亜沙(Bass)使用楽器・機材紹介

Mayones Comodous 5

亜沙の使用ベースはポーランドの名門ブランドMayones製のカスタムメイド5弦ベースComodous 5 Custom。ボディはライトアッシュにフレイムメイプルトップで、バーズアイメイプル指板のポジションマークにはLEDが仕込んであり赤く点灯させることができる。スルーネック仕様で、ナットは耐久性を考慮してブラス製のものに変更されている。

こちらが亜沙のアンプ類。ヘッドは写真最上段のTecAmp Puma 500を使用し、サブとしてAshdown Rootmaster RM800もスタンバイされている。そして上記写真最下段がDIのAvalon Design U5だ。

アンプキャビネットはVanderkley Amplification neolite bass cabinet 210MNTを使用している。

こちらが亜沙のペダルボード。入力側から出力側へ順に、 ( 1 ) Shin’s Music Baby Perfect Volume Standard(ボリュームペダル)、 ( 2 ) EBS Micro Bass II(DI/プリアンプ)、 ( 3 ) EBS Multi Drive(ベース用オーバードライブ)、 ( 4 ) aguilar TLC Compressor(コンプレッサー)、そして ( 5 ) メーカー不明のブースターが接続されている。 このブースターは「ブースターなんですが、メーカーが不明になっています。ベースにも使えるけど、主にギター用なはずで、なんとなくレベルだけじゃなくトレブル持ち上がる感じしますね」(亜沙)ということだ。

ボリュームペダルのチューナーアウトからは ( 6 ) tc electronic polytune(チューナー)へも接続されており、ボードの電源は ( 7 ) Free The Tone PT-3Dが担う。ボード内の配線はすべてProvidence製のシールドケーブルが使用されていた。

山葵(Drums)使用楽器機材紹介

和楽器バンド

和楽器バンド、2年半振りとなるオリジナルアルバム『TOKYO SINGING』2020.10.14 Release!!

困難や逆境に負けない力、諦めない強さ
そして、何度でも立ち上がる勇気を…

TOKYOから世界の人々へ向けて贈る
今、和楽器バンドが音楽に込めた想い

商品詳細は『TOKYO SINGING』スペシャルサイトへ
https://sp.universal-music.co.jp/wagakkiband/tokyosinging/


naga guitars MONO Cases
Black Smoker Heritage DoraKitty
S7Gaoi AT Now For Ever Orange 穴見慎吾
つば九郎ウクレレ The Realist RV5PeA SGZ Laramidia
Orange Hinatch Sheelan Martin Style41 SGZ
G7th Capo DIXON
LUNASTONE MU-TRON Dean MYK