Canaco(Vocal/Guitar)使用楽器・機材紹介

Ryoga Cicada-G2

CanacoのメインギターはRyoga製のホロウボディ、Cicada-G2。ボディディトップには木目の美しいライトアッシュ材を使用。ボディバックとネックにはマホガニー材を使用したアーチトップ・ホロウボディ設計となっている。ピックアップはフロント・リア共にRYOGA RH4DXを搭載している。木材とセットネック構造が相まってふくよかな中音域のサウンドが特徴。指板材のエボニーとボディカラーのトランスルーセント・パール・レッドのコントラストが美しい1本だ。ストラップはLEVY’Sブランドの”Blair Series”。コットンの生地にカラフルなバラの花があしらわれている。

アンプはRoland Jazz Chorus JC-120を使用。アンプの上に置かれていたピックケースにはMASTER 8 JAPAN INFINIXの1.0mmと0.88mmが用意されていた。

足元はチューナーと2つのドライブペダルに加え、新たにtc electronic製の多機能なディレイペダル ( 4 ) Nova Delayが追加されていた。ドライブペダルは、以前からメインの歪みとして愛用しているSuhr Riotと、真空管を使用した2chドライブペダルBlackstar DEPT.10 DUAL DRIVE

( 1 ) KORG Pitchblack Advance(チューナー)
( 2 ) Blackstar DEPT.10 DUAL DRIVE(オーバードライブ)
( 3 ) Suhr Riot(ディストーション)
( 4 ) tc electronic Nova Delay(ディレイ)

マイクスタンドに取り付けられていたカポタストはKyserカポ。

History NT-301/CA

アコースティックセットで使用されたのはHistory製のアコースティックギター、NT-301/CA。丸みを帯びたカッタウェイ~ホーン部分の形状も特徴的なHistoryブランドの日本製モデル。トップはシダー、サイド・バックはローズウッドでマホガニーネックにエボニー指板といった仕様だ。こちらに取り付けられていたカポはGID GC-20 SL。

Photo:hirom inoue、kota aoki

Kaho(Guitar)使用楽器・機材紹介

Faulieu.

Faulieu. 1st Album "AS IS." TOUR FINAL 2024.8.24 Spotify O-WEST

Faulieu. 1st Album "AS IS." TOUR FINAL
2024.8.24(土)
Spotify O-WEST
OPEN 17:00 / START 18:00

一般 4,500円 / 学生 1,000円
eplus.jp/faulieu/

▼1次プレオーダー先行(抽選受付)
4/23(火)18:00~4/30(火)23:59
▼2次プレオーダー受付(先着受付)
5/11(土)13:00~6/2(日)23:59
▼一般発売日
6/8(土)10:00~
【入場順】
A プレイガイド先行一般
B 一般発売の一般
C 手売りの一般
D プレイガイド先行の学割
E 一般発売の学割


modegear Miyako
ガールズバンドクライ Low Boy SILENT SIREN
NCIS LOVEBITES MONO
Fishman AFX Hofner BlackSmoker_BM_MISA