今、不確かな未来が、どんどん鮮明な姿として形を成している。Morfonica ZEPP TOUR 2023「forte」東京公演ライブレポート

東名阪のZEPP HALLを舞台に行ったMorfonicaの単独ツアー「Morfonica ZEPP TOUR 2023「forte」」。そのファイナル公演が、10月5日(木)にZepp Hanedaで行われた。”forte”とは、”力強く”という意味を持つ音楽用語。デヒューから3年。なぜ、彼女たちがこの言葉を掲げてツアーを行ったのか、その意味をここへ記そう。

開演前から、場内には異様な熱気が立ち込めていた。異様と言っては失礼か。開演を待ちきれずに、流れるBGMに合わせて声を張り上げ、手を叩く人たちが場内のあちこちにいた。それだけみんなが、今か今かと期待を胸にMorfonicaの登場を待っていた。BGMの音が上がるのに合わせ、沸き上がる歓声。そう、その声を5人も待っていた。

Vocal 進藤あまね(倉田ましろ役)

厳かで幻想的な音色が場内を包み込む。瞬く無数のストロボライト。やがて、ゆっくりとメンバーが舞台へ姿を現した。直田姫奈(桐ヶ谷透子役)の奏でるギターの音色が優しく響く中、激しい音を重ねながら、その音の連なりは次第に形を成してゆく。力強くも優雅な演奏だ。「みんなの声がわたしを強くする」とボーカルの進藤あまね(倉田ましろ役)が語った言葉を合図に、Morfonicaは『Sonorous』を奏でだした。とても美しく、でもスケールの大きな景色を描き出す楽曲だ。心地よく身体を揺らし、音を奏でる演奏陣。進藤あまねの大きく手を振る動きに合わせ、場内中の人たちも手を大きく左右に振り、彼女と、いや、舞台の上のメンバーたちと気持ちを同調してゆく。心の中のカンバスへ、麗美で耳心地の良い音と歌声が彩り豊かなグラデーションを成して塗り重なる。間奏では、フロア中から熱い声が飛び交う場面も。なんて心地よい音と歌声だろう。

Guitar 直田姫奈(桐ヶ谷透子役)

直田姫奈のギターが唸りを上げるのを合図に、演奏陣が熱い音を瞬時に重ねだす。『寄る辺のSunny, Sunny』の登場だ。曲が進むごとに、フロア中から沸き立つ声がどんどん熱を帯びだす。その熱を全身で感じながらも、メンバーたちは気持ちを軽やかに弾ませ、舞台の上から「一緒に羽ばたこう」と言うかのように優しく誘いの手を伸ばしてきた。心が華やぎだす。彼女たちが与えてくれた歌の翼を心の中ではためかせ、ともにここから羽ばたきたい。いや、すでに気持ちの中では、一緒に天空を駆けめぐる気分でいた。

MCでは、みんながキャラクターとして語りだす。だからこそ、「バンドリ!」の世界へ気持ちを投影しながら楽しめる。

mika(二葉つくし役)のドラムビートに乗せ、直田姫奈チームと西尾夕香(Bass/広町七深役)チームに分かれ、観客たちと一緒に「I can do」「We can do」と声を掛け合いだす。 そして、直田姫奈のギターがザクザクとした音を掻き鳴らすのに合わせ、『カラフルリバティー』がスタート。疾走し躍動する演奏ながら、Ayasa(八潮瑠唯役)のバイオリンの音色が雄大な景観を響かせるからだろう。楽曲は、スケール大きなドラマを描くように熱を膨らませ続ける。その上で歌う進藤あまねの声が、胸に心地よい歌の風を吹かせる。ベースの西尾夕香が、ひと際高い台の上で流麗なプレイを見せる様も印象的だった。

Bass 西尾夕香(広町七深役)

キラキラとした眩しい音を振りまきながら、楽曲はさらに勢いを増して駆けだした。さぁ、『One step at a time』に乗せて力強くクラップをしながら、一緒に素敵な未来の景色をここに描きだそう。フロア中で揺れる無数の煌めくペンライト(観客たち)に向けて手を振りながら歌う進藤あまねの姿も、フロアからは眩しく見えていた。彼女の歌へ共にかけあいながら、 もっともっと一緒に煌めきたい。舞台の上の5人も眩しいが、この場にいると、観客たちの一人一人もまばゆい光を共に手にしていける。その不思議なパワーを、Morfonicaのライブは与えてくれる。終盤には「One step at a time~」と、みんなで合唱してゆく場面も登場。この一体感が、嬉しく胸を騒がせた。

「待ちに待った その光は どんなものよりも美しかった」と進藤あまねが歌いだす声を合図に、『Secret Dawn』へ。とても親しみやすいのに、この曲も、演奏が進むごとにスケールを増す楽曲だ。ただ雄大さを描き出すだけではなく、彼女たちに優しく抱きしめられているような温かさを覚える。Morfonicaの楽曲は、どれもがそう。スケールは大きいのに、身近な親しみやすさを感じられる。それは、彼女たち自身の性格が音に映し出されているからだろうか。

MCでは、ツアーを振り返ってのトークを開始。大阪公演は激熱なセトリを用意。MCでは、「なんでやねーん」とツッコミを見せていたことを語っていた。名古屋では「ひつまぶしチーム」と「手羽先チーム」に分かれて観客たちと楽しんだことや、大阪と名古屋の美味しい物リストを作成したことをmikaが発表していた。

Violin Ayasa(八潮瑠唯役)

「光を望んで変わっていく」と語る進藤あまねの声を受け、Ayasaの幽玄なバイオリンの旋律が踊りだす。演奏は、『fly with the night』へ。この曲ではAyasaのバイオリンの音色が進藤あまねの歌う声に寄り添いながら、優美で壮麗な音色声を響かせていた。歌詞に綴られた思いへ寄り添うように歌う進藤あまねの感情的な声に合わせ、フロア中の人たちの腕やペンライトの光がシンクロするように揺れ動く。『fly with the night』を通してMorfonicaが幽玄な音のシンフォニアを描きだした。

続く『ALIVE』でも、進藤あまねとAyasaの歌声と演奏がシンクロしながら物語を紡ぎだす。心に炎が沸き立つと言えば良いだろうか、胸の内を熱く騒がせる歌声と演奏だ。優雅なのに熱を抱いた演奏と進藤あまねの力強い歌声が、気持ちを熱く沸き立てる。優しく笑みを浮かべながら演奏していたメンバーたちの姿も、嬉しい。

力強く宣言するような進藤あまねの歌声から、『Nameless Story』へ。演奏と歌声が巧みにシンクロしながら、身体中から滾る熱をどんどん膨らませる。心地よい緊張感を抱きながらも、パワフルな演奏に気持ちを押されていた。舞台の上では、楽器陣が巧みに身を寄せ合いプレイする場面も披露。五身一体化した演奏が、嬉しく心を騒がせる。ヒリヒリとした歌声と演奏に刺激を受けたフロア中の人たちが、力いっぱい腕やペンライトを揺らしだす。熱情したこの景色が、さらに胸を熱く掻き立てる。

フロア中の人たちの感情をもっともっとメラメラに燃やそうと、Morfonicaは『メランコリックララバイ』を突きつけた。演奏が進むごとに、激しさと熱情が増してゆく。誰もが胸に熱い炎をメラメラと燃やし続けていた。上がり続ける熱、もっともっと心をメラメラに燃やし尽くしたい。

ここからもっともっとアガっていくぞと、メンバーらは、今回のツアーでは初披露となる新カバー曲の『祝福』をぶつけてきた。サビ歌始まりの楽曲だ。彼女たちは、強烈なエナジーを秘めた演奏を少しずつ解き放ちながらサビ歌を通してスケールの大きな世界を描きだし、激しくも雄大な演奏で観客たちのハートに熱狂と興奮というエナジーを一気に注ぎ込む。ドラマチックでメロディアス、でも、激しくも雄々しき楽曲だ。巧みに緩急をつけながらも、この曲でも観客たちのハートにずっと火を焚きつけ続けていた。

心に炎を焚きつけるという点では、続く『Nevereverland』もそう。心地よい緊張感を抱いた歌声と演奏に触れた途端、身体中へ感電しそうな衝撃が巡りだす。熱情した歌と演奏の嵐に巻き込まれるまま、ただただ我を忘れて興奮の声を張り上げ続けていたい。その衝撃を、Morfonicaが目の前で与えているのだ、声を張り上げずにいられるわけがない。

ライブも終盤へ。Ayasaのバイオリンと演奏陣が重厚な音のアンサンブルを描き出す。その上で、進藤あまねが雄々しい声を張り上げだす。『flame of hope』では、メンバーと観客たちが燃え盛る思いをすべて解き放つように「Wow wo wow」と声を張り上げ、共にこの会場に熱情した壮大な景観を描きだしていった。燃え盛るこの興奮と高揚が、身体を燃やし尽くしてしまいそうだ。だから5人に向かって声を張り上げ、身体を揺さぶりながら、熱情した魂をすべて解き放っていった。

これからもみんなと手を繋ぎながら、この5人で輝く景色へ向かって力強く羽ばたいていきたいと思います」。メンバーの感想の言葉を挟み、ライブは最後の曲へ。

Drums mika(二葉つくし役)

「わたしたちは羽ばたき続ける」と語った進藤あまね。彼女の「La la la la la…」の声の響きを合図に、荘厳シンフォニックな『誓いのWingbeat』へ。荒ぶる演奏の上で、5人と共に燃えたぎる感情をさらに沸き立て、ここから高く高く未来へ向かって羽ばたこうと。ここへ集った仲間たちの心の手をすべて握り、5人は歌声と演奏の翼を広げ、その先の景色へ向けて一緒に羽ばたきだした。天空から舞台の上へ舞い降りる無数の白い羽根。それは、ここにいる一人一人が羽ばたいたときに身から振り落とした白い羽根たちにも見えていた。

アンコールは、進藤あまねの歌声へ4人の演奏が優しく寄り添うように始まる『Ever Sky Blue』からスタート。曲が進むごとに、胸に熱い熱い思いが込み上がる。彼女たちは歌っていた「私たちは信じてる この物語を」と。Morfonicaの綴る物語は、まだまだページの途中だ。でも、ページをめくるたびに胸を踊らせる物語の一場面を目の前で見せてくれるからこそ、次のページをめくりたくなる。1枚1枚のページを一緒にめくりながら、共にその物語へ思いの筆を書き加えたい。だから、これからも歌い続けてほしい。

MCでは、「このツアーを通してみんなとライブを作り続けてきた」ことを、銘々の言葉で語っていた。「このツアー中、みなさんに火をつけられていたモニカだった」(Ayasa)の発言は、それぞれの会場に足を運んだ人たちには嬉しい言葉として響いていたのではないだろうか。

最後に届けたのが、Morfonicaの始まりを告げた『Daylight –デイライト- 』。高く響き渡る直田姫奈のギターの音色、そこへ優雅に絡みあうAyasaのバイオリン。さらに他の演奏陣が加わり、一瞬のブレイクへ。そこからが本当に超絶エモーショナルだった。フロア中から、この会場を震撼するほどの絶叫が轟き渡る。優雅さを持って、華麗に夜明け(未来)へと駆け上がるように突き進む歌声と演奏。フロア中の誰もが、力いっぱい手を伸ばし、舞台の上からあふれでる歌声と演奏を受け取り、胸の内でギュッと抱きしめていた。彼女たちは、「不確かな未来へと 予感だけを握り締め」と歌っていた。でも今、不確かな未来が、どんどん鮮明な姿として形を成している。確かに今は、まだ霞のかかった姿かも知れない。でも、5人が夢見ることをやめない限り、その景色はどんどん明瞭な姿を見せてゆく。そう、何度も、何度でも。次にMorfonicaが見せてくれるその景色の便りを、今は楽しみに待っていたい。

PHOTO:ハタサトシ
TEXT:長澤智典
©BanG Dream! ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

《SET LIST》
  1. 1.Sonorous
  2. 2.寄る辺のSunny, Sunny
  3. 3.カラフルリバティー
  4. 4.One step at a time
  5. 5.Secret Dawn
  6. 6.fly with the night
  7. 7.ALIVE
  8. 8.Nameless Story
  9. 9.メランコリックララバイ
  10. 10.祝福
  11. 11.Nevereverland
  12. 12.flame of hope
  13. 13.誓いのWingbeat
  14. EN1.Ever Sky Blue
  15. EN2.Daylight -デイライト-
Morfonica

Morfonica ミニAlbum「forte」Now On Sale!!

Morfonica ミニAlbum「forte」が2023年12月6日(水)にリリース。
Blu-ray付生産限定盤にはBanG Dream! 10th☆LIVE DAY2 : Morfonica「Reverberation」のライブ映像が収録。
また、初回限定分には2024年4月14日(日)開催 Morfonica Concept LIVE「forte」の最速先行抽選申込券が封入されています。
 詳細はこちら
https://bang-dream.com/discographies/3528

Morfonica Concept LIVE「forte」開催決定!

公演名:Morfonica Concept LIVE「forte」
日程:2024年4月14日(日)
会場:Zepp DiverCity(TOKYO)
出演:Morfonica

チケット販売情報
2023年12月6日(水)リリース Morfonica ミニAlbum「forte」に最速先行抽選申込券を封入。

詳細はこちら
https://bang-dream.com/events/morfonica_forte2024


Larrivee MONO Case
BlackSmoker_BM_MISA BS FUJI 聖飢魔II&DHC
Zemaitis Chay LOVEBITES digimart
DIXON Orange×ひなっちFOLDING CHAIR Fishman Loudbox Micro