小野塚晃(Key) 使用楽器・機材紹介

今回のバンドのバンマスも務めたのはキーボードの小野塚晃。使用楽器は2段のキーボードで、下段がステージピアノYAMAHA CP88、上段がシンセサイザーYAMAHA MONTAGE7

足元には2台のサスティンペダルと1台のボリュームペダルもセットされている。


イシイトモキ(Gt) 使用楽器・機材紹介

イシイトモキが使用したギターは2本。いずれもFender製のストラトキャスターとテレキャスターで、ストラトがリアにハムバッキング・ピックアップを搭載した、American Professional II Stratocaster HSS(Dark Night)、テレキャスがStandard Telecaster Maple Neck (CAR TINT)

アンプもFender製で、チューブコンボアンプの定番モデルのひとつとも言えるHot Rod Deluxe IIIを使用。

イシイのペダルボードがこちら。( 1 ) のワウペダルから ( 2 ) ~ ( 5 ) のドライブ/プリアンプ系ペダルを通った後に ( 6 ) のボリュームペダルへと入力され、そこから ( 7 ) ( 8 ) ( 9 ) の空間系ペダルへという流れだ。 ( 10 ) のフットスイッチは ( 8 ) BOSS DD-7のTEMPO/EXPジャックに接続されており、タップテンポでディレイ・タイムの設定が可能になっている。 ( 11 ) のチューナーはボリュームペダルのチューナーアウトから接続されている。

( 1 ) Jim Dunlop Cry Baby(ワウペダル)
( 2 ) R Diner Sounds SPICE CURRY (SC-1)(オーバードライブ)
( 3 ) Fulltone OCD v2(オーバードライブ)
( 4 ) Marshall The Guv’nor(ディストーション)
( 5 ) MXR micro amp(プリアンプ)
( 6 ) Ernie Ball VP JR.(ボリュームペダル)
( 7 ) ZOOM MS-50G(マルチエフェクター)
( 8 ) BOSS DD-7(ディレイ)
( 9 ) strymon Blue Sky(リバーブ)
( 10 ) BOSS FS-5U(フットスイッチ)
( 11 ) tc electronic Polytune 3(チューナー)
( 12 ) Vital Audio VA-08 Mk-II(パワーサプライ)

機材撮影:小野寺将也

バンドメンバー使用楽器・機材紹介(2)森光奏太(Ba)/上原俊亮(Dr)

新山詩織

2022.8.29『I can’t tell you(feat. 和久井沙良)』リリース決定!

新進気鋭のピアニスト和久井沙良を迎え、新山の『歌』と和久井の『ピアノ』だけという『最小限』の編成で制作された楽曲。
今作のマスタリングはアデルなどのアルバムを⼿がけたグラミー賞マスタリングエンジニア、『ランディ・メリル(Randy Merrill)』が担当。まるで目の前でライブが繰り広げられているような、繊細かつ躍動感溢れるサウンドに仕上がっている。

★新山詩織 『I can’t tell you』配信リリース記念 LINE LIVE開催決定!
配信日時:8月29日(月) 20:00予定〜
新曲「I can't tell you (feat. 和久井沙良)」リリースを記念して、LINE LIVE(生配信)を開催。楽曲のことや9月から始まるツアーに関してのトーク、新曲の弾き語りを披露予定。

新山詩織 アコースティックlive 2022 ~夏の終わり~ 開催決定!!

出演:新山詩織(Vo,Ag) / 和久井沙良(pf/key)

■9/10(土) 京都・Live Spot RAG
■9/11(日) 愛知・BL Cafe
■9/23(金) 北海道・くう COO
■9/30(金) 東京・コットンクラブ

チケット等詳細は新山詩織オフィシャルサイトまで
http://niiyama-shiori.com/


また、アコースティックツアー開催に伴い、連続配信シングルリリースも決定!
●2022.8.29 配信『I can’t tell you』featuring 和久井沙良(Pf)
●2022.9.29 配信『Free』featuring 山崎あおい(Vo)


Creek MONO Cases
Heritage Dean Icon Orange Artist Combo
DAITA DIRECTWORD Orpheus Valley Guitars Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty