山葵(Drums)使用楽器・機材紹介

こちらが山葵のドラムセット。TAMA Drums S.L.P G-Bubinga(ブビンガシェル)のキットで、タムが10″と12″、フロアタムが14″と16″、バスドラムは22″。スネアにはLudwig LM400(アルミにクロームメッキを施した“ラディアロイ”シェル)が使用されている。また、左手側手前にはヴィブラスラップやスレイベルなどのパーカッションもセットされていた。

スティックはWincent製の山葵シグネチャーモデルW-WSBで、Pearl製のグリップテープTight Gripが巻かれていた。

ペダルはdw9000 XFのツインペダル。

シンバルは基本的にPaiste製でThe Paiste Signatureシリーズが多く使用されているが、右手側一番手前にはMeinl Byzance 20″ Dual Trash Crashシンバルがセットされている。ラインナップは左手側から順に(以下すべてPaiste製)、2002 Splash 8″、Signature Mellow Crash 16″、Twenty Custom Full Hats 14″、2002 Crash 17″、Signature Splash 8″、Signature China 18″、Signature Full Ride 20″、2002 Crash 18″、Signature Power Crash 18″、そして前述のMeinl Trash Crash 20″だ。

見た目にも大きなインパクトを与える銅鑼もPaiste製。『千本桜』で打ち鳴らされた。

また、今回写真撮影はできなかったが、「和太鼓ドラムバトル」ではdw Collector’sシリーズのキットが使用されていた。

2020.8.16 和楽器バンド真夏の大新年会2020 〜天球の架け橋〜 ライブレポート

和楽器バンド

和楽器バンド、2年半振りとなるオリジナルアルバム『TOKYO SINGING』2020.10.14 Release!!

困難や逆境に負けない力、諦めない強さ
そして、何度でも立ち上がる勇気を…

TOKYOから世界の人々へ向けて贈る
今、和楽器バンドが音楽に込めた想い

商品詳細は『TOKYO SINGING』スペシャルサイトへ
https://sp.universal-music.co.jp/wagakkiband/tokyosinging/


naga guitars MONO Cases
Black Smoker Heritage DoraKitty
S7Gaoi AT Now For Ever Orange 穴見慎吾
つば九郎ウクレレ The Realist RV5PeA SGZ Laramidia
Orange Hinatch Sheelan Martin Style41 SGZ
G7th Capo DIXON
LUNASTONE MU-TRON Dean MYK