明日の世界がどうなっているかもわからない今の世の中において、3ヶ月前に交わした約束を果たすだけでも歓びを感じることができるようになったという意味では、このコロナ禍はこれまで当たり前だったことこそが幸せなのだと再認識するいい機会になったといえるのかもしれない。3ヶ月前の約束とは、6月にEX THEATER ROPPONGIにて行われた『Wonderer Tour』のファイナル公演で村松拓(Vo/Gt)が「また必ず会いましょう」と別れ際にした挨拶のことだが、この約束が果たされたということは彼らに関わる全ての人たちが日々を生き抜いた証でもある。前日まで猛威を振るっていた台風も過ぎ去り、再会を祝福するようなさわやかな秋晴れとなった東京・日比谷野外大音楽堂にてNothing’s Carved In Stone(以下、NCIS)が『Live at 野音 2021』を開催した。彼らにとって二年ぶり四度目、そして初の秋開催となる野音ワンマンの模様をここに記したいと思う。

まだ明るい日比谷公園にはたくさんの人が詰めかけ、今か今かと開演を待ち詫びている。開演時刻を少し過ぎたころ、SE『Song for an Assassin』をバックにステージインするメンバーを会場が大きな拍手で出迎える。そして、満を持して最後に登場した村松拓が定位置につくと、生形真一(Gt)の繊細なアルペジオに乗せて『Assassin』でライヴをスタートさせ、アルバム『REVOLT』の流れをなぞるように『You’re in Motion』でギアを急加速。強靭なNCISサウンドを東京の空に響かせると、「会いたかったぜ日比谷!いけるか?」と村松が吼えた『Spirit Inspiration』までノンストップで畳み掛ける。そんなひりついたバンドサウンドの余韻をかき消すようにダンサブルな『Bog』のイントロが会場の雰囲気を一変させ、村松はハンドマイクに持ち替えステージを練り歩き、日向秀和(Ba)は彼らしいファットなグルーヴを奏でてくれた。

村松拓(Vo/Gt)

ようこそ。よく来たね、みんな!この日をずっと、ずっとずっと待ってました。最後まで全力で行きます!」という村松の挨拶も早々に、大喜多崇規(Dr)の重厚なビートに乗せオーディエンスがハンズクラップで盛り上げる『Who Is』へ。高度なテクニックを持つ楽器陣がバチバチにやりあうNCISを体現したようなこの楽曲はもはや各プレイヤーのソロバトルの様相。そんなギターヒーロー、ベースヒーロー、ドラムヒーローを擁するこのバンドにおいて、ステージの中央でその音に飲み込まれることなくバンドの命ともいえる声を吹き込む村松の存在は改めて唯一無二といえるだろう。

大喜多崇規(Dr)

同様に彼らの巧緻なアンサンブルを堪能できる『Words That Bind Us』を経て、ファンを想って作ったという6月のツアーファイナルでの発言も記憶に新しい『Wonderer』と初期から最新の楽曲まで満遍なく披露。さらに『きらめきの花』でとびきりのポップネスを鳴らした頃にはあたりは徐々に暗くなっていた。しかし、その肌寒さを吹き飛ばすように退廃的で無機質なサウンドに宿る迸る熱さをもって演奏された『Prisoner Music』は都会のビル群の雰囲気も相まってNCISのハイブリッドさがより際立つ演出であったし、今回のセットリストにおいて驚きの一つでもあった『Everlasting Youth』を披露すると会場からは大きな拍手が送られた。

日向秀和(Ba)
Nothing’s Carved In Stone

“Live on November 15th 2021” 開催決定!

今年はBillboard Live TOKYOでの開催となり、初のアコースティックセットで実施。さらに、2017年に開催された“Existence Tour”以来となるH ZETT Mのゲスト出演も決定。まさにスペシャルなライブになる予定です。

Special Acoustic Live “Live on November 15th 2021”
2021/11/15(月)Billboard Live TOKYO
1部 OPEN 15:30 / START 16:30
2部 OPEN 18:30 / START 19:30
Guest:H ZETT M

詳細はNothing's Carved In Stoneオフィシャルサイトをご覧ください。
https://www.ncis.jp/

2021年12月1日(水)11th Album リリース&リリースツアー開催決定!!

2年ぶりとなる11th Albumのリリースが決定!
配信シングル「Bloom in the Rain」「Wonderer」「Beautiful Life」の3曲を含む、全10曲を収録予定。

リリースに伴い、アルバムツアーの開催も併せて決定しました!全10箇所を回ります。

11th Album Tour 2021-22(タイトル未定)

2021年
12/6(月)大阪 なんばHatch
12/27(月)東京 渋谷WWW X

2022年
1/8(土)宮城 仙台Rensa
1/10(月)北海道 札幌PENNY LANE 24
1/15(土)広島 広島CLUB QUATTRO
1/16(日)福岡 福岡DRUM LOGOS
1/21(金)石川 金沢EIGHT HALL
1/28(金)愛知 名古屋DIAMOND HALL
1/30(日)香川 高松festhalle
2/25(金)東京 豊洲PIT

詳細はNothing's Carved In Stoneオフィシャルサイトをご覧ください。
https://www.ncis.jp/


naga guitars Sheelan Martin Style41 SGZ
Black Smoker Orange Hinatch 楽器談技
SILENT SIREN The Realist RV5PeA SGZ Laramidia
iCheck MONO Cases
G7th Capo Dean MYK
Heritage S7Gaoi DIXON
LUNASTONE MU-TRON DoraKitty