関口シンゴ 使用機材

関口シンゴ(Guitar)

Rozeo Ladybug-CB Shingo Sekiguchi Model

関口シンゴが使用するギターは数々の有名メーカーのOEM生産でも知られる寺田楽器のブランド「Rozeo」製のコンパクトなセミアコ。自身のシグネチャーモデルとして製作されたギターだ。 アンプはFender ‘68 Custom Deluxe Reverb。関口は”Vintage”チャンネルを使用していた。

足元のボードはすべて直列で、接続順に ( 1 ) tc electronic polytune 2(チューナー)、 ( 2 ) BUDDA Bud-Wah(ワウペダル)、 ( 3 ) Human Gear FINE.OD(オーバードライブ)、 ( 4 ) Providence Sonic Drive(オーバードライブ)、 ( 5 ) strymon Mobius(マルチ・モジュレーション・ユニット)、 ( 6 ) BOSS DD-20 Giga Delay(ディレイ)、 ( 7 ) strymon FLINT(トレモロ&リバーブ)という流れ。ボード内の電源は ( 8 ) Free The Tone PT-3Dが担っている。 様々なモジュレーションエフェクトを内蔵するstrymon Mobiusだが、取材時にはロータリースピーカーをシミュレートした「Rotary」のエフェクトが選択されていた。

ライブ撮影:Yusuke Kitamura
機材撮影:小野寺将也

Ovall

New Digital Single 『Stargazer』2019.2.27 Release! 現在、2017年の再結成後初となるニューアルバムを制作中だというOvall。そんなアルバムからの第1弾シングル曲となる『Stargazer』が2月27日に配信リリースされた。楽曲のミックス、そしてジャケットアートワークもmabanuaが手掛けている。
Apple Music、Spotify他各音楽配信サイトでストリーミング&ダウンロード可能だ。
各配信サイトはこちらから https://ovall.lnk.to/stargazer


PR

MONO Cases Black Smoker
Martin Style41 SGZ Orange PedalBaby100 KeyLeaves