DAY1の熱がまだまだ冷めない富士急ハイランド・コニファーフォレスト。薄靄が掛かる富士山麓に、澄んだバイオリンの旋律をまとったバンドサウンドが響く…

神話の2日目、スタートを飾るのはMorfonicaの代表曲『Daylight -デイライト- 』だ。陽が沈みきっていた前日とは同じ楽曲でも印象が大きく異なるのは、屋外ライブならではの醍醐味だ。

Ba. 西尾 夕香(広町七深役)

そして DAY2ではここで、カバー楽曲『CQCQ』が披露された。低い音域からハイトーンまで展開するVo. 進藤 あまね (倉田ましろ役)の懐の深い歌声と、躍動的なバンドサウンドが調和し、唯一無二の存在感を放っている。随所でギターやベースのテクニックが光るプレイも見どころだ。

続く『金色へのプレリュード』では、雲の向こうの青空に突き抜けるような爽快感と優しさを持ち合わせたサウンドを奏で、Morfonicaらしさを存分に感じられる演奏を見せてくれた。安定感のあるドラムサウンドでバンドを支えるDr. mika(二葉つくし役)が穏やかな表情をメンバーに向けているのも印象的だ。

ハーモニー・デイ』『Sonorous』そして、今回初披露となった『Secret Dawn』が演奏される中で、キャストによるMC~「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」のバンドストーリー映像~演奏パートへと自然に繋がる一連の流れが“キャラクターとリアルライブのリンク”を丁寧に表現し、楽曲の世界観により深みを添えている。Ba. 西尾 夕香(広町七深役)が演奏中に前列へと出てきたり、台に足を乗せたアグレッシブなスタイルを見せたりするようになったことにも説得力が感じられた。

Gt. 直田 姫奈(桐ヶ谷透子役)

そしてやはり『flame of hope』で見せるGt. 直田 姫奈(桐ヶ谷透子役)とVn. Ayasa(八潮瑠唯役)のぶつかり合いは、セットリストの中でも観客をもっともアツくさせる山場のひとつと言っていいだろう。

さらにバンドの演奏により一層の熱がこめられ、初披露の『V.I.P』、そして『Nevereverland』と2曲続いての躍動感溢れるハードなカバー楽曲でラストスパートをかけていく。 2日間にわたって“成長したMorfonicaの姿”を存分にステージで披露した彼女たちの表情に、今回のMythologyにかける想いの強さを感じることができた。最後の『ブルームブルーム』で、会場いっぱいの笑顔の花を咲かせて、RAISE A SUILENへとバトンを渡した。


Creek MONO Cases
Heritage 春畑道哉 Dean Icon
新山詩織 Orange Artist Combo Orpheus Valley Guitars
Kamaka TUBE Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty