Gt&Cho:齋木孝平 使用楽器・機材紹介

Gt&Cho:齋木孝平

Fender Custom Shop Team Built Custom 1960 Stratocaster Relic

齋木の使用ギターはFender Custom Shopの2011年製のストラトキャスター。レリック加工が施されているが、購入時からさらに齋木自身が手を加えているそうだ。リアピックアップはSeymour Duncan Hot Railsへと変更されている。フロントピックアップもSuhr製のものに変更されているという。

Divided by 13 LDW 17/39 & 2×12 Cabinet

アンプはDivided by 13のLDW 17/39と同社製の2×12キャビネットを使用。その名の通り、Class A動作の17W(HALF)とCalss ABの39W(FULL)を切り替えて使用できるモデルだが、39W(FULL)側で使用されていた。

こちらが齋木のペダルボード。ジャンクションボックスもセットされているが、入力は直接 ( 1 ) Y.O.S Smoggy Overdrive(オーバードライブ)へと接続されており、これは常時ONで使用しているという。ここからプログラマブル・スイッチャーの ( 2 ) Free The Tone ARC-3に入り、他のペダルはこちらのループに接続されている。( 3 ) はARC-3のコントロールを拡張するFree The Tone EFS-4(拡張フットスイッチ)。ペダルは ( 4 ) Digitech Whammy(ワーミーペダル)、( 5 ) Vemuram Jan Ray(オーバードライブ)、( 6 ) Bogner Burnley(ディストーション)、( 7 ) SPF ego booster(ブースター)、( 8 ) strymon Time Line(ディレイ)、( 9 ) Electro-Harmonix POG2(ポリフォニック・オクターブ・ジェネレーター)、( 10 ) strymon Big Sky(リバーブ)が並ぶ。( 11 ) はチューナーtc electronic polytune mini、( 12 ) が先述したジャンクションボックスのFree The Tone JB-21 だ。

Photo:オチアイユカ @sadvacation5

Ba:白井將人 使用楽器・機材紹介

Halo at 四畳半

スペースシャワーTVにて特別番組が決定!

活動休止前最後のワンマンライブ「Good night,Good youth.」の模様と、当日の密着映像、貴重な後日インタビューを60分に凝縮してお届けします!

Halo at 四畳半 Live & Documentary ~Good night,Good youth.〜
放送日程:7/25(日) 23:00~24:00
http://sstv.jp/haloat4johan


Creek MONO Cases
Heritage 春畑道哉 Dean Icon
新山詩織 Orange Artist Combo Orpheus Valley Guitars
Kamaka TUBE Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty