2020.7.11 Asuralbert II “We Love Live House Streaming+” ライブレポート

Asuralbert II(アシュラルバート2世)。今年2月に惜しまれながら活動休止したバンド「グッドモーニングアメリカ」の金廣真悟(Vo/Gt)とペギ(Dr/Cho)、そして昨年7月にphatmans after schoolから改名し新たなスタートを切ったバンド「saji -サジ-」のヤマザキヨシミツ(Ba)によるスリーピースバンドだ。結成は2020年2月。本来ならば、3月から東名阪ツアー、さらに5月31日からは全国7箇所を廻るツアーと勢力的に活動しているはずだった。しかし、この新型コロナウイルス禍の情勢にあってツアーは中止や延期を余儀なくされ、本来ならば先に述べた5月末からのツアー「We Love Live House Tour 2020」のツアーファイナル公演が行われるはずだった7月11日に漸くこのバンド初めてのライブが開催された。

「We Love Live House Streaming +」と題されたこのライブはそのタイトル通り無観客によるストリーミング配信ライブ。このライブの収益はツアーで廻るはずだったライブハウスへ全額寄付することも発表されていた。

画面の向こうの下北沢GARDENは薄暗い照明の中でデジタルリリースされたAsuralbert IIの楽曲が流れている。ストリーミング上とは言え久しぶりにライブハウスで開演を待つときの胸の高鳴りを感じた。

開演時間になるとサーカスのような妖しげで外連味のあるSEに乗せてペギ、ヤマザキ、金廣が順にステージに登場。「どうもはじめましてAsuralbert IIです。よろしくどうぞ」そう言って始まった1曲目は2月3日に発売された1stデジタルシングル『In principio erat Verbum』にも収録されている『Jitter Batter』だ。ギター1本での歌い出しからバンドがインすると、太い音でストレートなルート弾きにも跳ねるようなニュアンスの感じられるヤマザキのベースがグイグイとドライブしていくグルーヴ感が心地よい。まさにこれからの未来へ向けた彼らのステートメントのようなキャッチャーな楽曲に自然と高揚感が高まる。ペギもメロディーを口ずさみながら楽しそうに叩いているようだ。ストレートなアレンジながら若さゆえの真っ直ぐさとは違う、それぞれが確かなキャリアを持つミュージシャンならではの熟練したサウンドに感じた。

続く2曲目は『チューズ&チューズ』。シンコペーションを巧みに使ったフックのあるリズムのリフを筆頭にオルタナティブな感覚を湛えながらも、サビでは疾走感を増し金廣の言葉が真っ直ぐに届いてくる。金廣の新たなギターBlack Smoker SIGMA-JMによるアルペジオから始まったのは『リアリティ』。リズムの遊びを入れながらもタイトルにもあるように金廣自身のリアルな言葉が響く。笑顔でコーラスをするペギや飛び跳ねながら歌う金廣など楽しそうにパフォーマンスするメンバーの姿も印象的だった。

ライブや活動の経緯を伝えつつ、ストリーミングライブを「今でしか楽しめない楽しみ」とポジティブに捉えた金廣のMCに続き、ライブだけでなくMCもブランクがあるというペギが笑いを誘う。

妖しげながら軽快なリフでサイケデリックな感覚も感じさせた『Rain』では金廣によるアーミングを交えたギターソロも。フィルターの掛かった不可思議なギターサウンドで幕を開けた『monkeys』はバンドのトレードマークにもなっている猿をモチーフにした歌詞とオルタナティブなムード、そして開放的なサビが独特の雰囲気を醸し出す。

ディレイの効いたギターと金廣のファルセットボイスから一転、疾走感溢れるロックンロールへとなだれ込む『タリラリラ』も1stデジタルシングルに収録された楽曲だ。少しいなたいメロディーといい意味でルーズな歌いまわしが皮肉交じりに自由を歌う。続く『Grip』ではフュージョンにも通じるようなマイナー9thコードの響きを活かしたカッティングリフからリズムチェンジが巧みに展開していく。骨太ながら肉感を感じさせるヤマザキのベースサウンドも絶品だ。

ここまでライブを見てきてこの日初めて目にするこのバンド、Asuralbert IIの大まかな印象としては、多彩なサウンドを鳴らしながらも豊富なリズムのフックとグドモよりもより金廣自身のパーソナルな部分から直接出てきているように感じられる歌詞が印象的だと感じた。

人生初のスリーピースバンドでの苦労と楽しさに触れつつ、この時間を共有できているオーディエンスが目の前にいないもどかしさ、そして今後の活動を伝えたMCを挟み、ライブは後半戦へと突入していく。

ライブ後半のレポートはこちら

Asuralbert II

次回ライブスケジュール

8月2日(日)大阪Live House ANIMA (3月21日振替)
開場18:00 開演18:30

8月3日(月)名古屋Electric Lady Land (3月22日振替)
開場18:30 開演19:00

※こちら2公演は現時点で配信の予定はしておりません

https://l-tike.com/search/?lcd=71559
(L:71559)

各サブスクリプションサービスにて音源配信中

In principio erat Verbum
https://ssm.lnk.to/inprincipioeratverbu

Invisible Knife
https://ssm.lnk.to/invisibleknife

オフィシャルファンクラブ『おさるさんクラブ』会員募集中

毎月充実したコンテンツ配信中
・6月はMovieコンテンツ
・7月はDrumペギによる毎日ブログ
など
他、ファン交流イベントも考案中
https://asuralbert2.com


Martin Style41 SGZ The Realist RV5PeA SGZ Black Smoker
Orange Crush Acoustic 30 Orange Terro Stamp & Bass Butler MONO Cases Techra Drum Sticks
Dean Kerry King On Stage Stands S7G Cobra JS7