Vo&Gt:渡井翔汰 使用楽器・機材紹介

Vo&Gt:渡井翔汰

Moon Reggae Master RM-DXII KN/R GO

渡井のエレキギターはMoon Guitars製のレゲエ・マスター。一見するとテレキャスタータイプに見えるが、マホガニーボディにP90タイプのピックアップを搭載したこの「レゲエ・マスター」はテレキャスターとはまた違う個性を持ち、40年近くに渡って親しまれてきたモデルだ。渡井の使用モデルはコリーナボディにゴールドパーツのレアな仕様の一本。

MATCHLESS DC30

アンプはMATCHLESSのコンボアンプDC30。きらびやかな高音に定評のあるマッチレスのフラッグシップモデルだ。

こちらが渡井のエフェクトボード。ボードへの入出力を担う ( 1 ) Custom Audio Japan In and Out(ジャンクションボックス)から入力された信号は ( 2 ) Proco RAT 2(ディストーション)を介して ( 3 ) BOSS ES-5(プログラマブル・スイッチャー)へ。このES-5の各ループにエフェクターが繋げられており、( 4 ) BOSS OD-1X(オーバードライブ)、( 5 ) BOSS BD-2(オーバードライブ)、( 6 ) MXR CSP233 micro amp+(プリアンプ)、( 7 ) BOSS DD-500(ディレイ)、( 8 ) Electro-Harmonix Cathedral(リバーブ)というラインナップ。また、チューナーアウトからは ( 9 ) tc electronic polytune(チューナー)が接続されている。ボード内のペダルへ電源を供給しているのは ( 10 ) Free The Tone PT-3Dだ。

また、渡井はアコースティックギターも演奏したが、使用されたのはMartin D-15M。

マイクスタンドに取り付けられていたピックはJim Dunlop Tortex Flex Standard 0.73mm(白)とJim Dunlop Tortex Standardの0.73mm(黄色)の2種。

Photo:オチアイユカ @sadvacation5

Gt&Cho:齋木孝平 使用楽器・機材紹介

Halo at 四畳半

スペースシャワーTVにて特別番組が決定!

活動休止前最後のワンマンライブ「Good night,Good youth.」の模様と、当日の密着映像、貴重な後日インタビューを60分に凝縮してお届けします!

Halo at 四畳半 Live & Documentary ~Good night,Good youth.〜
放送日程:7/25(日) 23:00~24:00
http://sstv.jp/haloat4johan


Creek MONO Cases
Heritage Dean Icon Orange Artist Combo
Kamaka Orpheus Valley Guitars Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty