村国貴裕(Guitar) 使用楽器・機材紹介

Fender Made In Japan Traditional 60s Jazzmaster Olympic White

日本製のジャズマスター。ヘッドにはFender Fatfingerが取り付けられている。

「半年程前にクロサワ楽器町田店でUSA製よりもネック周りの配慮が日本人に寄ったモノかつ軽量個体を求めた中から複数本試奏し購入、Regalplaceにてマイクロクラック加工、オーバーホールを行い、ブリッジをGuardianの特注品へ変更しピッチ感と鳴りを向上、ヘッドにFender Fatfingerを取り付けた事でjazzmaster特有の鳴りのデッドポイントを消して、サスティンを足しています」(村国)

Fender Stratocaster HSS

「10年程前に福生の横田基地脇のキャットロックという楽器屋で購入しました。ピックアップをGuardianのA-LUMINOUSへ変更、ネックの擦り合わせ、内部基盤の変更等多々手を入れています。ライブ当日はJazzmasterのサブとしてスタンバイしていました」(村国)

アンプはMarshall Origin 20ヘッドとOrange PPC112キャビネットの組み合わせ。

「今回PPC212のキャビ等も持参しましたが、会場の規模や低音の回り込みを懸念して1発のキャビへ変更、ワット数の低い20Wのヘッドと組み合わせる事により、キャビネットがしっかり揺れる音量まで鳴らしても周りとのバランスが担保出来る選択をしました。電源ケーブルは全てFURUTECH社製へ変更しています」(村国)

足元はLINE6 HELIX LT一台でまとめられていた。左側に置かれているのは譜面のページ切り替えに使用するIK Multimedia iRig Blue Turn

「今回はアンプで基本的に作った1つの音に対して各曲に組み合わせたプリセットを作成し使用ました。当日は使用しませんでしたが、ラインでの音出しや複数ギターの接続、デジタルの為細かな配線トラブルが無い事、スナップショット機能により音切れが無い等、あらゆる現場で瞬時にやりたい事が出来る対応力の高さが魅力的です。電源ケーブルはFURUTECH社製へ変更しています」(村国)

村国貴裕

撮影:秦瑛二

多田尚人(Bass) 使用楽器・機材紹介

近藤真由

近藤真由初のフルアルバム『ラストナイト』好評発売中!

シンガーソングライター/YouTuberとして活動する近藤真由初のフルアルバム。ふんわりした中に芯のある音楽観を感じさせる全8曲が収録!

各種配信サイトはこちらから
https://nex-tone.link/A00106448

近藤真由OFFICIAL ONLINE SHOP

CDや各種グッズの販売はこちら
https://kondomayu.booth.pm/


Larrivee MONO Case
BlackSmoker_BM_MISA BS FUJI 聖飢魔II&DHC
Zemaitis Chay LOVEBITES digimart
DIXON Orange×ひなっちFOLDING CHAIR Fishman Loudbox Micro