Gt.小原莉子(ロック役)使用楽器・機材紹介

Gt.小原莉子(ロック役)

Strandberg Boden J7 RAS LOCK -Caribbean Light Blue-

小原の使用ギターはこちらもコラボレーションモデルとして発売されているStrandberg Boden J7 RAS LOCK -Caribbean Light Blue-(7弦)とStrandberg Boden J6 RAS LOCK -Caribbean Light Blue-(6弦)がメイン。チューニングの違いやそれぞれのバックアップも含め下の写真のように合計8本ものStrandberg Bodenモデルがスタンバイされていた。

下の写真の下段の5本は、レギュラーチューニングにセットされた6弦のトレモロ付きモデルBoden J6 TR RAS LOCK、ドロップD、ドロップC#、ドロップCのチューニングにそれぞれセットアップされたBoden J6 RAS LOCK、上写真の7弦ギターBoden J7 RAS LOCK。上段の3本はバックアップ用で、レギュラーチューニングのBoden Original 6 TR、ドロップDのBoden Original 6、7弦のBoden Original 7

今回のライブでレギュラーチューニングのギターで演奏された楽曲は『HELL! or HELL?』『UNSTOPPABLE』『R・I・O・T』の3曲、ドロップDは『Invincible Fighter』と『OUTSIDER RODEO』、ドロップC#は『A DECLARATION OF ×××』と『!NVADE SHOW!』、ドロップCは『EXPOSE ‘Burn out!!!’』『EXIST』『mind of Prominence』『Takin‘ my Heart』、そして『SOUL SOLDIER』と『DRIVE US CRAZY』は7弦ギターで演奏された。

アンプはステージ上にセットされているのがMESA/Boogie Triple Crown TC-50ヘッドとMESA/Boogie 2×12 Rectifier Cabinet。バックステージにはMESA/Boogie Triple Crown TC-100ヘッドがセットされている。

( 1 ) ジャンクションボックス
( 2 ) D’Addario PW-CT-20(チューナー)
( 3 ) BOSS EQ-200(グラフィックイコライザー)
( 4 ) electro-harmonix Super Switcher(プログラマブルスイッチャー)
( 5 ) Digitech Drop(ドロップチューニングペダル)
( 6 ) electro-harmonix nano POG(ポリフォニック・オクターブ・ジェネレーター)
( 7 ) Mad Professor Sweet Honey Overdrive(オーバードライブ)
( 8 ) Mad Professor Forest Green Compressor(コンプレッサー)
( 9 ) electro-harmonix Bad Stone(フェイザー)
( 10 ) JHS Pedals Spring Tank Reverb(リバーブ)
( 11 ) BOSS DD-500(デジタルディレイ)
( 12 ) Fortin Roach(スプリッター)
( 13 ) Fortin ZUUL – BlackOut(ノイズゲート)
( 14 ) BOSS PS-6(ピッチシフター/ハーモナイザー)
( 15 ) Ernie Ball VP Jr(ボリュームペダル)
( 16 ) Custom Audio Japan AC/DC Station V(パワーサプライ)

機材撮影:小野寺将也
©BanG Dream! Project

Dr.夏芽(マスキング役)使用楽器・機材紹介


Creek MONO Cases
Heritage 春畑道哉 Dean Icon
新山詩織 Orange Artist Combo Orpheus Valley Guitars
Kamaka TUBE Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty