2021.2.23@横浜アリーナ Poppin’Party×Morfonica Friendship LIVE「Astral Harmony」ライブレポート(前編)

前日のラウクレⅡに続いて、本日はPoppin’PartyとMorfonicaによるFriendship LIVE『Astral Harmony』が開催となった。この2組といえば、2020年8月に『BanG Dream! 8th☆LIVE』のDAY3での共演を経て、同年10月に共にワンマンライブで大成功を収めたことは記憶に新しい。『ガルパ』のストーリーでも深い接点を持つ両バンドによる初のツーマンライブ、どんな音楽が紡ぎ出されるのかとても楽しみだ。

開演を告げるブザーと共にいよいよ幕開け。BGMに合わせてPoppin’Party、Morfonicaのメンバーが次々とスクリーンに映し出され、それに応えて観客たちはバンドカラー、キャラクターカラーに合わせてペンライトの色を変えてゆく。

会場がふわりと花の香りに包まれる…前半はMorfonicaの出番だ。
1曲目から熱いアッパーチューン『Flame of hope』を披露した。Vn.八潮瑠唯(CAST:Ayasa)による優雅なバイオリンの音とGt.桐ヶ谷透子(CAST:直田姫奈)のエッジの効いたギターリフがぶつかり合うように力強いサウンドを奏でる。サビではステージが真っ赤に照らされ、燃え上がるような気迫溢れる熱い演奏で観客を魅了した。

ノンストップで披露されたカバー曲『CQCQ』では、リズム隊の音の存在感がグッと前に出た。サビ前でBa.広町七深(CAST:西尾夕香)が奏でるスラップのフレーズが、グルーヴィーでいいアクセントになっている。そしてDr.二葉つくし(CAST:mika)のプレイは1音ずつのアタック感が心地よく、とても安定感があり、バンドの柱として演奏をしっかりと先導しているのがよくわかる。

倉田ましろ「ごきげんよう、Morfonicaです

演奏のラストにブレイクを挟んで、おなじみの挨拶を決めた。

メンバー紹介を挟んで披露されるのはカバー曲『月光花』。セットリストの中でも、Vo.倉田ましろ(CAST:進藤あまね)の感情豊かに歌い上げるその姿と歌声が印象的なナンバーだ。この楽曲では、Gt.桐ヶ谷透子が奏でるクリーンサウンドが、原曲でいうピアノのフレーズを担当していて、有機的で温かみのある中音域が特徴的に感じられる。バンドリ!コンテンツのリアルバンドの中で唯一、Morfonicaにはキーボードがいない。原曲ではピアノやシンセサイザーが用いられる部分を、各パートに落とし込むことで、唯一無二のMorfonicaのサウンドを表現していることは特筆すべきポイントだ。

清々しい森のような香りに会場を包まれ、続いては『金色へのプレリュード』が披露された。明るい気持ちにさせてくれるナンバーで、1曲目の演奏が“ぶつかり合うようなサウンド”なら、この曲の演奏は“互いに寄り添うようなアンサンブル”といった印象だ。曲中、Vo.倉田ましろがステージの端から端まで歩いて観客へと歌声を届ける。以前のライブよりもステージをさらに大きく使っているのがわかった。

Vo.倉田ましろ(CAST:進藤あまね)

続く『LEVEL5-judgelight-』は今回が初披露となった。人気アニメのオープニング曲のカバーということもあり、ライブ演奏を待ち望んでいたファンは少なくないだろう。疾走感があり、サビ中の転調など難度が高いナンバーだ。原曲ではシンセサイザー等で表現されるテンポの速いフレーズを一手に担うVn.八潮瑠唯の演奏は圧巻だ。最後まで正確無比に弾き切り、弓をくるりと振り下ろす精悍な姿に観客の眼は釘づけになった。

ステージが深いブルーに包まれ、カバー曲『深海少女』が披露される。バイオリンのピッツィカート奏法(弦を弓ではなく指ではじく奏法)が、水泡がはじける音のように響き、その他の楽器隊のサウンドにもどこか柔らかさが感じられる。スクリーンに映し出される映像も相まって、会場が深い海の中のようだ。

再び森のような香りと淡いスモークが漂う。Morfonicaの始まりの曲である『Daylight -デイライト- 』は、演奏回数を重ねてきたゆえの5人の音の一体感がある。それでいて各パートのサウンドがしっかりと体感でき、パフォーマンスの熟成が感じられた。大サビではスクリーンに5人のアップが一斉に映し出され、その輝かしい表情に観客の熱量が一層高まってゆく。Morfonicaの象徴となっている蝶をモチーフにした華やかなデザインの新衣装も華を添えていた。

続いては『ブルームブルーム』。甘い花の香りが辺りを包み込み、ステージが桜色と空色に彩られた。軽快なリズムやメロディと相まって、少し早い春の訪れを感じさせるナンバーだ。間奏ではフロントメンバー3人がお立ち台に上がり、観客をさらに盛り上げていた。華やかさの中にロックなカラーが散りばめられていて、他のバンドには無いエレガントでクールなサウンドに仕上がっている。

カバー曲『Nevereverland』では、優美なバイオリンの旋律をバックに英詞をしっとりと歌い上げるAメロから、一転アップテンポでハードなロックサウンドを力強く歌い上げるVo.倉田ましろの抑揚の幅広さが光る。バンドサウンドはヘヴィさが際立っており、楽器隊全員で一体となって力強くビートを刻むような演奏も迫力に溢れていた。

前半のラストを飾るのは、初披露の新曲『ハーモニー・デイ』だ。歌詞の中にある「キラキラ」という単語は、Poppin’Partyの戸山香澄が作中でよく口にするワードでもある。Poppin’Partyに背中を押され前進することで成長を遂げたMorfonicaを象徴するようで、とても前向きな気持ちにさせてくれる。また、Morfonicaとして初めてとなる5人のソロ歌唱パートも必聴ポイントだ。5人の歌声やサウンドに躍動感を感じられる素晴らしい演奏だった。

最後まで明るく、そして優雅に演奏を締め括り、達成感に満ちた笑顔で観客の拍手に応えながら、メンバーはステージを後にした。Morfonicaらしさが詰まったセットリストで、ライブを重ねることで成長してきたパフォーマンスで観客を魅了してくれた。

取材・文:佐々木雅晃
©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

《SET LIST》
  1. Morfonica
  2. 1.Flame of hope
  3. 2.CQCQ
  4. 3.月光花
  5. 4.金色へのプレリュード
  6. 5.LEVEL5-judgelight-
  7. 6.深海少女
  8. 7.Daylight -デイライト-
  9. 8.ブルームブルーム
  10. 9.Nevereverland
  11. 10.ハーモニー・デイ

Gt.桐ヶ谷透子(CAST:直田姫奈)使用機材紹介

BanG Dream!

RAISE A SUILEN Zeppツアー開催中!

RAISE A SUILEN初となるツアーが開催中!

【イベント情報】
RAISE A SUILEN ZEPP TOUR 2021「BE LIGHT」
日程・会場:
2021年5月22日Zepp Haneda
2021年6月2日(水) Zepp Nagoya
2021年6月30日(水) Zepp Namba
https://bang-dream.com/events/ras-tour2021

「BanG Dream! 9th☆LIVE」出演ラインナップ発表!

2021年夏開催予定「BanG Dream! 9th☆LIVE」の出演ラインナップが発表。
8月開催「The Beginning」ではPoppin'PartyとRoselia、9月開催「Mythology」ではRAISE A SUILENとMorfonicaによる合同ライブがそれぞれ初開催される。

【イベント情報】
BanG Dream! 9th☆LIVE「The Beginning」
日程:2021年8月21日(土)、22日(日)
会場:富士急ハイランド・コニファーフォレスト
出演:Poppin'Party×Roselia
https://bang-dream.com/9th-live-thebeginning


BanG Dream! 9th☆LIVE「Mythology」
日程:2021年9月4日(土)、5日(日)
会場:富士急ハイランド・コニファーフォレスト
出演:RAISE A SUILEN×Morfonica
https://bang-dream.com/9th-live-mythology


naga guitars Sheelan Martin Style41 SGZ
Black Smoker Orange Hinatch 楽器談技
SILENT SIREN The Realist RV5PeA SGZ Laramidia
iCheck MONO Cases
G7th Capo Dean MYK
Heritage S7Gaoi DIXON
LUNASTONE MU-TRON DoraKitty