Ba:白井將人 使用楽器・機材紹介

Ba:白井將人

Fender Jazz Bass 1966

白井が使用するのは1966年製のヴィンテージ・ジャズベース。パドルペグ、ブロックインレイにバインディング入のネック、トランジションロゴというこの年代ならではの仕様だ。ヘッドにも塗装表面にウェザーチェックが入っておりこの楽器が重ねてきた年月を物語っている。

ALBIT B-450F

アンプはALBIT B-450Fヘッドを使用。キャビネットはAmpegのSVT-810E。また、ヘッドの上にはDI(ダイレクトボックス)としてRupert Neve Designs RNDIがセットされていた。

こちらが白井のエフェクトボード。信号は ( 1 ) SHURE GLXD6(ワイヤレスレシーバー)から ( 2 ) のジャンクションボックスへ。そこから ( 3 ) Lehle RMI BASSWITCH IQ DI(プリアンプ)に入り、このIQ DIのエフェクトループに ( 4 ) ZOOM B3n(マルチエフェクター)が接続されている。IQ DIからのアウトプットは ( 5 ) Vivie Clione(バッファー/ブースター)、( 6 ) Vivie Fenne Comp(コンプレッサー)、( 7 ) Vivie Rhinotes(オーバードライブ)を直列に通り、ジャンクションボックスのアウトプットへと繋がっている。また、IQ DIのチューナーアウトからは ( 8 ) KORG Pitchblack Advance(チューナー)へも接続されている。( 9 ) Vivie Clear Power – VI(パワーサプライ)は各ペダルへ電源を供給している。

シンセベースもプレイした白井。使用されたのはnovation製のアナログ・シンセサイザー Bass Station IIだ。

novation Bass Station II

こちらにはDIとしてPueblo Audio OLLA(ハイブリッドDIボックス)が用意されていた。

Photo:オチアイユカ @sadvacation5

Dr&Cho:片山僚 使用楽器・機材紹介

Halo at 四畳半

スペースシャワーTVにて特別番組が決定!

活動休止前最後のワンマンライブ「Good night,Good youth.」の模様と、当日の密着映像、貴重な後日インタビューを60分に凝縮してお届けします!

Halo at 四畳半 Live & Documentary ~Good night,Good youth.〜
放送日程:7/25(日) 23:00~24:00
http://sstv.jp/haloat4johan


naga guitars Sheelan Martin Style41 SGZ
Black Smoker Orange Hinatch 楽器談技
SILENT SIREN The Realist RV5PeA SGZ Laramidia
iCheck MONO Cases
G7th Capo Dean MYK
Heritage S7Gaoi DIXON
LUNASTONE MU-TRON DoraKitty