ここからの4曲は、アニメ『BanG Dream!』シリーズ、そしてスマートフォン向けゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』に登場する他のバンドのカバー曲だ。これを楽しめるのも、RASのライヴの醍醐味のひとつ。

『ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ!』(ハロー、ハッピーワールド!)では客席のペンライトはハロハピカラーの黄色に。怪盗と探偵の追いかけっこを歌った、まるでおもちゃ箱をひっくり返したような楽しげで可愛らしい曲だが、実はリズムが複雑で難易度の高いナンバー。RASのイメージとは正反対ともいえる雰囲気だが、これをそつなくこなすのは流石RASといったところ。

『Don’t be afraid!』(Glitter*Green)でペンライトのカラーはグリーンに。
アニメ第1期の劇中歌で、以前から人気の高かった爽やかなナンバーだ。パレオのキラキラしたピアノサウンドや、マスキングの軽やかで疾走感あふれるドラム、レイヤの瑞々しく優しいボーカル、そして大サビでのレイヤとチュチュとのハモリがとても心地よい。

『Y.O.L.O!!!!!』(Afterglow)、ペンライトカラーは赤。
トリッキーなギターリフのイントロから始まり、エネルギッシュな王道ロックサウンドが楽しめるノリノリのナンバー。レイヤ以外のメンバーのコーラスを随所で楽しめる。

メンバー同士が演奏中にお互いを見ながら楽しそうに笑いあう様子が、Afterglowの世界観とリンクして見えた。

スポットライトに照らされたパレオが、スローなオルゴールサウンドでソロを奏で、そこから曲が始まる。『もういちど ルミナス』(Pastel*Palettes)、客席のペンライトはピンクに。
しっとりとしつつ、かつ爽やかな、アイドルユニットのパスパレらしいナンバー。優しく歌い上げるレイヤ、その歌唱力の守備範囲が広いことをあらためて実感した。

ここからはまたRASの曲に戻る。技巧的なピアノソロから始まるのは『Takin’ my Heart』だ。RASの曲の中では珍しいドラマティックなスローチューン・ナンバー。うつろに遠くを眺めるような表情を見せるマスキングが印象的だった。どこかミステリアスでダークな曲で、観客たちの心をRASの世界観のより深い部分へと引き込んだような気がした。しかしながら間奏ではメンバーの激しいヘドバンを見ることも出来る。

会場が暗転し、まるでDJが魅せるノンストップ・ミックスプレイリストのようなBGMに合わせて、レーザー演出が会場を彩る。観客は休むことを知らず盛り上がり続けている。

「回せぇぇぇ!!!」(チュチュ)

疾走感あふれるアップテンポ・ナンバー『Invincible Fighter』は、サビではタオルを頭上でぶんぶん回したり、「Fight」の歌詞に合わせてジャンプしたりと、全身で楽しめる一曲だ。大サビで転調しメンバー5人の顔がディスプレイに大きく映し出されると、会場がより一層湧き立った。

ジャムセッションが始まり、響く鋭く重いリフ、チュチュのファンキーなディスクスクラッチと、ギターを巧みに操りトリッキーなスクラッチサウンドを奏でるロックとの“バトル”は見応え抜群だ。

さらに咆哮のようなロックのギターソロ、地を震わすようなマスキングの激しいドラム、テクニカルなシンセサイザーのリードサウンドで魅せるパレオ、低く唸る凶悪なディストーション・サウンドでベースを奏でるレイヤ…そして我を忘れたかのような激しいヘドバン。

「Please, choose! HELL! or HELL?」(チュチュ)

ジャムセッションから続く形で始まるのは『HELL! or HELL?』、セットリストの中でも特に観客のテンションが爆上がりする、ライヴで聴きたいアガるナンバーだ。チュチュの挑発的かつメッセージ性の強いラップが前面に押し出され、さらにDJテーブルに足をかけ「I’ll never die! I’ll never die! I’ll never die!」の部分では激しいヘドバンの合間にレイヤのパンチの利いたパワフルなロングシャウトが一層際立つ。

MCを経てメンバーがステージセンターに集まると、ヘヴィなジャムがはじまる。『SOUL SOLDIER』は、2019年12月にLINE CUBE SHIBUYAで行われた「THE CREATION~We are RAISE A SUILEN~」で初公開されたばかりの未音源化ナンバーだ。5弦ベースと7弦ギターを絡めた激しくヘヴィなリフがクールかつダークな雰囲気で、今までのRASには無かった曲調で新たな魅力を見せてくれた。

エモーショナルなキーボードリフから始まるのは『激動』。ライヴも後半に差し掛かったところで再びカバー曲をはさんできたが、この曲順に全く違和感が無いくらいRASの世界観に最もマッチしたカバーではないだろうか。「oh fight!」のコーラス部分では、観客も一緒に拳を掲げて声を上げる。

観客がリズムに合わせクラップを始め、チュチュがターンテーブルとサンプラーを駆使したテクニックを披露し『EXPOSE ‘Burn out!!!’』が始まる。この曲はアニメ「BanG Dream! 3rd Season」の本編の中でMVが作られたこともあり、“ キャラクターとリアルライブがリンク”するバンドリ!の醍醐味を最も感じられたナンバーだった。2番の最中に前方から紙吹雪のようなものが舞ってきた…なんとRASのキャラクターが描かれた紙幣だ(もちろん模造)。なんてバブリーな光景。

曲が終わると、ここで新情報が発表された。なんと、バンドリ!初の舞台化。観客の予想を大きく超えてきたに違いない。新しいものを次々と生み出していくバンドリ!にますます期待が増していく一方だ。

「お前ら全力でかかってこれるか!今日一番の声、出せるか!思いっきり暴れなさい。」(レイヤ)

大トリを飾るのはもちろん、RASの代表曲『R・I・O・T』だ。最も時間と回数を重ねてきた曲ということもあって、パフォーマンスがさらに熟成されてきている。5人の各楽器のサウンドの粒をしっかりと感じられ、それぞれの美味しいところが存分に楽しめる演奏だった。ラストの大サビで銀テープが宙に舞う。最後にメンバー4人にハイタッチして回るロック。観客に向けて礼をする5人の表情はひかり輝いている。それに応えるように客席は止まない大歓声に包まれる。

とにかく「あっという間」だった。RASの熱いパフォーマンス、そして観客たちの熱気…今日の寒さをものともしない、そんなライヴになっていた。

会場を後にする観客たちが、興奮冷めやらぬ様子でRASの曲を歌って盛り上がっていたのがとても印象的だった。

アニメ第3期の本編内でもいよいよ本格始動したRAS、盤石な実力を武器にますます進化していくに違いない。これからさらに、彼女たちの音楽が世界へと憑依していくのを見届けるのがさらに楽しみになった。

文:佐々木雅晃
Photo:福岡 諒祠、畑 聡
©BanG Dream! Project

《SET LIST》
  1. 1.DRIVE US CRAZY
  2. 2.A DECLARATION OF ×××
  3. 3.UNSTOPPABLE
  4. 4.ヒトリノ夜
  5. 5.1/3の純情な感情
  6. 6.ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ!
  7. 7.Don’t be afraid!
  8. 8.Y.O.L.O︕︕︕︕︕
  9. 9.もういちど ルミナス
  10. 10.Takin’ my Heart
  11. 11.Invincible Fighter
  12. 12.HELL! or HELL?
  13. 13.SOUL SOLDIER
  14. 14.激動
  15. 15.EXPOSE ʻBurn out!!!ʼ
  16. 16.R・I・O・T
BanG Dream!

“BanG Dream! Special☆LIVE Girls Band Party! 2020” 2020年5月3日(日)メットライフドームにて開催!
BanG Dream!プロジェクト史上初となる6バンド総出演ライブをメットライフドームにて開催決定!
◆出演
Poppin’Party/Roselia/RAISE A SUILEN/Afterglow 美竹蘭役 佐倉綾音/Pastel*Palettes 丸山彩役 前島亜美/ハロー、ハッピーワールド! 弦巻こころ役 伊藤美来

◆ライブ・ビューイング実施決定!

そのほか詳細は順次公式HP内のイベントページにて公開いたします。
https://bang-dream.com/events/gbp2020

RAISE A SUILEN主演のBanG Dream!初となる舞台が上演決定! ◆公演名:We are RAISE A SUILEN〜BanG Dream! The Stage〜
◆日程:2020年7月15日(水)~19日(日) 全9公演
◆会場:天王洲 銀河劇場
◆主催:株式会社ブシロードミュージック、株式会社劇団飛行船
◆原作:月刊ブシロード連載「RAiSe! The story of my music」
漫画:しいはらりゅう ストーリー原案:中村航 脚本:綾奈ゆにこ 演出:松多壱岱

◆キャスト
レイヤ:Raychell、マスキング:夏芽、パレオ:倉知玲鳳、ロック:小原莉子、チュチュ:紡木吏佐、花園たえ:大塚紗英 and more …

◆最速先行抽選実施
1月22日(水)発売のRAISE A SUILEN 4th Single「DRIVE US CRAZY」に最速先行抽選申込券を封入!
受付期間:2020年2月12日(水)18:00~3月21日(土)23:59

公演詳細はこちら:https://bang-dream.com/ras_2020


Martin Style41 SGZ The Realist RV5PeA SGZ Sheelan
Black Smoker Orange MONO Cases Dean Guitars
Techra Drum Sticks Legator S7G Cobra JS7