2021.5.30 ARGONAVIS LIVE 2021 JUNCTION A-G ライブレポート(後編)

最初はお金が目的だった。その気持ちは今も変わっていない。もう、こんなたくさんの人の前でライヴが出来てる。でも、Argonavisのみんなとならもっともっと大きくなれるって確信してる。掴み取るんだ、自分が選んだ道を」と語ったのは白石万浬(Dr/橋本祥平)だ。彼のセリフから繋がるように<掴みとれ!君が選んだ道>と歌う『AGAIN』を披露し、七星が「ここで一緒に手拍子お願いします!」とオーディエンスにハンズクラップを求め、『Starry Line』で会場をひとつにした。そして、桔梗の美しい鍵盤の音色から始まる『Y』を優しく歌い上げると、会場は拍手に包まれた。すると、的場航海(Ba/前田誠二)が「兄さんに影響されたベース、少しは上達したかな?きっとまだ僕の事弟としか見てないよね。僕はArgonavisのベース、見ててよ兄さん!この四弦でArgonavisの音楽を奏でる」と実の兄であるGYROAXIAの里塚に向けてメッセージを届けた。

しかし、そんなことは意に介さない里塚は「旭 那由多、GYROAXIAの音楽を阻むものがいるならば、誰であろうと容赦はしない。新時代への宣戦布告だ。俺たちはさらなる高みへと向かう」とクールに吐き捨てると『BREAK IT DOWN』を披露。里塚と美園のヘヴィなツインギターもさることながら、GYROAXIAのボトムを支える曙と界川の息の合ったリズム隊も耳を引く。さらに、『LIAR』で会場をダンスフロアと化し、加えてラストスパートと言わんばかりに旭の凶暴なシャウトで幕を開ける『WORLD IS MINE』をお見舞いし、この日のラストナンバーとして『WITHOUT ME』を届けた。すべてを出し切った旭は「来いよ七星、お前の音楽聴かせてみろ」と七星に直接宣戦布告し、ステージをあとにした。

その言葉に対して、七星は言葉ではなくしっかりと自らの歌でその存在を証明してみせた。これが自分の歌だと言わんばかりに『ゴールライン』を高らかに響かせ、『星がはじまる』ではArgonavisらしい軽やかなポップネスを鳴らした。また、メンバー全員がボーカルをとった『VOICE』を経て、七星が「GYROAXIAのライヴ、凄かった。那由多くんはやっぱりすごいな。何度も彼らとぶつかって、僕らはここまで成長できました。でも、憧れてばかりじゃだめだ。これは僕たちの覚悟です」とラストナンバーをタイトルコールすると『JUNCTION』がこの日一番の熱量をもって放たれた。演奏後、拍手に包まれる中、はにかむ七星の清々しい表情がその達成感を物語っていた。

アンコールでは総勢10人の全キャストがステージに集合した。登場したメンバーからは本編中のバチバチ感はなくなり、演じる役から解き放たれ、リラックスした仲睦まじい場面を見ることができた。そして、各メンバーが一言ずつ挨拶をした頃にはすっかり日は落ち、「それでは最後にもう一曲だけ。このみんなで演奏させてください!」と『STARTING OVER』をプレイ。<負けられない相手はすぐそこにいる あきらめはしないまだ終わらない!覚悟決めた挑戦状!>と伊藤昌弘(七星 蓮役)と小笠原 仁(旭 那由多役)が向かい合ってお互いに向けて歌えば、ギターソロのシーンでは橋本真一(里塚賢汰役)と日向大輔(五稜結人役)が肩を並べてユニゾンしたのち、日向に対してサムアップする橋本真一の図からもお互いの関係性を見て取ることができた。5人の強烈な音がひとつの塊のようになって我々を襲うGYROAXIA、いくつもの星を繋いでひとつの星座になるように5人の音を繊細に紡いだようなAgonavis。アプローチの仕方は真逆だが、お互いをよきライバルと認め、これからも切磋琢磨していくのだろう。そして、そんな両者の健闘を讃えるように夜空にはたくさんの花火があがった。

取材・文:オザキケイト
©ARGP ©DeNA ©BUSHI

《SET LIST》
  1. 1.MANIFESTO/GYROAXIA
  2. 2.SCATTER/GYROAXIA
  3. 3.GETTING HIGH/GYROAXIA
  4.  
  5. 4.Stand by me!!/Argonavis
  6. 5.What-if Wonderland!!/Argonavis
  7. 6.Steady Goes!/Argonavis
  8.  
  9. 7.GET MYSELF/GYROAXIA
  10. 8.IGNITION/GYROAXIA
  11. 9.FAR AWAY/GYROAXIA
  12.  
  13. 10.AGAIN/Argonavis
  14. 11.Starry Line/Argonavis
  15. 12.Y/Argonavis
  16.  
  17. 13.BREAK IT DOWN/GYROAXIA
  18. 14.LIAR/GYROAXIA
  19. 15.WORLD IS MINE/GYROAXIA
  20. 16.WITHOUT ME/GYROAXIA
  21.  
  22. 17.ゴールライン/Argonavis
  23. 18.星がはじまる/Argonavis
  24. 19.VOICE/Argonavis
  25. 20.JUNCTION/Argonavis
  26.  
  27. ENCORE
  28. 21.STARTING OVER/Argonavis×GYROAXIA
アルゴナビス from BanG Dream!

GYROAXIA LIVE 2021 -火花散ル- 開催決定!

日程:2021年9月26日(日)
会場:Zepp Sapporo
チケット情報:7月14日(水)発売のGYROAXIA 2nd Single「WITHOUT ME/BREAK IT DOWN」に先行抽選応募申込券を封入
https://argo-bdp.com/live/gyro2021

Argonavis LIVE 2021 -きっと僕らは- 開催決定!

日程:2021年11月23日(火・祝)
会場:函館市民会館
チケット情報:7月14日(水)発売のArgonavis 5th Single「可能性/Stand by me!!」に先行抽選応募申込券を封入
https://argo-bdp.com/live/argo2021

アニマックスコラボカフェ開催決定!

「アルゴナビス from BanG Dream! AAside」
COLLABORATION CAFE powered by Animax Cafe+

開催店舗:Animax Cafe+(東京・原宿)
実施期間:2021/6/25(金)~7/25(日)
https://www.sweets-paradise.jp/collaboration/aaside

アルゴナビス Acoustic Tour 2021 –Autumn Session-開催決定

4月4日(日)~5月2日(日)開催されたアコースティックツアーが2021年秋さらにパワーアップして開催決定。
詳細は後日発表。
https://argo-bdp.com/live/aco_autumn

舞台「ARGONAVIS the Live Stage」11キャラが一堂に会するキーヴィジュアル公開!

舞台「ARGONAVIS the Live Stage」上演
大阪:2021年6月18日 (金)~20日(日) サンケイホールブリーゼ
東京:2021年6月23日 (水)~27日(日) シアター1010
出演:Argonavis / GYROAXIA / 摩周慎太郎役 輝馬
https://argo-ls.com/


Creek MONO Cases
Heritage Dean Icon Orange Artist Combo
Kamaka Orpheus Valley Guitars Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty