2021.12.11@新宿BLAZE ライブレポート

4人組ガールズメタルバンドのMary’s Bloodが、最新アルバム『Mary’s Blood』を引っさげて行なう東名阪ツアー。そのファイナル公演が12月11日(土)に東京・新宿BLAZEで開催された。

アルバム冒頭のインスト曲『Last Daybreak』がSEとして流れる中、バンドロゴのバックドロップが飾られたステージにEYE(Vo)、SAKI(Gu)、RIO(Ba)、MARI(Dr)、サポートのYASHIRO(Gu)が登場。真っ赤な照明が降り注ぎ、Mary’s Bloodの麗しい存在感と屈強なサウンドが際立つ『Without A Crown』でライブが始まった。ぎっしりと埋まったフロアに向かってEYEがマイクスタンドを高らかに掲げると、オーディエンスはすぐさま拳を突き上げたり色とりどりのペンライトを光らせたりして応えていく。

SAKIの速弾きギターソロ、YASHIROとのツインリードが鮮やかに決まり、RIOとMARIのリズム隊も鉄壁。EYEは青く染めた長い髪を振り乱しながらパワフルに歌う。『Joker』を含め、『Mary’s Blood』の収録曲を早くも立て続けに聴かせた彼女たち。ツアーファイナルとあって、その演奏は完全にチューンアップされていた。

EYEも「新しいアルバム『Mary’s Blood』の曲、かっこいいでしょ?」と自信を覗かせつつ、「記憶が遠く思えるくらいずっとツアーを回れていなかったけど、ようやくこうして開催することができて、今日のファイナルをこんなにたくさんの方々に観てもらえるのが本当に幸せです」と、ソールドアウトしたうえに追加席が用意されるほど集まってくれた多くの人たちに感謝を伝える。

そして、「Mary’s Bloodとしてはなかなかレアな感じの曲調になっていると思います」と紹介し『Hunger』へ。SAKIのゴリッとヘヴィなリフが映える一方、同期のシンセもインパクトを放つ緩急の効いたナンバーは確かに独特で、その意外性も相まってオーディエンスのヘドバン熱がいい塩梅に高まっていた。さらに、目の覚めるようなファストチューン『Counter Strike』と続け、バンドのグルーヴは研ぎ澄まされるばかり! 圧倒的な爆発力に加え、5人が鳴らす音のバランスも痺れるくらいに素晴らしい。

みなさん楽しんでますか? ひさびさに新宿BLAZEでワンマンがやれて、とても嬉しくて感慨深いです。2ndアルバム『Bloody Palace』のツアーファイナル以来だから、5年ぶりとかかな? あの頃よりもさらにさらに進化した『Mary’s Blood』というアルバムが出せたので、今日はその新曲をたくさん聴いてほしいなと思います」とリーダーのMARIが話したあとは、ずっしりと響きわたる彼女のツーバスとRIOの低音が耳を惹くミッドテンポの『Umbrella』、キャッチーなメロディに乗せて《未来は明るくもない それでも生きなきゃ 命を燃やせ》と歌う『Let Me Out』、ポジティブなエナジーとタフな疾走感を併せ持つ『Be Myself』と、セルフタイトルの最新作から次々に披露。同作で表現した原点回帰のヘヴィメタル、また逞しく成長を遂げたバンドサウンドを、ライブでは一段とダイナミックに見せつけてくれた。

いい雰囲気のまま、MARI以外のメンバーが一旦ステージから捌け、今度はドラムソロのコーナーがスタート。MARIは思わず見惚れてしまう高速の連打、重厚な耳当たりのプレイで場内を大いに沸かせてみせた。そして再び全員が戻って『Coronation Day』『ignite』とアグレッシブなメタル曲を投下し、“もっと来い!”とばかりに手招きして煽るEYEをはじめ、これまでツアーができなかった鬱憤をまとめて晴らすかのように躍動したMary’s Blood。嬉々としてメロイックサインを掲げる観衆の姿も印象的だ。

中盤のMCでは、EYEが「名古屋、大阪を経て最長記録ですね!」とMARIのドラムソロを讃え、メンバーそれぞれが作詞・作曲したメタルソングが詰まったアルバム『Mary’s Blood』について「絶対に全部がライブ映えする曲だと思ってた」と感触を確かめるなど、長めのトークを展開。バシッと決めたツアーの衣装にも触れ、SAKIが「いつもよりは涼しいかも。首輪は早々に外しちゃったから(笑)」と話したり、RIOが頭に巻いたターバンのことを「これは私の中でLAメタルで、(モトリー・クルーの)ニッキー・シックスを意識してるんですよ!」と熱弁したり、EYEがYASHIROのゴスパンク風の恰好を「めんどくさい系の女」と茶化したりと、会場は和やかな雰囲気に包まれた。ちなみに、オジー・オズボーンらがプリントされたEYEの衣装は切り刻んだメタルTシャツの生地を活かして作られたのだそう。

Mad Lady』以降のライブ後半も、そんな楽しさを胸に怒涛のテンションでやり切った5人。『Marionette』になると「拳もっと上げていこう」「いいじゃん!」とEYEがフロアに声をかけ、SAKIとYASHIROが背中合わせでギターを弾くなど、ファンとの距離をグッと縮めながら、今ここで演奏できている喜びを噛み締めながら、本編ラストの疾走感あふれるスラッシュメタル『アルカディア』までを豪快かつラウドに駆け抜けたのだった。

アンコールはTシャツ姿に着替えて再登場。ツアータイトルにもなった《魂を揺さぶれ》というメッセージが熱い『Blow Up Your Fire』、まさに弾丸の如きヘヴィネスとメロディアスな音塊で迫る『Bite the Bullet』と、キレッキレの演奏で聴き手を感服させ、盛り上がりはピークに達した。そして興奮も冷めやらぬ中、EYEが今回のツアーに対する想いを語る。

みんなの気持ちと私たちの気持ちを合わせて燃えていこうぜというタイトルを掲げたこのツアー、大成功だと思います。ここ2年くらいはいろいろなことがあったけど、音楽の力ってやっぱり生きる糧になるし、私たちはみなさんに支えられて音楽を紡いでいけているんだなとわかって。愛情を返したくてツアーを回ってきました。バンドの名前でアルバムを作ったのも、感謝の想いや自分たちを余すところなく出し切りたかったから。これからもずっとずっとMary’s Bloodを聴いてほしいです。本当にありがとうございました!

最後の最後は「音楽を愛する同志のみなさんに、光を照らせるような曲を」と、ミラーボールがキラキラと輝くシチュエーションのもと、明るい未来に進んでいくイメージを孕んだ、アルバム『Mary’s Blood』のラストを飾る『Starlight』でこのツアーを締めくくった。エンディングでは、メンバーそれぞれがあらためて声を届けるシーンも。

東名阪ツアーができてよかった。今日も最後まで演奏できてよかったです。素敵な時間をありがとうございました!」(SAKI)

名古屋と大阪も無事にとてもいい内容で回れたし、私はこのツアーのことをきっと忘れないと思います」(RIO)

ツアーファイナルでニューアルバムの全曲を披露できて嬉しいです。この日を忘れず、またいっぱい聴いてください」(MARI)

たくさんの人に支えられて、私たちは幸せ者です。音楽を楽しめるのも健康あればこそですから、巷で流行っているあれやこれやもぶっ飛ばすくらいに元気でいてください。みなさんのことを愛してます!」(EYE)

私たちがMary’s Bloodだ!」――恒例の言葉をメンバー全員で叫んで大盛況のうちに終演を迎えたこのライブの5日後、バンドは衝撃の無期限活動休止を発表した(https://marysblood.jp/news/340488)。現在の4人で約10年やってきたが、ここでいったん区切りを付け、各々がより成長していくために充電期間を作りたいとのこと。そんな想いを抱えてのツアーであったと感じさせない、メタルのエネルギーに満ちた圧倒的なパフォーマンスは本当に見事だったと思う。

2022年4月をもっての無期限活動休止を決めたMary’s Blood。集大成として今までのすべてを込めたライブを届けたいと、4月9日(土)には豊洲PITで活動休止前ラストワンマン公演『The Final Day ~Countdown to Evolution~』を行なう予定になっている。彼女たちの音楽を愛する方々は、どうか万難を排して現地に足を運んでほしい。

取材・文:田山雄士

《SET LIST》
  1. SE.Last Daybreak
  2. 1.Without A Crown
  3. 2.Joker
  4. 3.Hunger
  5. 4.Counter Strike
  6. 5.Umbrella
  7. 6.Let Me Out
  8. 7.Be Myself
  9. Drum Solo
  10. 8.Coronation Day
  11. 9.ignite
  12. 10.Mad Lady
  13. 11.Marionette
  14. 12.アルカディア
  15. <ENCORE>
  16. EN1.Blow Up Your Fire
  17. EN2.Bite the Bullet
  18. EN3.Starlight
Mary’s Blood

Maryʼs Blood「The Final Day ~Countdown to Evolution~」メモリアルパンフレットご予約受付中!

現メンバーでの過去10年分の写真に加え、豊洲PIT公演のライブ写真やインタビューを収録したメモリアルパンフレットの予約販売が決定しました。完成したパンフレットをご自宅にお届けします。

商品価格 5,500円(税込・送料込)
■サイズ:A4/タテ297mm x ヨコ210mm(予定)
■ページ数:72ページ(予定)
※サイズ・ページ数は変更になる可能性がございます。

【ご注文受付期間】 
2022年3月23日(水)~2022年5月8日(日)
※2022年6月中旬~下旬にお届け予定

詳細はこちら
https://marysblood.futureartist.net/news/342250


Creek MONO Cases
Heritage 春畑道哉 Dean Icon
新山詩織 Orange Artist Combo Orpheus Valley Guitars
Kamaka TUBE Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty