岸谷香が毎年行なっている年末のスペシャルライブが、大阪と東京のビルボードライブで計4公演にわたって開催。ここでは、12月30日(金)の東京編より2ndステージの模様をレポートする。

前回の「KAORI PARADISE 2021 年末スペシャル」はゲストにチェロ奏者の江口心一を迎えてのアコースティック公演だったが、今回はガラッと趣向を変え、親交の深いsugarbeansがバンマスを務めるビッグバンド“sugarbeans Jazz Orchestra”を従えてのライブ。岸谷香(Vo)をフロントに、sugarbeans(Pf)、千ヶ崎学(Ba)、岡本啓佑(Dr)、Tocchi(Tb)、湯本淳希(Tp)、大泊久栄(Tp)、橋本和也(A.Sax&Fl)、河村緑(T.Sax&Fl)、中村尚平(B.Sax&Fl)という計10人による豪華な編成だ。

開演時刻になると、まずはsugarbeans Jazz Orchestraがステージに登場。ビッグバンドによるオープニングセッションを経て赤のドレスを纏った岸谷香が客席後方からプリンセス プリンセスの『パレードしようよ』を歌いながら姿を現した。“ほらね 聞こえるファンファーレ”のフレーズにもぴったりの華やかなサウンドとともに彼女が明るく元気に歌えば、フロアには早くも賑々しいハンドクラップが溢れ出す。

年の瀬の忙しい中、たくさん集まってくださって本当にありがとうございます。今日はスペシャルバージョンで、sugarbeans Jazz Orchestraのみんなと2022年最後のステージをうんと楽しんで帰りたいです。馴染みのある曲もこのバンドで演奏すると少しロマンチックで違った世界になるし、もう28年くらい歌っていないひさしぶりの曲、初めて歌う曲もやります!

sugarbeans(Pf, Arr)

最初のMCでも期待を膨らませたあとは、「ビッグバンド編成で絶対にやりたかった」という『THE SUMMER VACATION』へ。プリプリのサマーチューンといえば『世界でいちばん熱い夏』が脚光を浴びることが多いけれど、この隠れた夏の名曲こそ実はファンにはたまらなかったりするのかもしれない。大人っぽさと高揚感を兼ね備えたsugarbeans Jazz Orchestraのアンサンブルで聴くと、確かにまた異なる味わいがあって、岸谷もキャリアを重ねた今ならではのボーカルで心地よく酔わせてくれる。

「ヘイ!」というシャウトから始まったのは、1994年に発表された1stソロアルバム『Renaissance』のナンバー『ある朝魔女になってたら』。こうして“奥居香”時代のソロ曲がたくさん聴けたことも、今回のライブで特筆すべきポイントだろう。ギターやピアノを自ら弾くスタイルではない分、曲が進むごとに岸谷の自由度はどんどん増し、ここではブルースロックの熱量とジャズの小粋さを湛えた表情豊かな歌唱でオーディエンスを魅了。ボーカリストとしてめいっぱい振り切った開放的なパフォーマンスを見せ、会場のムードもさらにいい感じになっていく。

シュガビン(sugarbeans)とは2015年くらいから一緒にやり始めまして、彼はピアニストなんですけど、ある時はドラマーであり、ある時はビッグバンドを率いて譜面を書いたり演奏したりするのを知っていたので、いつかその切り札を私に出してほしいなと密かに思っていました(笑)」と、今回のライブの経緯が語られるシーンも。

『スターライト・セレナーデ』では中村がフルートに持ち替え、トランペットの2人はミュートを取付けてプレイしていた。

続いては、前フリがあったライブ初披露となる『スターライト・セレナーデ』。1stソロアルバム『Renaissance』のリリースに伴う公演「音楽会」を映像作品化(1995年にVHSとLDで発表)した際の特典CDに収録された楽曲で、オーケストラレコーディングだったことも関係して、なかなか演奏のタイミングがなかったのだという。そんな眠っていたレア中のレア曲を生で聴けるのも、このビッグバンド編成だからこそ。夜に遠く離れた恋人を想う歌詞の世界観、サックスやフルートの印象的な甘い音色、その響きに乗る美しい声に、思わずうっとりさせられてしまった。

素敵なラブソングの余韻に浸っていると、今度は軽快なベースが鳴り始め、モータウンビートが光るプリプリの名曲『Diamonds<ダイアモンド>』が降臨。岸谷の明るく煌びやかなボーカルに加え、“AH”のコーラスをホーンセクションが担ったり、キレキレのトランペットソロが決まるなど、ビルボードライブ東京はさらなる多幸感に包まれる。

『Diamonds<ダイアモンド>』では湯本がトランペットソロを披露した。
『恋は素晴らしい』ではサックスの橋本と河村がフルートを演奏。

いい流れのまま、再び奥居ソロの『恋は素晴らしい』へとなだれ込み、ミラーボールが輝く中、バンドサウンドは一段とノリノリに。岸谷もボックスステップを踏みながら、各席のオーディエンスに手を振りながら、とても楽しそうに歌う。プリプリの『OH YEAH!』では、ラモーンズの『リメンバー・ロックンロール・レイディオ?』を彷彿とさせる力強いビートに後押しされ、“抱きしめたい この夜に抱かれていたい”“火をつけたい 燃え尽きたい”と熱唱。ライブハウスのような躍動ぶりが逆に清々しい。

『OH YEAH!』ではT.Sax 河村のソロも大きな盛り上がりのひとつとなった。

お酒を片手にしっとり楽しむビルボードのはずが、今年でいちばん発狂してるね。ま、こういうのもいいか!」と笑い、「私はこれが36ステージ目なんですけど、そのすべてを一本もキャンセルせずにやってこられたことが嬉しいです。皆様からたくさんの拍手をいただいて、それをガソリンに1年間走って参りました」と感謝を伝える岸谷。

sugarbeans Jazz Orchestraとの再共演も誓い、充実した笑顔を浮かべる舞台上の10人。岸谷が「2023年がやさしくて温かくて、そして楽しい一年でありますように」と願いを込め、本編ラストはプリプリのいちばんのバラードだと自負する名曲『ジュリアン』で情感たっぷりに締め括られた。

観客の拍手に応え、ナチュラルな服装&ソロで再登場した岸谷は、ゆったりとトークを展開。素晴らしかった2022年の中でも特にグッときた経験として、12月に自身のラジオ番組で小学生のときに愛してやまなかったゴダイゴのタケカワユキヒデに会えたというエピソードを明かし、そこから自宅のアップライトピアノで『銀河鉄道999』を一生懸命コピーしていたという青春時代の記憶まで、思い出話に花が咲く。

アンコールでは、その話に出てきた小6の奥居香が大きな影響を受け、コピーして歌いまくっていたゴダイゴの『銀河鉄道999』を、当時のままのアレンジとキーでピアノ弾き語りカバー。ステージ後ろのカーテンが開いた夜景とイルミネーションが見えるシチュエーションで彼女の原体験に触れられるという、年の終わりにふさわしい贅沢な時間をもってライブはエンディングを迎えたのだった。

取材・文:田山雄士
PHOTO:MASAHITO KAWAI

《SET LIST》
  1. 1.パレードしようよ
  2. 2.THE SUMMER VACATION
  3. 3.ある朝魔女になってたら
  4. 4.スターライト・セレナーデ
  5. 5.Diamonds<ダイアモンド>
  6. 6.恋は素晴らしい
  7. 7.OH YEAH!
  8. 8.ジュリアン
  9. <ENCORE>
  10. EN.銀河鉄道999
岸谷香/Unlock the girls

岸谷香 感謝祭2023

・出演:岸谷 香/Unlock the girls 
 ゲスト:荻野目洋子/藤巻亮太
・公演日:2023/2/23(木祝)
・会場:EX THEATER ROPPONGI
・開場_16:45 開演_17:30
・席種・料金(税込):全席指定 9,000円 (ドリンク代別)
・一般券売日:12/17(土)
・お問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888(平日12:00-19:00)

J-WAVEトーキョーギタージャンボリー2023 supported by 奥村組

・初日:3月4日(土) 12:30開場/14:00開演
・千穐楽:3月5日(日) 12:30開場/14:00開演
☆岸谷香は 3月5日(日)に出演します。
・会場:両国国技館(東京・墨田区)
・券種:砂かぶり席、マス席、2階席指定、2日通し・2階席指定、
各OMIYAGE(特製湯呑み)付、VIPマス席
https://www.j-wave.co.jp/special/guitarjamboree2023/
お問い合せ:DISK GARAGE 050-5533-0888(Weekday 12:00-15:00)

The Unforgettable Day 3.11-2023-

・日時:2023年3月11日(土)
・開場 15:00 / 開演 15:30
・会場:仙台PIT
・出演者
 岸谷香、CHEMISTRY、ゴスペラーズ、一青窈、水谷千重子、宮沢和史 (50音順)
・全席指定 6,600円(税込・入場時ドリンク代別途必要) ※1人4枚まで購入可能 
・一般発売:2023年1月22日(土)10:00〜
・お問合せ> GIP
GIPお問合せフォーム
https://www.gip-web.co.jp/t/info

祝・日比谷野音100周年「オールナイトニッポン MUSIC10 Sunset Party」

・2023年4月23日(日)
・日比谷野外大音楽堂
 15:30開場/16:30開演  
・出演:森山良子、鈴木杏樹、名取裕子、森高千里、岸谷香、渡辺満里奈
・チケット料金:全席指定 9,500円(税込) 
・一般発売日:2023年1月28日(土)10:00
・お問い合わせ:キョードー東京  0570-550-799 
※オペレータ受付時間(平日11:00〜18:00/土日祝10:00〜18:00)
主催:日比谷野音100周年記念事業実行委員会/ニッポン放送
https://event.1242.com/events/music10/

MARTIN CUSTOM 00 Style 18 KAORI KISHITANI 一般受付中!

「KAORI PARADISE 2021 年末スペシャル」でお披露目された、「Transparent “KAORI” Red」の鮮やかなカラーも印象的なMartin Custom Shop製のカスタムモデルが遂に発売!!

MARTIN CUSTOM 00 Style 18 KAORI KISHITANI
【受注生産】
現在、お申し込み絶賛受付中!

商品詳細・お申し込みはこちら
https://www.kurosawagakki.com/martin/kaori_custom/

岸谷香 New Mini Album 『Unlock the girls 3 –STAY BLUE–』Now On Sale!!

“今こそ青空を駆け抜けよう!岸谷 香・富田 京子の盟友コンビによる光輝く青春エールソングを収録!”こんな時代だからこそ精一杯の元気を届けたいという想いから、プリンセス プリンセスの盟友・富田 京子と共に、世代を超えたエールソング「STAY BLUE」を制作。切ない恋愛を歌った「A VISITOR」の作詞には中山 加奈子が参加。岸谷 香率いるガールズバンド”Unlock the girls”のパワーアップした演奏にも注目の、キラキラとした青春を感じる1枚が完成。

SECL-2498 ¥2,400 tax in

<収録内容>
M1:STAY BLUE 作詞:富田 京子 作曲:岸谷 香
M2:Wrong Vacation 作詞・作曲:岸谷 香
M3:A VISITOR 作詞:中山 加奈子 作曲:岸谷 香
M4:charm 作詞:富田 京子 作曲:岸谷 香

各販売サイトはこちらから
https://smer.lnk.to/JPvqfYkq


Creek MONO Cases
Heritage Dean Icon Orange Artist Combo
DAITA DIRECTWORD Orpheus Valley Guitars Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty