HARU(Bass)機材紹介

E-II STREAM & Burny Flying V Bass

HARUの使用ベースはBartoliniピックアップを搭載したBurny製のフライングVベースとSeymour Duncanピックアップを搭載したE-II STREAMの2本。STREAMのヘッドに結び付けられたリボンがトレードマークだ。

アンプはOrange AD200B MkIIIヘッドと同社製のOBC410、OBC115キャビネットのスタック。ヘッドとキャビネットの間のラックにはAvalon Design U5(DI/プリアンプ)とBBE Sonic Maximizer 362がセットされている。また、バックアップのAguilar Tone Hammer 350ヘッドとREXER製のワイヤレスレシーバーも見ることができる。BBEソニックマキシマイザーはエンハンサーの一種で、音の輪郭をはっきりさせまとまりを増すと言われているが、別の型番だが同社製のソニックマキシマイザーを使用したことのある筆者の感想としては「出音が速くなる」という印象がある。

HARUの足元は入力側から順に [ 1 ] BOSS TU-3(チューナー)、[ 2 ] EBS Multi Comp(コンプレッサー)、[ 3 ] ZOOM MS-60B(マルチエフェクター)、[ 4 ] Darkglass Electronics Micro Tubes B7K Ultra(プリアンプ)、[ 5 ] iSP Decimator II(ノイズリダクション)というラインナップ。ボードの電源として [ 6 ] OneControl Distro(パワーサプライ)を使用している。

NATSUMI(Drums)機材紹介

NATSUMIの使用ドラムセットは紫のスパークルフィニッシュが美しいPearl Drums Reference Purple Craze。2バス、2タム、1フロアの構成で、スネア含めヘッドはREMO製を使用。

キックペダルはPearl Eliminator Demon Chain(P-3000C)。バスドラムにはRolandのキックトリガーRT-30Kが取り付けられており、トリガーモジュールRoland TM-2もセットされていた。シンバル類はすべてSabian製で主にHHXシリーズが使用されている。

当日のライブの模様をレポート!

BRIDEAR

LIVE Album『AEGIS OF LONDON…LIVE!』Now On Sale!!

2022年9月10日、ロンドンのBoston Music Roomで行われた‘Decide To Survive’ ヨーロッパツアーのライヴの模様を収録したライヴアルバム!! ミックスとマスタリングはHAMMER FALLやArch Enemyなどを手掛けたFredrik Nordström (フレドリック・ノルドストローム)が担当。日本盤のみボーナストラックとして新曲『Eyes of Doubt』収録。
価格:税込 ¥3,000 (税抜 ¥2,727)
品番:IYT-101
レーベル:IYT RECORDS
発売日:2023年3月10日
CD購入はコチラ
デジタル配信はコチラ

4th Full Album 『AEGIS OF ATHENA』Now On Sale!!

古代ギリシャ神話、都市の守護女神アテナが持つ聖盾「イージス」。今も続くコロナ危機に、人々を鼓舞する音楽の力を信じ世界が一つになって立ち向かおう。そのテーマを掲げたエイベックス第3弾アルバム!!

価格:税込 ¥3,300 (税抜 ¥3,000)
品番:AVCD-96947
レーベル:avex tax
発売日:2022年4月20日

CD購入はコチラ
デジタル配信はコチラ


Larrivee MONO Case
BlackSmoker_BM_MISA BS FUJI 聖飢魔II&DHC
LOVEBITES digimart DIXON