岸谷香の自主企画イベント『岸谷香 感謝祭2022』が、2月13日(日)に神奈川・KT Zepp Yokohamaで開催された。

『岸谷香 感謝祭』は2019年に初開催。彼女が元気に楽しく音楽をやれていることに感謝し、観客に喜んでもらえるように、毎回ゲストを迎えてセッションを繰り広げる、年1回の恒例コラボイベントだ。

岸谷は自身のガールズバンド、Unlock the girlsを従えて出演。そして、今回は交流の深い実力派フロントマンであるスターダスト☆レビューの根本要とTRICERATOPSの和田唱がゲストということで、この貴重なコラボを一目観ようと会場は多くのファンでいっぱいに。なお、当日はもろもろの事情で足を運べない方のため、PIA LIVE STREAMでの生配信も行なわれた。

Unlock the girls

まずは、岸谷香(Vo&Gu)、Yuko(Gu&Cho)、HALNA(Ba&Cho)、Yuumi(Dr&Cho)からなるUnlock the girlsが登場。彼女たちの名刺代わりと言える『Unlocked』でライブがスタートした。パワフルで歯切れのいいロックチューンに続き、プリンセス プリンセスの『HIGHWAY STAR』へと繋げば、ハコ全体に広がる開放的なサウンドに乗って、オーディエンスは早くも大いに踊り出す。

ゲスト:和田唱(TRICERATOPS)

しっかりと場を温めたところで、TRICERATOPSの代表曲『Raspberry』を奏で始めるUnlock the girls。そんな素敵な演出をもって1人目のゲスト、和田唱がステージ中央に呼び込まれ、そのままトライセラの『FEVER』でコラボタイムに突入する。原曲のダンスビートに加え、新たに添えられたしなやかなコーラス、ワウペダルやカッティングが効いたこのバンドならではのアレンジが心地よく、気持ちよさそうにハンドマイクで歌う和田。間奏での岸谷とYukoのギターソロを受け、和田も負けじとアウトロでレスポールを豪快に弾きまくるなど、音楽的な楽しさがグッと膨れ上がった。

『FEVER』のアウトロではゴールドトップの1954年製Gibson Les Paulをプレイした和田唱。
岸谷香のギターはFender Custom Shop Nocaster Relic。

直後のMCも興奮冷めやらずで、和田は「こうしてガールズバンドに入って歌うのは初めてだからね!」と、Unlock the girlsとの共演の新鮮さを伝える。さらに「この曲がリリースされたばかりの頃に、香さんがラジオ番組に呼んでくれたんだよ」「出会いの曲だよね。そう思うと感慨深い!」と、『FEVER』(1998年11月発表)にまつわるエピソードを岸谷と語り合ったりも。

『MILK & SUGAR』で和田が使用したのは1960年製のFender Telecaster。ブロンドフィニッシュが退色し風格があり、弾き傷や打痕も歴戦を物語る。

私のイチオシで、唱くんの作家としての甘い魅力がいちばんよく表れた最高のラブソングだと思ってます」と岸谷が紹介して始まったのは、TRICERATOPSの名バラード『if』。ステージがブルーに照らされる中、和田がやさしく大らかに歌い、岸谷が鍵盤とコーラスで寄り添う。うっとりするほど美しいハーモニーを聴かせたあともトライセラのナンバーで、今度はロックな『MILK & SUGAR』へ。「“我が強い君だから もうすげぇ愛しいんだ”という歌詞が、自分の性格をポジティブに捉えてくれる感じで好き」と語った岸谷は、昨年末の公演で初披露した赤いマーティンギターを携えて躍動。和田もソウルフルなノリを繰り出しつつ、特別な瞬間を存分に楽しみ、コラボの熱量がぐんぐん上昇していく。

『My Life』は和田の1955年製Martin 000-18と岸谷のYAMAHA CP-1のみのシンプルなアンサンブルで披露。
『ミラーボール』では和田は1961年製 Gibson ES-335TDCを、岸谷は44鍵盤のオレンジ色のミニエレクトリックピアノWurlitzer 106Pをプレイ。

次のブロックでは、いよいよ岸谷のソロアルバム『PIECE of BRIGHT』(2016年5月発表)で和田と共作した2曲をお届け。和田のアコギからしっとりと幕を開けた『My Life』は彼がハモる側に回り、キーボードを弾きながら情感豊かに歌う岸谷を支える。Yuko、HALNA、Yuumiによるゴスペル的なコーラスもいい。そして、初めてバンドサウンドでのライブ演奏が叶った『ミラーボール』で文字通り頭上にミラーボールが輝くと、観客のハンドクラップや4つ打ちのリズムと相まって、KT Zepp Yokohamaは煌びやかなダンスフロアへと化す。最高に夢心地でハッピーな空間を生み出し、和田はステージを降りたのだった。

根本要も登場!更に盛り上がるライブ後半の模様はこちら

岸谷香/Unlock the girls

弾き語りひとり旅ツアー「KAORI PARADISE 2022」好評開催中!

■9月18日(日) 兵庫・西脇市市民交流施設 オリナスホール
■9月19日(月祝) 福井・ハートピア春江
■9月24日(土) 岐阜・不二羽島文化センター みのぎくホール
■10月9日(日) 福島・伊達市ふるさと会館 MDDホール
■10月10日(祝月) 福島・サンライズもとみや
■10月14日(金) 広島・東広島芸術文化ホールくらら・小ホール
■10月2日(日) 埼玉・上尾市文化センター
■10月15日(土) 鳥取・境港市文化ホール シンフォニーガーデン
■10月29日(土) 山形・新庄市民文化会館
■11月5日(土) 福岡・八女市民会館 おりなす八女
■11月12日(土) 東京・江東公会堂ティアラこうとう
■11月19日(土) 愛媛・八幡浜市文化会館 ゆめみかん
■11月20日(日) 愛媛・四国中央市土居文化会館(ユーホール)
公演詳細はこちら
http://kaorikishitani.com/schedule

MARTIN CUSTOM 00 Style 18 KAORI KISHITANI 一般受付中!

「KAORI PARADISE 2021 年末スペシャル」でお披露目された、「Transparent “KAORI” Red」の鮮やかなカラーも印象的なMartin Custom Shop製のカスタムモデルが遂に発売!!

MARTIN CUSTOM 00 Style 18 KAORI KISHITANI
【受注生産】
現在、お申し込み絶賛受付中!

商品詳細・お申し込みはこちら
https://www.kurosawagakki.com/martin/kaori_custom/

岸谷香 New Mini Album 『Unlock the girls 3 –STAY BLUE–』Now On Sale!!

“今こそ青空を駆け抜けよう!岸谷 香・富田 京子の盟友コンビによる光輝く青春エールソングを収録!”こんな時代だからこそ精一杯の元気を届けたいという想いから、プリンセス プリンセスの盟友・富田 京子と共に、世代を超えたエールソング「STAY BLUE」を制作。切ない恋愛を歌った「A VISITOR」の作詞には中山 加奈子が参加。岸谷 香率いるガールズバンド”Unlock the girls”のパワーアップした演奏にも注目の、キラキラとした青春を感じる1枚が完成。

SECL-2498 ¥2,400 tax in

<収録内容>
M1:STAY BLUE 作詞:富田 京子 作曲:岸谷 香
M2:Wrong Vacation 作詞・作曲:岸谷 香
M3:A VISITOR 作詞:中山 加奈子 作曲:岸谷 香
M4:charm 作詞:富田 京子 作曲:岸谷 香

各販売サイトはこちらから
https://smer.lnk.to/JPvqfYkq


Creek MONO Cases
Heritage 春畑道哉 Dean Icon
新山詩織 Orange Artist Combo Orpheus Valley Guitars
Kamaka TUBE Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty