Martinブース

Martin Guitarsのブースには村松拓が愛用するMartinアコースティックギターの本人使用実機が3本展示されていた。

村松が実際にこれらのギターをプレイしているシーンの写真パネルも展示されていた。

本人使用実機展示

Martin D-18 Authentic 1939 Aged

1939年製のD-18を基に現代に完全再現をしたモデル。シトカスプルーストップとマホガニーサイドバックの軽快でいて繊細な響きからラウドで荒っぽい響きまで兼ね備えており、村松の幅広い声質に追従出来る大きな魅力を持った一本。木組みの全ての接着を自然由来のニカワで接着し、ネックシェイプも当時の現物から起こしたネックシェイプを再現。ナット幅は狭くハイポジションになるにつれ肉厚な太めのシェイプになっている。細部に渡り1939年当時の製法を極限まで再現し、見た目やサウンドの経年変化までも再現。さらに特殊技術で木材を加工することで通常のD-18のサウンドキャラクターに加えて80年の時を経て使い込まれたことで枯れたような味のあるサウンドを感じることが出来る。 サウンドホールにはFishman Rare Earth Blendピックアップが取り付けられている。

Martin 00-16 DMB

モデル名の後に続くテーマとして”Women & Music Model”と銘打たれた演奏性の高さと抱えやすさ、そして響きの良さを兼ね備えた優れたモデル。通常の00(ダブルオー)サイズよりも厚みのあるボディ厚とボディサイド・バックのみならずトップ板もマホガニー単板のオールマホガニーボディ。00サイズながらスケールは少々長めの25.4″(約645.2mm)。さらにクラシックギターのようなスロッテッド構造のヘッドにより弦の張りが保たれることで、音の立ち上がりの良さ、キレの良さに加えて、音量のピークを迎えると少々荒っぽく割れたような響きになりるのが特徴。煌びやかなMartinサウンドの中にあって実に気持ちよく響いてくれる希少なモデル。

Martin GP-18E

くびれの強いボディ形状により低音の響きがよりクリアに。ボディ厚はドレッドノートサイズに近い為、安定感がありながらも中高音域がしっかり抜けてくれるサウンド。D-18 Authentic 1939 Agedのように唸るような低音は無いが、バランスよく軽快に鳴ってくれる優れたモデル。適度に抱えやすく体に馴染むボディから生まれる立ち上がりの良いサウンドは気軽につま弾くのにも向いている。

撮影:小野寺将也

Orange Ampsブース

Nothing’s Carved In Stone

Nothing’s Carved In Stone 15th Anniversary Live at BUDOKAN

Nothing’s Carved In Stone 15th Anniversary Live at BUDOKAN
会場:日本武道館
日時:2024年2月24日(土)  OPEN 16:30 / START 17:30
・指定席 8,200円(税込)
・学割指定席 6,200円(税込)

チケット一般発売中
・e+
https://eplus.jp/ncis/
・チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/ncis/
・ローソンチケット
https://l-tike.com/ncis/
・楽天チケット
https://r-t.jp/ncis
・CNプレイガイド
https://www.cnplayguide.com/ncis/
(CN電話受付:0570-08-9999)

【お問い合わせ】
DISK GARAGE
https://info.diskgarage.com/

Digital Single『Dear Future』Now On Sale!!

Digital Single『Dear Future』
2024.02.02 Release

結成15 周年を迎えたNothingʼs Carved In Stone が新たにワーナーミュージックとタッグを組んでDigital Single をリリース!
来たる武道館公演へ向けてライブアンセムが完成!

▼DL&Streaming
https://ncis.lnk.to/DFT


Larrivee MONO Case
BlackSmoker_BM_MISA BS FUJI 聖飢魔II&DHC
Zemaitis Chay LOVEBITES digimart
DIXON Orange×ひなっちFOLDING CHAIR Fishman Loudbox Micro