップを搭載し、エレクトリックとして出力できるように手が加えられている。 そんなギターのサウンドを支えるプリアンプ/ダイレクトボックスとして用意されていたのは、こちらも定番モデルのひとつ、L.R.Baggs Para Acoustic D.I.(写真は前ページ参照)。ナチュラルかつ立体的な高音質で人気のモデルだ。 なお、ギターのストラップにはギター本体と同じMartinのスエードレザー製ストラップが使用されていたが、エレキギターでもそれぞれ本体と同メーカーのストラップを使用しており、これも彼女の拘りのひとつなのだろう。 アコースティックで使用するピックはおにぎり型だ。

L.R.Baggs Para Acoustic D.I.

ギタースタンドには4本のギターがスタンバイされていた。 一番奥は1曲目から登場した今回のメインギター Gretsch G7594-FSR White Falcon II、そしてGibson USA Les Paul Traditional 2015 Japan Limited、その手前にはサブとしてGibson USA Les Paul ’50s Tribute 2016 Tがスタンバイされていた。 一番手前がアコースティックギターのMartin D-28だ。

今回のツアーでは各会場ごとに違うカラーのピックを準備したそうだ。最終日となったこの日のカラーはアイボリー。素材はセルロースで厚さは1.0mm。

山本彩使用機材(2)エレキギター

山本彩

山本彩 3rdシングル2019.11.20Release!さらに12月にアルバムのリリースも決定! 2019年11月20日(水)にユニバーサルミュージック移籍第三弾シングルのリリースが決定!小林武史プロデュースの楽曲は山本彩が作詞、作曲を手掛け、 “当たり前の日常が無くなる、そしてそれが幸せだったと気付く瞬間を切りとった冬バラード”。
そして、全形態に収録されるカップリング曲にはSIRUPのサウンドプロデュースを手掛けるMori Zentaroを招いたミディアムビートな楽曲を収録。
通常盤のみ収録される楽曲は、カップリング曲お馴染みチームSYでレコーディングを行いヘビーサウンドな仕上がりになっています。
さらに12月にはグループ卒業後初のフルアルバムのリリースすることも発表されました!こちらの詳細は後日発表となります!

山本彩 LIVE TOUR 2019 ~I’m ready~ DVD/Blu-ray 10月16日(水)リリース! NMB48卒業後初のソロツアー「I’m ready」、2月から6月にかけて自身最多となる全国24都市27公演を完走!今作の舞台となる5月14日 Zepp Tokyo公演では新曲「イチリンソウ」を含む全18曲を披露。その全てが収録されています!

山本彩 2ndシングル「棘」好評発売中!! 2nd Single「棘」は、1st Single「イチリンソウ」に続き、山本彩が作詞・作曲を手掛け、アレンジと・プロデュースを根岸孝旨が担当。 山本彩自身がAcoustic Guitar,Vocal & Chorusを担当し、その他、Drums:Tatsuya (Crossfaith)、Bass:根岸孝旨、Electric Guitar:真壁陽平、Keyboards:本間昭光、Programming:飯田高広という豪華ミュージシャンが参加。
「棘」は、「普通じゃない?いや、普通ってなんだ」「性別・年齢そんなものはオプションにすぎない」等の歌詞が印象的な、「偽らず自分らしく生きて死んでいきたい」という山本彩の強いメッセージが込められている、この夏のフェスシーンで盛り上がる事必須のアッパーロックソング!


Martin Style41 SGZ The Realist RV5PeA SGZ Black Smoker
MONO Cases Techra Drum Sticks
Orange Crush Acoustic 30 Orange Crush Bass25B Hinatch Orange Pedal Baby 100 Dean Kerry King On Stage Stands S7G Cobra JS7