写真:hiromu inoue、kota aoki 取材・文:田山雄士

ガールズロックバンドのfleufleu(フルフル)が、3月19日(土)に東京・代官山UNITでワンマンライブ「fleufleu Presents We Live As One 2022 Canaco Birthday SP & fleuraison Release Tour Pre-party」を開催した。

Canaco(Vo&Gu)

本公演はタイトルどおり、3月16日にバースデーを迎えたCanaco(Vo&Gu)の生誕祭と1stアルバム『fleuraison』リリースツアーのプレパーティーを兼ねたスペシャルなワンマン。会場入口にファンからの花が飾られていたりと祝福ムードが漂う中、彼女たちの名刺代わりのシングル曲『薔薇』からライブが始まれば、早くもフロアに歓喜の手拍子があふれ出す。そのリアクションを受け、凛とした声で歌う主役のCanacoをはじめ、いい笑顔を見せる4人。Mimori(Dr)、Ayano(Ba)、Kaho(Gu)の順で各自のプレイにスポットが当たる間奏のアレンジも鮮やかに決まった。

Kaho(Gu)
Mimori(Dr)
Ayano(Ba)

オーディエンスがジャンプして盛り上がり始めた『はじまりの瞬間』からは、ますます楽しいテンションが加速。センチメンタルなタッチの『夏の忘れモノ』までを爽快に駆け抜けてみせた。おそらく、昨年末の渋谷duo MUSIC EXCHANGE公演の成功、そしてアルバム『fleuraison』をリリースできたことが大きな自信になっているのだろう。アンサンブルに一段と磨きがかかって、曲がこれまで以上に力強く響いてくるし、バンドの結束も強まった印象を受ける。また、代官山UNITという初めての会場でも、ステージを楽しむ余裕が感じられるのがいい。

今日は雨で足元が悪い中、足を運んでいただき本当にありがとうございます! ワンマンライブということで精いっぱい準備してきたので、最後までfleufleuを堪能していってもらえたら嬉しいです」とCanacoが伝え、続いてはそんな雨の雰囲気にも合う『メリーゴーランド』を、照明をグッと落としつつ、幻想的なミラーボール演出とともにしっとりと披露。『マボロシ』では、Canacoのアカペラによる歌い出し、歌にやさしく寄り添う繊細かつスローなサウンドが後半でアッパーに展開するアレンジの妙に惹き込まれた。

次のブロックはCanacoをフィーチャーしたライブらしく、彼女が普段ソロで演奏している『吐息』『Candy』を、椅子ありのアコースティックセットで届けた。メンバー4人が横一列に並んで演奏するスタイルのほか、アコギの絡みやカホンの音色などduoのワンマンとはガラッと異なる耳当たりが新鮮。『Candy』のアレンジにUKインディっぽい軽やかさがあったのも、意外な側面が垣間見られた感じで楽しい。

今日はみんな、マスクが赤いんですね」「そう、ステージに出た瞬間びっくりしたー!」と、Canacoのイメージカラーを踏まえたファンの装いに驚くメンバー。「4人の衣装にもちょこちょこ赤を入れてます」と話したり、Mimoriがドラム台に乗っていつもよりも高い位置で叩いていることに触れたりと、中盤のMCはfleufleuのゆるっとしたキャラクターが伝わる時間に。

ライブ後半も圧巻のパフォーマンス!そしてアンコールでは…

fleufleu

We Live As One 2022 fleuraison Release Tour開催!ファイナルは8/11渋谷 CLUB QUATTRO!!

We Live As One 2022
fleuraison Release Tour
-finale-

8月11日(木祝)
渋谷 CLUB QUATTRO
Open 17:45 / Start 18:30

チケット詳細はこちら
https://w.pia.jp/t/fleu2-t/


naga guitars MONO Cases
Black Smoker Heritage DoraKitty
S7Gaoi AT Now For Ever Orange 穴見慎吾
つば九郎ウクレレ The Realist RV5PeA SGZ Laramidia
Orange Hinatch Sheelan Martin Style41 SGZ
G7th Capo DIXON
LUNASTONE MU-TRON Dean MYK