メーカーブースレポート

G’Seven Guitars

こちらのギターはg’7 Special g7-ST/R Perfect Aged(1960 3TS)。

「スラブローズ期の伝統的な魅力を最大限感じて頂きながら、現代の音楽シーン、その最前線で即活躍出来る高いプレイアビリティーをも内包しました。 抜群のヴィンテージフィールを五感全てで体感頂ける逸品でありつつ、リイシューに留まらないg7ならではの仕上がりを是非お確かめ下さい」

《Spec》
Body : Alder 2P
Neck : Hardrock Maple 1P
Grip : Custom Smooth C
Fingerboard : Indian Rosewood / 300R / Dot
Fret : Jescar #55090NS / 21f
Nut : Bone
Machine Head : Gotoh SD91-05M
Pickups : Vintage Maniacs Slab61
Control : g7-ST Circuit(R.Tone)
Brides : g7 Custom Synchronized Tremolo
Pickguards : SPL.MG
Color : 1960 3TS / Lacquer
Finish : Perfect Aged

OOPEGG

2019年5月にブランド設立後、「ネオビザール・ギター」と謳い、唯一無二のオリジナルデザインギターを少数精鋭のビルダーで作り上げる新参の国産ハイエンドブランドOOPEGG(オーペッグ)。

写真のギターはOOPEGGのフラグシップ・モデルである「Trailbreaker Mark-Ⅰ」。2020年のNAMMショーに出展後、ユニークなデザインが高く評価され、同年4月にアメリカのエレキギター雑誌「Premier Guitar Magazine」の表紙を飾り、更にBruno Mars、The 1975、My Chemical Romance、Isaiah Sharkeyなどの著名ミュージシャンに愛用されている。現在は海外市場を中心に人気沸騰中のギターブランドである。

「Trailbreaker Mark-Ⅰ」は国内外の厳選されたハイエンドのカスタムパーツを搭載しており、オフセットギターやビザールギターにありがちなチューニングの不安定さやブリッジの弦落ちによるストレス、ピックアップのコシのないアウトプットやノイズなどを解消し、更に20種類以上のサウンドバリエーションが可能となるミニスイッチやフェイズスイッチ、パッシブ・キャパシタ―・フィルターにより、現代の多様な音楽ジャンルやレコーディング、ジャムセッションなどに適した仕様となっている。また小振りなボディーサイズでミディアムスケールを採用しており、身体の小さい方や腕の短い方でも安心して演奏できるデザインとなっている。ネックはやや太めのモダンDシェイプを採用し、オリジナルのネックジョイント方式によりネックからの弦振動をボディーに最大限伝達させるとともにハイポジションでもストレスなく弾ける設計となっている。

「多様なコントロール操作やオリジナルのルックスにより、初めは違和感を覚える方も多いとは思いますが、店頭でぜひ一度手に取って弾いて頂き、OOPEGGギターの魅力とビザールギターを演奏することの面白さや利便性などを体感していただきたいです」

Red House Guitars

こちらはレッドハウスにてカスタムオーダーされたユーザーのギター。

「当日調整でお持ちいただきました。5Aキルテッドメイプルトップにローズテッドメイプルネックとこだわりの仕様となっております」

Red House Guitars MUG SS Tiffany Blue Tremolo

「Red Houseラインナップの中ではお求め易いMUGはMGをリシェイプしたような独自のボディシェイプを持つ軽量かつ取り回しの良いモデルとなっております。今回新色のTiffany Blueを採用したことにより可愛らしい見た目に仕上がりましたが、そのサウンドはTLでもSTでも無い独自の本格的なサウンドとなっております。Red Houseオリジナルスケールの25.25の採用により、弾きやすいだけではなく、その弦長が作り出す独特の倍音成分を含んだ魅了的なサウンドを提供いたします」

販売価格¥271,700(税込)
ボディ:アルダー
ネック:メイプル・ローズ指板
スケール:25.25インチ
コントロール:1V 1T
ピックアップ:Red House T フロント&リア
スイッチ:3 wayトグル
ブリッジ:Red House 10.8mmピッチ・シンクロナイズドトレモロ

キクタニミュージック

今回キクタニミュージックのブースではMD-MM Produceの特別モデルが展示されていた。本イベントで初披露の限定カラー、そしてGOTOH社が発表した新ブリッジをどこよりも先に搭載したモデル等、全て1本限りのスペシャルなモデルだ。

(上記写真左から)

・MD-Premier G1/Reborn (Seagull White)
今回のYMSの為に製作された1本のみの限定カラー。G1では珍しい塗りつぶしの白にヘッドは黒という組み合わせ。Seagull WhiteのSeagull(カモメ)は神奈川県の県鳥の為、このカラーネームが採用された。

・MD-Premier G1/Reborn LS (Marine Blue Burst)
GOTOH社が2023NAMMで発表した新ブリッジ「EV510T-FE/LS GOLD」を搭載した1本。まだ単品販売もされていないブリッジの為、日本市場では初公開(イベント実施時)となった。糸巻も通常のG1/Rから変更しており「GOTOH SGL210Z-S5 MG-T」を採用、ギア比21:1の精度の高いパーツだ。

・MD-Premier G1/Reborn (Ginkgo Natural)
今回のYMSの為に2本のみ製作されたナチュラルの限定カラー(ツマミがそれぞれ異なる)。Ginkgo NaturalのGinkgo(イチョウ)は神奈川県の県木の為、このカラーネームが採用された。

・MD-MM Produceについて詳しくはこちら
https://www.kikutani.co.jp/itemlist/itemcategory/cat_guitar/cat_mdmmpro/

・今回の出典モデルについて詳しくはこちら
https://kikutani-music.hateblo.jp/entry/2023/07/03/105149

キクタニミュージック Twitter
https://twitter.com/kikutani_music

TAURUS CORPORATION

Kingsnake Soulville(ソウルヴィル)Vintage White

“Soulville”という名に相応しい古めかしくもアコースティカルなソリッドサウンド。
ヴィンテージビザールな見た目ながらも独自なサウンドとしてソリッドボディながらもホローボディギターに近いサウンドを求め開発。ボディ材にスプルース系であるヘムロック材を使用する事で基本となるサウンドはアコースティカルであり、ヴィンテージのショートスケールかつ極太ネックではなくLPスケール、他モデルと同様のKING SNAKEネックシェイプ、ウッドサドル&テイルピースでありプレイアビリティにおいて緩めのテンション感であり弾きやすく、ソリッドらしからぬサウンドの緩さを持つ。その生音を独自開発のピックアップによりクリーン時では小ぶりなアーチトップ系なサウンド、ドライブ時はイナたいブルースサウンドとなっている。
そして重量も2kg台と言う軽量さ。Soulville名は歪んだ時のサウンドイメージであるテナーサックスの巨匠ベンウェブスターの名盤から。

BODY Hemlock
NECK Mahogany
FINGERBOARD Rosewood
NECK SHAPE  U Shape
RADIUS  240R
SCALE 625mm
NUT Bone
NUT WIDTH 42.5mm
FRETS 20F Medium
BRIDGE Rosewood
TUNER Gotoh
PICKUPS KING SNAKE “Gold-Foil”
CONTROL 1 Vol. & 1 Tone
STRINGS D’Addario EXL110 (.010-.046)
FINISH All Lacquer
COLOR Vintage Sunburst / Vintage White
CASE Gig Bag

https://www.taurus-corpo.com/soulville


Larrivee MONO Case
BlackSmoker_BM_MISA BS FUJI 聖飢魔II&DHC
LOVEBITES digimart DIXON