MSTR(千聖 from PENICILLIN)率いるCrack6、メンバーでありプロデューサーの重盛美晴の生誕祭を、アコースティックなスタイルでライブ配信!!

最新シングル『What is TRUE?』を配信リリースしたばかりの、PENICILLINのギタリスト千聖がMSTR(ミスター)の名で率いるバンドCrack6。7月に入り、Crack6も「無観客生配信ライブ」を行ない出した。今回レポートしたのは、7月31日(金)にYouTubeチャンネルより生ライブ配信を行った「Crack6 YouTube生配信ライブ~重盛美晴生誕祭~アコースティックライブ ヒミツノ調ベ~」。Crack6のギタリストであり、長年PENICILLINのサウンド・プロデュースを担い続けている重盛美晴の誕生日を祝いつつ、Crack6だからこそ生み出せるアコースティックなライブの魅力を伝える内容として行われた。


まずは当日のCrack6メンバーの使用楽器・機材を紹介していこう。アコースティックライブということで、アコースティックギターを中心としたシンプルなラインナップで、暖かく親密な雰囲気のライブが彩られた。

MSTR(千聖)使用機材紹介

Ovation Adamas 1587-5

MSTRこと千聖の使用ギターはOvation製のエレアコギター、「スーパーアダマス」の通称でも知られるUSA製Adamasのシングルカッタウェイ仕様のモデル。ヘッドやブリッジ部分の美しい彫刻など見た目にも豪華な一本だ。ヘッドにはSNARK製のクリップチューナーが取り付けられていた。

足元はシンプルにチューナーとDI(ダイレクト・ボックス)のみ。写真右のチューナーがKORG PitchBlack、左のDIはBOSS DI-1だ。

SHIGE ROCKS(重盛美晴)使用機材紹介

Taylor 210ce

この日誕生日を祝われた重盛の使用ギターはTaylor 210ce。サイド&バックにローズウッドを使用したTaylorの人気モデルのひとつだ。ネック幅がナット部で1-11/16″(約42.9mm)とアコースティックギターの中ではスレンダーな設計になっておりエレキギターとの持ち替えでも違和感無く演奏できる。

長野典二、O-JIRO、山田巧 使用機材紹介

Crack6

Crack6アコースティックライブ 期間限定グッズ販売中!

販売期間 7/31(金) 19:00〜8/14(金) 23:59まで
発送予定 2020年9月上旬
詳しくは、公式オンラインストア
ddj.official.ec

最新シングル「What is TRUE?」が各配信サイトより絶賛配信中!!

Crack6 の最新シングル「What is TRUE?」が、7月10日より各配信サイトより配信開始!!
カップリングには、昨年末にライブ会場限定で発売されたシングル「アネモネ」のバージョン違いも配信されます。
詳しくは、
https://linkco.re/CPP0c3Bu

■オフィシャルサイト
https://www.crack6.jp/


Martin Style41 SGZ The Realist RV5PeA SGZ Black Smoker
Orange Crush Acoustic 30 Orange Terro Stamp & Bass Butler MONO Cases Techra Drum Sticks
Dean Kerry King On Stage Stands S7G Cobra JS7