藤原基央 機材紹介

まずはツアーのメインとなる機材だが、ヴォーカル/ギターの藤原基央が使用するエレキギターはもはや説明不要のGibson レスポールスペシャルだ。

レスポールスペシャルにMatchless DC30という組み合わせは藤原基央の長年のアイコンとなっている。ライブ登場の際にステージに突き立てたレスポールを高々と掲げる仕草はルーティンとなっており「突き立てた旗を掲げる」「船出を告げる」姿のようで、会場が大いに湧き上がる。

Gibson Historic Collection ’60 Les Paul Special Reissue 2001

スペシャルはメインとサブ、カポ用の3本が用意されている。その他にはSONICのストラトモデルがセットされていた。

Gibson J-45

アコースティックに関してはGibsonのJ-45が2本(『話がしたいよ』でレギュラー3カポを使用)にはFishmanのピックアップが搭載。

Martin 00-15M

BFLYのツアーから使用されているMartinの00-15MはMartin純正のピックアップThinline Gold Plusが取り付けられており、カッティングシートでバンドロゴや2016年の“BFLY”以降の各ツアーロゴがあしらわれており既に弾き込んだヴィンテージの風格も漂う唯一無二の存在になっている。

Matchless DC30 & Honda Sound Works Amp
藤原の足元のボード。

増川弘明(Guitar) 使用楽器・機材紹介


naga guitars Sheelan Martin Style41 SGZ
Black Smoker Orange Hinatch 楽器談技
SILENT SIREN The Realist RV5PeA SGZ Laramidia
iCheck MONO Cases
G7th Capo Dean MYK
Heritage S7Gaoi DIXON
LUNASTONE MU-TRON DoraKitty