Gt&Cho:齋木孝平 使用楽器・機材紹介

Gt&Cho:齋木孝平

Fender Custom Shop Team Built Custom 1960 Stratocaster Relic

齋木の使用ギターはFender Custom Shopの2011年製のストラトキャスター。レリック加工が施されているが、購入時からさらに齋木自身が手を加えているそうだ。リアピックアップはSeymour Duncan Hot Railsへと変更されている。フロントピックアップもSuhr製のものに変更されているという。

Divided by 13 LDW 17/39 & 2×12 Cabinet

アンプはDivided by 13のLDW 17/39と同社製の2×12キャビネットを使用。その名の通り、Class A動作の17W(HALF)とCalss ABの39W(FULL)を切り替えて使用できるモデルだが、39W(FULL)側で使用されていた。

こちらが齋木のペダルボード。ジャンクションボックスもセットされているが、入力は直接 ( 1 ) Y.O.S Smoggy Overdrive(オーバードライブ)へと接続されており、これは常時ONで使用しているという。ここからプログラマブル・スイッチャーの ( 2 ) Free The Tone ARC-3に入り、他のペダルはこちらのループに接続されている。( 3 ) はARC-3のコントロールを拡張するFree The Tone EFS-4(拡張フットスイッチ)。ペダルは ( 4 ) Digitech Whammy(ワーミーペダル)、( 5 ) Vemuram Jan Ray(オーバードライブ)、( 6 ) Bogner Burnley(ディストーション)、( 7 ) SPF ego booster(ブースター)、( 8 ) strymon Time Line(ディレイ)、( 9 ) Electro-Harmonix POG2(ポリフォニック・オクターブ・ジェネレーター)、( 10 ) strymon Big Sky(リバーブ)が並ぶ。( 11 ) はチューナーtc electronic polytune mini、( 12 ) が先述したジャンクションボックスのFree The Tone JB-21 だ。

Photo:オチアイユカ @sadvacation5

Ba:白井將人 使用楽器・機材紹介

Halo at 四畳半

スペースシャワーTVにて特別番組が決定!

活動休止前最後のワンマンライブ「Good night,Good youth.」の模様と、当日の密着映像、貴重な後日インタビューを60分に凝縮してお届けします!

Halo at 四畳半 Live & Documentary ~Good night,Good youth.〜
放送日程:7/25(日) 23:00~24:00
http://sstv.jp/haloat4johan


naga guitars Sheelan Martin Style41 SGZ
Black Smoker Orange Hinatch 楽器談技
SILENT SIREN The Realist RV5PeA SGZ Laramidia
iCheck MONO Cases
G7th Capo Dean MYK
Heritage S7Gaoi DIXON
LUNASTONE MU-TRON DoraKitty