日向秀和(Bass)使用楽器・機材紹介

ひなっちこと日向の使用ベースはいずれもLakland製のシグネチャーモデルで、上の画像で使用しているのはLakland SL44-64/R PJ Hinatch。PJピックアップ・レイアウトで、アクティブEQを搭載したモデルだ。

こちらはPBタイプでマッチングヘッド仕様のLakland SL44-64/R Hinatch

そして、ライブレポートページでの写真でも手にしていたこちらのJBタイプがLakland SL44-60/R Hinatch。NCISのステージでは最も登場頻度の高い1本だ。

アンプはシグネチャーモデルのヘッドOrange 4 Stroke 500 LTD HINATCH “極”(サブを含め2台用意)と、キャビネットはOrange OBC410 & OBC115のスタック。アンプヘッドの上に置かれているのは真空管仕様のダイレクトボックスPalmer PDI-CTC

こちらが日向のペダルボード。前回取材時(4/20 LINE CUBE SHIBUYA)と比べると ( 14 ) の箇所が以前のCopilot FX Orbit Fuzz(フリーケンシー・モジュレート・ファズ)から 3 Leaf Audio Proton v3 (エンベロープフィルター)へと置き換えられていた。

( 1 ) Free The Tone JB-41(ジャンクションボックス)
( 2 ) Free The Tone ARC-3(プログラマブル・スイッチャー)
( 3 ) Free The Tone ARC-53M(プログラマブル・スイッチャー)
( 4 ) Subdecay Prometheus DLX(フィルター)
( 5 ) Digitech Bass Whammy(ワーミーペダル)
( 6 ) Subdecay Proteus Hinatch Edition(フィルター)
( 7 ) Earth Quaker Devices Palisades(オーバードライブ)
( 8 ) KORG DT-10(チューナー)
( 9 ) BOSS BB-1X(プリアンプ)
( 10 ) Providence Anadime Bass Chorus ABC-1HH “極”(コーラス)
( 11 ) EBS OctaBass(オクターバー)
( 12 ) Limetone Audio focus alumite color(コンプレッサー)
( 13 ) One Control Crimson Red Bass Preamp(プリアンプ)
( 14 ) 3 Leaf Audio Proton v3 (エンベロープフィルター)
( 15 ) panda MIDI Solutions Future Impact I.(ベースシンセ)
( 16 ) TECH21 Sansamp Bass Driver DI V2(DI/プリアンプ)
( 17 ) DSM Noisemaker Sub Atomic X-Over Cmos Bass Drive(オーバードライブ)
( 18 ) Providence VFB-1 Vitalizer FB(バッファ/ブースター)
( 19 ) Darkglass Microtubes B7K Ultra(プリアンプ)
( 20 ) Free The Tone PT-3D(パワーサプライ)
( 21 ) Free The Tone PT-1D(パワーサプライ)

PHOTO:RYOTARO KAWASHIMA

大喜多崇規(Drums)使用楽器・機材紹介

Nothing’s Carved In Stone

Digital Single『Dear Future』Now On Sale!!

Digital Single『Dear Future』
2024.02.02 Release

結成15 周年を迎えたNothingʼs Carved In Stone が新たにワーナーミュージックとタッグを組んでDigital Single をリリース!
来たる武道館公演へ向けてライブアンセムが完成!

▼DL&Streaming
https://ncis.lnk.to/DFT


Larrivee MONO Case
BlackSmoker_BM_MISA BS FUJI 聖飢魔II&DHC
LOVEBITES digimart DIXON