2019.5.28@Zepp Namba “山本彩 2019年ソロツアー「I’m ready」” ライブレポート

山本彩

自身最大規模のライブハウスツアーで指し示した “新たな居場所”

 グループ卒業後、シンガーソングライターとして1stシングル『イチリンソウ』リリースに続き、初の試みであるライブハウスでのロングツアー『I’m ready』を行った山本彩。 ここでは、2019年5月28日 大阪公演2日目の模様をお伝えしよう。

 彼女の地元、大阪での公演はGibson Les Paulを弾きながら歌い始める『BAD DAYS』で幕を開けた。 その場にはアイドルではなく、ミュージシャンとしてのオーラを放つ山本彩を早くも感じた。 続いての『JOKER』ではイントロから待ってましたとばかりに、隙間のないオーディエンス全てが一体感に包まれる。

「さぁ、Zepp Osaka飛ばして行きますよ!!声聞かせてください全員!!」
反応するオーディエンスの大合唱と共に『スマイル』を歌いあげる姿はロックアーティスト山本彩である。

「先に一言だけ、大阪ただいま!!」
「来て良かったって、一人一人全員に思ってもらえるように精一杯、心から一曲一曲歌わせていただきたいなと思います」
そんな彼女の真摯な想いを『夢の声』の歌詞に乗せ、ファンに感謝を込め伝えている様に見えた。 いや、あの場にいた誰しもがそう感じていただろう。 今の山本彩にはその凄味がある。

 MCでは会場のファン一人一人に関西弁で語りかける様に話す。彼女が称する“どうでもいい話”をする姿はまさに“大阪の女の子”である。 屈託無く話し、場を和ませ、笑顔にさせる親近感も彼女の魅力の一つ“アイドル性”を再認識する。

 会場の和やかな空気に合わせ、草刈浩司のエレアコ、Ayasaのバイオリン、美しいピアノに交え『ひといきつきながら』をオーディエンスと大合唱し山本自身によるブルースハープで締める。

 彼女の楽曲のバリエーションは多く、このライブ中も様々な顔を見せてくれる。 そんな山本彩の代名詞のひとつがアコースティックギターでの弾き語りである。 静寂な空気の中、彼女の「相棒」Martin D-28を一人奏でて始まる『雪恋』に、吸い込まれる様に聞き入るオーディエンス。 先程までのバンドサウンドとはまた違ったアーティストのような一面を魅せてくれる。

 小名川高弘の美しいピアノの旋律から始まる『サードマン』ではAsamiとのツインボーカルに加え、感情が滲み出る様にAyasaのバイオリンとSATOKOのドラムが彩り、そして草刈浩司のギター、奥野翔太のベース共にメロディアスに華を添えていく。 すべてのパートが歌う様に重なっていくサウンドのこの曲は、バラードでありながら壮大で重厚感をも感じさせ、改めて各メンバーの演奏力、表現力の高さを実感させてくれた。

 続いて、新たな一歩を踏み出す彼女の1stシングルとなった『イチリンソウ』。 詞はもちろん、歌う表情から山本彩の芯の強さ、シンガーソングライターとしての今後の決意が伝わってくる。

「私と同じ環境に居る人達の心の支えになれる一曲になればいいな…」と、歌い終わった後に『イチリンソウ』に込めた、彼女自身の支えになる曲があるように、自身の歌もそうなっていって欲しいという素直な想いを静かに語ってくれたことが印象的であった。

「大阪まだまだ体力残ってますかっ!?」「最後までよろしく、ラストスパート行くぞ!」
オーディエンスを再び点火させ『ヒトコト』からヘビーチューン『喝采』へ。
MartinアコースティックギターD-15M Street Masterをイントロから搔き鳴らす様に弾き歌う「ロックでカッコいい山本彩」に会場のボルテージが上がる。
 会場の掛け声と混ざり合う切れ味の良いギターサウンド、彼女の歌声を支えるアコースティックギターの響きが、更に聞き手を何かに取り憑かれたような高揚感に浸らせるのに時間はかからなかった。そのピークは収まらず熱狂に包まれたまま『Let’s go crazy』『Are You Ready?』と続く。

「本当に最高に楽しかったです!」
「今日はホンマにありがとうございました!ラスト聞いてください『レインボーローズ』!!」
叫ぶ山本彩に大合唱で応えるオーディエンス、会場の一体感は演奏が終わる最後まで終わらないのである。

「メッチャ楽しかったです!ありがとうございました!!」
しかし、会場全体の熱は冷めることなく、間髪を入れずアンコールならぬ彩コールに包まれる。

「お待たせしました、アンコールありがとうございます!」「さすが大阪盛り上がってますねっ、すごっ」
大阪の熱気に幸せそうな表情を浮かべながら、MCでは今回のツアーの事や、小学生の時に文集に書いたという夢の話を静かにファンに語ってくれた。

 アンコールの『君とフィルムカメラ』では再びMartinアコースティックギターD-28をバンドを交え弾き語り、歌った。 同じアコースティックギターでも『喝采』等で使われたD-15M Street Masterと、曲調にギターの個性を合わせ使い分けるミュージシャンとしてのこだわりも感じさせる。

「必ずまた皆さんにとっておきの曲をお届けできる様に」と、これからのシンガーソングライターとして歩んで行く決意と感謝を伝え、ラストナンバー『メロディ』へ。

演奏後、終演を惜しむ会場の空気の中、オーディエンスの熱が再び上がる…
「あれ、なんか、みんなまだ元気みたい?」
そう尋ねると、今日一番の大歓声に!

「帰らなくて大丈夫なのか?」「もう一曲付き合えっ!!」
笑いながらも動揺するメンバー達と一ヶ所に集まりヒソヒソ話の様に演奏曲を決める姿が微笑ましい。

「燃え尽きましょうっ!」
そしてサプライズで本日2回目の『Are you ready?』!
スタートからサプライズのラストまで山本彩色に染め上げ地元大阪の夜は終幕した。

―終演後、オーディエンスが笑顔で帰る光景を見て思った。シンガーソングライター山本彩がこれから歩む道はこの笑顔の先にあるのだろう。この先、彼女がどの様な景色を見せてくれるのか、私自身も楽しみで仕方がない一人である。

取材・文:三原真言

《SET LIST》
  1. 1.BAD DAYS
  2. 2.JOKER
  3. 3.スマイル
  4. 4.夢の声
  5. 5.どうしてどうして
  6. 6.彼女になりたい
  7. 7.ひといきつきながら
  8. 8.雪恋
  9. 9.サードマン
  10. 10.イチリンソウ
  11. 11.ヒトコト
  12. 12.喝采
  13. 13.Let’s go crazy
  14. 14.Are you ready?
  15. 15.レインボーローズ
  16. EN1.幸せの欠片
  17. EN2.君とフィルムカメラ
  18. EN3.メロディ
  19. EN4.Are you ready?
山本彩

山本彩 3rdシングル2019.11.20Release!さらに12月にアルバムのリリースも決定! 2019年11月20日(水)にユニバーサルミュージック移籍第三弾シングルのリリースが決定!小林武史プロデュースの楽曲は山本彩が作詞、作曲を手掛け、 “当たり前の日常が無くなる、そしてそれが幸せだったと気付く瞬間を切りとった冬バラード”。
そして、全形態に収録されるカップリング曲にはSIRUPのサウンドプロデュースを手掛けるMori Zentaroを招いたミディアムビートな楽曲を収録。
通常盤のみ収録される楽曲は、カップリング曲お馴染みチームSYでレコーディングを行いヘビーサウンドな仕上がりになっています。
さらに12月にはグループ卒業後初のフルアルバムのリリースすることも発表されました!こちらの詳細は後日発表となります!

山本彩 LIVE TOUR 2019 ~I’m ready~ DVD/Blu-ray 10月16日(水)リリース! NMB48卒業後初のソロツアー「I’m ready」、2月から6月にかけて自身最多となる全国24都市27公演を完走!今作の舞台となる5月14日 Zepp Tokyo公演では新曲「イチリンソウ」を含む全18曲を披露。その全てが収録されています!

山本彩 2ndシングル「棘」好評発売中!! 2nd Single「棘」は、1st Single「イチリンソウ」に続き、山本彩が作詞・作曲を手掛け、アレンジと・プロデュースを根岸孝旨が担当。 山本彩自身がAcoustic Guitar,Vocal & Chorusを担当し、その他、Drums:Tatsuya (Crossfaith)、Bass:根岸孝旨、Electric Guitar:真壁陽平、Keyboards:本間昭光、Programming:飯田高広という豪華ミュージシャンが参加。
「棘」は、「普通じゃない?いや、普通ってなんだ」「性別・年齢そんなものはオプションにすぎない」等の歌詞が印象的な、「偽らず自分らしく生きて死んでいきたい」という山本彩の強いメッセージが込められている、この夏のフェスシーンで盛り上がる事必須のアッパーロックソング!


Martin Style41 SGZ The Realist RV5PeA SGZ Black Smoker
Orange Crush Acoustic 30 Orange Terro Stamp & Bass Butler MONO Cases Techra Drum Sticks
Dean Kerry King On Stage Stands S7G Cobra JS7