イシイトモキ(Guitar)使用楽器・機材紹介

Fender Standard Telecaster Maple Neck (CAR TINT)

イシイのエレキギターはFender Standard Telecaster。ブリッジは3連タイプのブラスサドルのものに交換されている。

―この楽器を選んだ理由やサウンド面での特徴や魅力、愛着の理由を教えて下さい。

イシイトモキ(以下、イシイ):高校生のときに出会ったギターでほぼ全てのパーツを改造してあり、弾きこんでいるうちに良い音になりました。

Martin GPC-16E

アコースティックギターはMartin製のエレアコギターGPC-16E。抜群の演奏性と確かな鳴りを誇るグランド・パフォーマンス・ボディサイズのカッタウェイ仕様というプレイアビリティに優れたモデルだ。

イシイ:バンドアンサンブルの中でちょうど良い位置にいてくれる点が気に入ってます。

アンプはFender製のチューブコンボアンプ、Fender Hot Rod Deluxe III

イシイのペダルボードがこちら。 ( 1 ) ~ ( 9 ) までのペダルは番号順にすべて直列に接続されている。( 11 ) はアコースティックギター用。

( 1 ) BOSS OC-5 Octave(オクターバー)
( 2 ) Jim Dunlop CBJ95 Cry Baby Junior(ワウペダル)
( 3 ) Nobles ODR-1 Natural Overdrive(オーバードライブ)
( 4 ) Fulltone OCD(オーバードライブ)
( 5 ) Proco RAT 2(ディストーション)
( 6 ) Zoom MS-70CDR(空間系マルチエフェクター)
( 7 ) MXR micro amp(プリアンプ)
( 8 ) tc electronic Polytune 3(チューナー)
( 9 ) BOSS DD-7 Digital Delay(ディレイ)
( 10 ) Vital Audio VA-08 Mk-II(パワーサプライ)
( 11 ) Fishman AURA Spectrum DI(プリアンプ/DI)

―気に入っているエフェクターやこだわりについて教えて下さい。

イシイ:癖が少ない機材を選択しています。お気に入りはRAT2。80年代くらいの物です。エフェクターはディレイを1番左に配置して、足でディレイレベルのつまみを操作できるようにしている点もこだわりです。

Photo:達川範一(B ZONE)

まきやまはる菜(Bass)使用楽器・機材紹介

新山詩織

新山詩織4th AL『何者 ~十年十色~』Now On Sale!!

2013年にメジャーデビューし、2023年デビュー満10周年を迎えた新山詩織。
一切の無駄を削ぎ落としたシンプルなサウンドで構成された前作から約一年三ヶ月。
10周年記念となる今作は、新山詩織節とも言える心に刺さる歌詞と情感溢れる歌声に加え、新山詩織のこれまでの作品の中でもっともラウドで鋭いギターサウンドと厚みのあるバンドサウンドが重なり合い、まさに10周年の活動の集大成とも言えるアルバムになりました。参加メンバーもこれまでに様々なジャンルの最前線でシーンを作ってきたミュージシャンに加え、次世代のミュージックシーンを担う新進気鋭のミュージシャンも豪華集結。様々な個性が折り重なる万華鏡のような作品が完成しました。

通常盤 (CD +フォトブックレット付き)
品番:JBCZ-9145
価格:¥3,300 (税込)
2023年7月5日発売


Larrivee MONO Case
BlackSmoker_BM_MISA BS FUJI 聖飢魔II&DHC
LOVEBITES digimart DIXON