村松拓(Vocal/Guitar)使用楽器・機材紹介

村松が手にしているのはミッドブースターの搭載等多数の改造が施された、ファンにはお馴染みのテレキャスター。 Photo by RYOTARO KAWASHIMA

こちらが村松のギタースタンド。手前から、Gibson Custom Shop Historic Collection‘58 Les Paul Reissue、日向のベース(Lakland SL44-64/R PJ Hinatch)を挟んで、Fender Japan Telecaster(modified)Gibson ‘56 Les Paul Gold Top Reissue

アンプはヘッドがMarshall JCM 25/50 MODEL 2555X Silver Jubilee Reissueで、キャビネットも同じくMarshall製の412Aキャビネットが使用されていた。

村松のペダルボード。撮影時にはカバーが掛けられていた。ラインナップは前回取材時(「Live on November 15th 2022」)と比べて変更は無いようだ。

( 1 ) Ex-Pro TBX-1 Junction Box(ジャンクションボックス)
( 2 ) One Control Crocodile Tail Loop(ループ・スイッチャー)
( 3 ) Fulltone OCD(オーバードライブ)
( 4 ) Vahlbruch Chorus(コーラス)
( 5 ) Vahlbruch Twin-Tremolo(トレモロ)
( 6 ) MXR CSP101SL Script Phase 90 LED(フェイザー)
( 7 ) Ceriatone Centura(オーバードライブ)
( 8 ) Meris Polymoon(ディレイ)
( 9 ) tc electronic Alter Ego X4(ヴィンテージエコー)
( 10 ) Electro-Harmonix POG2(ポリフォニック・オクターブ・ジェネレーター)
( 11 ) Eventide H9 Max Gold(マルチエフェクター)
( 12 ) Wren and Cuff Gold Comp(コンプレッサー/プリアンプ)
( 13 ) Vemuram Jan Ray(オーバードライブ)
( 14 ) Z.Vex Fuzz Factory(ファズ)
( 15 ) KORG Pitchblack mini(チューナー)
( 16 ) One Control Distro(パワーサプライ)
( 17 ) Free The Tone PT-5D(パワーサプライ)
( 18 ) Boss Dr.Beat DB-30(メトロノーム)

生形真一(Guitar)使用楽器・機材紹介

Epiphoneブースレポートでも詳報したEpiphone製シグネチャーモデル、Epiphone Shinichi Ubukata ES-355 ver.02 (Olive Drab)をプレイする生形。 Photo by RYOTARO KAWASHIMA

生形のギターが並ぶラック。お馴染みのGibson製シグネチャーモデルの他に、Epiphoneブースにも展示されていたEpiphone製新モデルのOlive Drabカラーも1本用意されていた。手前から順に、Gibson Shinichi Ubukata ES-355 #001Gibson Custom Shop ES-355 w/Bigsby PizeoEpiphone Shinichi Ubukata ES-355 ver.02 (Olive Drab)Gibson Shinichi Ubukata Firebird III Prototype #1、後ろのラックに移り、Gibson Custom ’62 SG Standard ReissueGibson Custom Shop ’68 Les Paul Custom ReissueGibson Custom Les Paul Juniorといったギターが並ぶ。

この日使用されたアンプは、Roccaforte Custom 80VOX AC30 6TBX。Roccaforteヘッドを鳴らすキャビネットにはMarshall製の412Aキャビネットが使用されていた。

生形の足元のペダルボードは2つに分かれており、左側のこの小さなボードがピエゾに関するペダルと入出力の切り替えを担っている。

( 1 ) Free The Tone アウトプットセレクター
( 2 ) インプットセレクター
( 3 ) Mad Professor Deep Blue Delay(ディレイ)
( 4 ) Radial Stage Bug SB-4 PIEAZO(ダイレクトボックス)

右側の大きなボードには所謂通常のエレキギター(マグネティックピックアップ)用のペダルたちが並ぶ。今回、( 13 ) の箇所が、長年使用していたHuman Gear Animato ForteからZ.Vex Fuzz Factory 7へと変更されていたのは注目ポイントだ。

( 5 ) Free The Tone ARC-3(プログラマブル・スイッチャー)
( 6 ) Free The Tone DVL-1 SERIES / DIRECT VOLUME(ボリュームペダル)
( 7 ) Jim Dunlop SU95 Shinichi Ubukata Crybaby Wah(ワウペダル)
( 8 ) Digitech Whammy WH-5(ワーミーペダル)
( 9 ) BOSS DM-2W(ディレイ)
( 10 ) Subdecay Quasar Quantum(フェイザー)
( 11 ) Diaz Pedals Texas Tremodillo(トレモロ)
( 12 ) KLON KTR(オーバードライブ)
( 13 ) Z.Vex Fuzz Factory 7(ファズ)
( 14 ) meris Mercury7(リバーブ)
( 15 ) BOSS DD-500(ディレイ)
( 16 ) Mad Professor Dual Blue Delay(ディレイ)
( 17 ) Free The Tone RJ-2V(オーバードライブ)
( 18 ) Bogner harlow(コンプレッサー)
( 19 ) Wren and Cuff Your Face 60’s Hot Germanium Fuzz(ファズ)
( 20 ) Z.Vex Fuzz Factory(ファズ)
( 21 ) Free The Tone JB-41S(ジャンクションボックス)
( 22 ) KORG DT-10(チューナー)
( 24 ) Free The Tone PT-1D(パワーサプライ)
( 24 ) Boss Dr.Beat DB-12(メトロノーム)

ライブ撮影:RYOTARO KAWASHIMA
機材撮影:三木一夫

日向秀和、大喜多崇規 使用楽器・機材紹介

Nothing’s Carved In Stone

Nothing’s Carved In Stone 15th Anniversary Live at BUDOKAN

Nothing’s Carved In Stone 15th Anniversary Live at BUDOKAN
会場:日本武道館
日時:2024年2月24日(土)  OPEN 16:30 / START 17:30
・指定席 8,200円(税込)
・学割指定席 6,200円(税込)

チケット一般発売中
・e+
https://eplus.jp/ncis/
・チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/ncis/
・ローソンチケット
https://l-tike.com/ncis/
・楽天チケット
https://r-t.jp/ncis
・CNプレイガイド
https://www.cnplayguide.com/ncis/
(CN電話受付:0570-08-9999)

【お問い合わせ】
DISK GARAGE
https://info.diskgarage.com/

Digital Single『Dear Future』Now On Sale!!

Digital Single『Dear Future』
2024.02.02 Release

結成15 周年を迎えたNothingʼs Carved In Stone が新たにワーナーミュージックとタッグを組んでDigital Single をリリース!
来たる武道館公演へ向けてライブアンセムが完成!

▼DL&Streaming
https://ncis.lnk.to/DFT


Larrivee MONO Case
BlackSmoker_BM_MISA BS FUJI 聖飢魔II&DHC
Zemaitis Chay LOVEBITES digimart
DIXON Orange×ひなっちFOLDING CHAIR Fishman Loudbox Micro