―2021年も色々活発に活動されてきましたね。

RIO(以下R):そうですね…、こんな時期ですけど、とりあえず動きは止めたくなかったんで、2020年も2021年も、アルバムは出せて良かったなとは思ってます。ツアーも2021年は東名阪行けたんですけど、それも2年振りぐらいですかね。

―そんな感じで2021年も活躍されてきたMary’s BloodのベーシストRIOさんにインタビューさせて頂ければということで、よろしくお願いします。

R:(笑)お願いします。

―そもそも楽器を初めた頃のお話から伺っていきたいんですけど、RIOさんのご出身は青森ですよね。そこから東京に来て。

R:そうですね。

―上京したのは進学とかで来たんでしたっけ?

R:いや、18歳のときに高校卒業して来たんですけど、上京の理由というか、手段は就職でした。

―そのときはもうベースをやってたんですか?

R:そうですね。ベースやってて。根拠の無い自信だけはあったんですよね(笑)。東京出ればイケると思ってて。

―自分のバンドをやってたんですか?

R:青森県ではやってたんですけど、やっぱり田舎なので、そのバンドメンバーは東京に出るっていう選択肢が無くて。地元で就職したりして、ずっと地元にいたがる方が多かったので、東京に出たのはそのときのバンドメンバーでは私だけです。

―それはじゃあ東京に出てきたってことは、就職もそうなんですけど、引き続き音楽はやっていこうと思ってたんですね

R:そうですね。

―話は前後しますけど、一番最初に楽器をやったっていうのはベースなんですか?

R:そうです。私は一発目にもうベースです。

―ベースを始めたのは何歳くらいですか?

R:ベースは私、本当遅かったですよ。18(歳)の後半ぐらいなので。

―そのベースを始めた理由や動機はなんだったんですか?

R:中学校のときに、L’Arc~en~Cielがすごい好きで、ベース始めました。

―結構その当時は流行って周りもみんなコピーとかしてたんですか?

R:どうですかね。L’Arc~en~Cielはいつも全盛期なバンドだとは思うんですけど、その、シングル3枚出す世代ではないんですよ(編注:1998年7月に『HONEY』『花葬』『浸食 〜lose control〜』のシングル3枚を同時発売し、チャート上位を独占。バンドの最高売上枚数を記録し、日本有線大賞獲得や紅白歌合戦への出場も果たした)。

その世代のL’Arc~en~Cielはまぁ知らなかったんですけど。私は、多分2003年とか2004年とかL’Arc~en~Cielが(実質)活動休止していて、活動を再開した頃からなんです。私が純粋に知ったのはアニメの主題歌になったときですね。『鋼の錬金術師』っていうアニメの主題歌になってて。「なんだこのかっこいい曲は!」ってなったのが『READY STEADY GO』っていう曲ですね。

―それで、ちょっと楽器をやってみようかなと?

R:そうですね。そこから、中古のCDとかいっぱい置いてるようなお店に通い詰めて集めたり、自分で買ったりして。(楽器を)始めようと思ったのは多分『HONEY』っていう曲の、ギターとユニゾンする8小節があるんですけど、そこで、「なんだこの楽器は!?」って思って始めました。ベースに興味を持ち始めたのはそこからです。

―あの頃のtetsuyaさんのフレーズっていうのは、今までポップスになかった、ロックになかった、ギターみたいにメロディアスに弾くベースと言うか、新しいベースラインでしたよね。

R:だから、やっぱり最初ベース始めたときっていうのは、ベースがリズム楽器っていうのがまず分からない。知らなかったんですよ。普通にメロディー鳴らすものだと思ってて。

―音楽の中で前面に出てますもんね。

R:そうですね(笑)

―一番最初にベースを入手したのはどういう経緯だったんですか?

R:それは、自分の親戚が持ってたんです。でもそれがすごい、おもちゃみたいなベースで。青森県には楽器屋なんて本当に大袈裟じゃなくて1、2件しかないんですよ。で、そこに修理しに行ったら買った方が早いと言うので(笑)。通販で買いました(笑)。入門セットみたいな感じだと思います。

―東京に出てきたときは、そのベースを持って出てきたんですか?

R:そのおもちゃみたいなベースはさすがに置いては来たんですけど。で、初めに買ったのはなんだったかな。Edwardsだったような気がします。

―そのベースは今もあるんですか?

R:無いです。先輩にあげました(笑)。後輩にあげるんだったらまだ話はわかりますけど、先輩にあげるって無いですよね(笑)

初めて購入した入門セットのベース(写真提供:RIO)

ターニングポイントになったZemaitisのベース

Mary’s Blood

Maryʼs Blood「The Final Day ~Countdown to Evolution~」メモリアルパンフレットご予約受付中!

現メンバーでの過去10年分の写真に加え、豊洲PIT公演のライブ写真やインタビューを収録したメモリアルパンフレットの予約販売が決定しました。完成したパンフレットをご自宅にお届けします。

商品価格 5,500円(税込・送料込)
■サイズ:A4/タテ297mm x ヨコ210mm(予定)
■ページ数:72ページ(予定)
※サイズ・ページ数は変更になる可能性がございます。

【ご注文受付期間】 
2022年3月23日(水)~2022年5月8日(日)
※2022年6月中旬~下旬にお届け予定

詳細はこちら
https://marysblood.futureartist.net/news/342250


Creek MONO Cases
Heritage 春畑道哉 Dean Icon
新山詩織 Orange Artist Combo Orpheus Valley Guitars
Kamaka TUBE Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty