SILENT SIRENのあいにゃんと、26時のマスカレイドの江嶋綾恵梨。同じ事務所に所属している仲良しであり、互いに芸術肌のアーティストということで、同じような感性を共有している同士たち。

あいにゃんは、「絵」を軸に据えながら、絵本の執筆と絵の制作からドローイングのような抽象的なものまで多彩な表現を用いる画家であり、アートな芸術家タイプ。江嶋綾恵梨は、人物から風景まで、ファインダー越しに想いを写実化してゆくカメラマン。

2人は11月に、「えじにゃん個展」と題し、下北沢バロンデッセ・ラテアートを舞台に合同で個展を開催した。彼女たちがなぜ一緒に個展を開催するに至ったのか。その理由や、それぞれ展示作品の中から、お気に入りの3作品を選び出し、その作品に込めた想いを語っていただいた。

えじにゃん個展

SILENT SIREN あいにゃん×26時のマスカレイド 江嶋綾恵梨
開催日時:2021年11月22日(月)〜28日(日)
【会場】バロンデッセ・ラテアート
〒155-0031東京都世田谷区北沢2丁目30−11

──まずは、一緒に個展を開くことになった経緯から教えてください。

あいにゃん もともと事務所が一緒で仲良しというのがありました。しかも、2人とも趣味が芸術系といいますか、えじちゃん(江嶋)は写真で、わたしは絵が好き。お互いの作品も見合っていたから、「2人で一緒に何かやりたいね」という話をしていたときに、「個展って開いたことないよね」という話で盛り上がって、そこから「一緒に個展を開こうよ」と話が進んでいきました。それが、いつ頃だっけ?

江嶋  夏前くらいの時期に、そんな話をカフェでしてた。そこから、秋に個展を開催すると想定して、夏から個展用の作品作りも始めたはず。

あいにゃん  あっ、そうだったね。

江嶋  そこからわたしは、季節の変わり目の時期にあいにゃんさんをモデルに撮りたいと思って、夏と秋の2回、あいにゃんさんを連れ出して外で撮影をしました。

あいにゃん  わたしが今回展示した作品の半分はもともと描いていたもので、あとの半分は個展用に制作したものでした。もともと絵は描いていましたけど、こういう抽象画を手がけだしたのはコロナ禍以降。きっかけは、当時、家の中で出来る新しい絵の表現方法はないかと探したときに、フルイドアートという技法と出会いました。

──フルイドアートは、出来上がりが想定しきれないところに面白さがある技法ですよね。

あいにゃん  そうなんです。抽象画とも言われているように、アクリル絵の具の組み合わせなどある程度の狙いも持ちますけど、完成してみないことには出来上がりがわからない楽しさがあります。タイトルも、出来上がった作品からインスピレーションを受けて付けています。

――江嶋さんは、あいにゃんという対象物がしっかり見えたうえでの撮影でした。

江嶋  わたし、可愛い女の子を撮影するのが好きなんです。わたし自身がアイドル活動をしているので、メンバーも、まわりにいるアイドルたちも、みんな可愛い子ばかり。プライベートで遊んでいる友達も可愛いから、遊びに行くときはいつもカメラを手にすると、よく友達も撮影しています。今回の個展の中にも展示していたように風景写真もありますけど、基本的に、わたしは人物写真が多いですね。今回のあいにゃんさんをモデルにした撮影も、「個展用だから」というよりも、可愛い女の子を、「可愛いなぁ」と言いながらいつも通りに撮っていました。

――しかも、あいにゃんとは気心知れた関係。これもリラックスして撮影できた要因になっていたのでしょうか?

江嶋  なっていました。もともと被写体の自然体な姿を撮るのが好きだから、あいにゃんさんがふいに笑っている姿を見た瞬間に、「ここだ!!」とパシャパシャ連写したり(笑)。もちろん、背景や構図をしっかり決めたうえで撮った写真もありますけど。本当に自然体というか、いつものあいにゃんさんでいるときの姿もしっかりファインダーの中へ収めました。

――どれも、相手に心許しているから出てくる表情ですよね。

あいにゃん  確かに、気心知れてるからこそ、わたしもカメラを向けられても自然体でいられました。それよりも、撮ってくれる子が可愛いじゃないですか。だから、こっちもファインダー越しにデレデレしちゃってました(笑)

今回の撮影には、わたしの妹も協力してくれたんですけど、えじちゃんが撮ってくれるからなのか、いつもなら緊張しがちの妹が、すっごいデレデレしながら撮られてたからね(笑)。ほんと、相手を自然体で撮ってくれるところが江嶋カメラマンの素敵なところです。

――上がってきた写真も、納得でした?

あいにゃん  えじちゃんが撮ると、とても柔らかい雰囲気を持ったえじちゃんらしい写真になるんですよね。それって、えじちゃんの性格が反映されてるからなんだろうなと思って。実際に上がった写真はどれも、見ていてあったかい気持ちになれる作品ばかり。

撮影は、一緒に河川敷に向かって街中をお散歩しながら、えじちゃんが「ここ、いいね」と言っては、そこでパシャパシャと撮りながら進めてたんですけど、撮影をしてるという感覚ではなく、普通にえじちゃんとお散歩している感覚でした。

――どの写真からも、ナチュラルなあいにゃんが見えてくるのもいいですよね。

江嶋 わたし自身がビビッドな写真よりも、淡い雰囲気が好きというのもあるんでしょうね。上がった写真の色味の調整はしていますけど、レタッチはほとんどしてないです。それよりも、くしゃくしゃにしたジップロックをレンズの前に当てながら撮影してふわっとした雰囲気をだしたり、あえて逆光ぎみに撮影したり、そういう手法で淡さを生かした面はありました。

感想の声を聴けたことで、また私たちのモチベーションも上がりました

SILENT SIREN

Blu-ray & DVD「SILENT SIREN 年末スペシャルLIVE TOUR 2021『FAMILIA』@東京体育館 2021.12.30」2022.6.29 Release!!

2021年末、SILENT SIRENが活動休止を発表したのちに敢行したラストツアー「SILENT SIREN 年末スペシャルLIVE TOUR 2021『FAMILIA』」。そのツアーファイナル東京体育館公演をもって、SILENT SIRENは11年間の歴史に一旦幕を閉じた。今作はそんなSILENT SIRENの感動のラストライブを約3時間に渡り余すことなく収録した彼女たちの記録作品が待望の映像化!UNIVERSAL MUSIC STOREのみで発売される今作は、Blu-ray版とDVD版の2形態です。

最後の思い出を閉じ込めた豪華68Pスペシャルブック付き三方背ケース仕様!
ライブ本編19曲+アンコール3曲に加え、約20分に渡るドキュメント映像も収録。
さらに初回プレス分のみ、シリーズ化された好評の封入特典「オリジナルデザイン・パスレプリカステッカー」と先着でアザーカットを使用したポストカード付きです!永久保存版となる今作。ぜひお見逃しなく!

Blu-ray 【Blu-ray+SPECIAL PHOTOBOOK (68P)】
品番:PDXN-1920 価格:¥8,900+税

DVD 【2DVD+SPECIAL PHOTOBOOK (68P)】
品番:PDBN-1914 価格:¥7,900+税

詳細はこちら
https://silent-siren.com/special/familiabd/


Creek MONO Cases
Heritage Dean Icon Orange Artist Combo
Kamaka Orpheus Valley Guitars Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty