日向秀和

Lakland SL44-60/R Hinatch

Lakland SL44-64/R Hinatch

Lakland SL44-64 PJ

Lakland SL44-60/R Hinatch

Lakland SL44-64/R PJ Hinatch

Laklandの自身のシグネチャーモデルを曲に応じてJBタイプ、PBタイプ、PJタイプのアクティブと使い分けていた日向。

アンプはJule Amps Monique 700(ヘッド)とOrangeのOBC410&OBC115(キャビネット)の組み合わせで、サブとしてOrange 4-Stroke 500ヘッドも用意されていた。DIはPalmer PDI-CTC。

足元のエフェクトボードは、 ( 1 ) Free The Tone ARC-3と ( 2 ) 同社製 ARC-53Mの2つのプログラマブルスイッチャーを基調にしたシステムで、ボード内のペダルは ( 3 ) Digitech Bass Whammy(ワーミーペダル)、 ( 4 ) Subdecay Prometheus DLX(エンベロープ・フィルター)、 ( 5 ) Earthquaker Devices Palisades(オーバードライブ)、 ( 6 ) Subdecay Proteus Hinatsch Edition(エンベロープ・フィルター)、 ( 7 ) KORG DT-10(チューナー)、 ( 8 ) BOSS BB-1X(オーバードライブ)、 ( 9 ) Free The Tone Tri Avatar TA-1H(コーラス)、 ( 10 ) MXR M82 Bass Envelope Filter(エンベロープ・フィルター)、 ( 11 ) Aguilar Octamizer(オクターバー)、 ( 12 ) One Control Crimson Red Bass Preamp(プリアンプ)、 ( 13 ) Copilot FX Orbit Fuzz(ファズ)、 ( 14 ) Free The Tone Flight Time FT-1Y(ディレイ)、 ( 15 ) Darkglass Microtubes B7K Ultra(DI/プリアンプ)、 ( 16 ) Darkglass Super Symmetry(コンプレッサー)、 ( 19 ) TECH21 Sansamp Bass Driver DI(DI/プリアンプ)がずらりと並んでいる。ボード内の電源( ( 17 ) PT-1D/ ( 18 ) PT-3D)と入出力を担うジャンクションボックス( ( 20 ) JB-41)はFree The Tone製。

次ページ» 楽器テクニシャンスタッフにインタビュー

Nothing’s Carved In Stone

Digital Single『Dear Future』Now On Sale!!

Digital Single『Dear Future』
2024.02.02 Release

結成15 周年を迎えたNothingʼs Carved In Stone が新たにワーナーミュージックとタッグを組んでDigital Single をリリース!
来たる武道館公演へ向けてライブアンセムが完成!

▼DL&Streaming
https://ncis.lnk.to/DFT


Larrivee MONO Case
BlackSmoker_BM_MISA BS FUJI 聖飢魔II&DHC
LOVEBITES digimart DIXON