前ページまでの各ギターの写真や後に掲載するライブレポートをお読み頂いても分かるように、ヴィンテージギターを惜しげもなく、むしろその音を生でオーディエンスに届けることに使命感すら感じステージで使用するTAKURO。 ステージ上にそびえ立つマーシャルの壁、6発のMarshallキャビネットのうちマイキングされているのは2つのみだ。マイクに「Clean」の表示があることからクリーンサウンドとドライブサウンドで鳴らし分けているのだろう。

キャビネット横のテーブルにはKORGのチューナーDTR-1が置かれ、さらにその上にはスライドバーが置かれていた。

 アンプヘッドはステージ袖のラック内にセットされたMarshallのJCM 800が2台(1台はバックアップ用)、さらにその隣のラックにはMesa Boogie Dual Rectifier Solo HeadとKoch Supernova 120が確認できる(Kochはバックアップ用)。

 また、 アンプ類のラック上にはTERUのアコースティック用にL.R.Baggs Para Acoustic D.I.(ダイレクトボックス/プリアンプ)、SAMSONのワイヤレスレシーバーUR-5DJとKORGのボリューム・ペダルVP-10がセットされていた。

 一方エフェクト類だが、本人の足元には [1] Ernie Ballのボリューム・ペダルと [2] Jim Dunlop TM95 TAK Cry Baby(ワウペダル)のみ。

それ以外はエフェクターラック上部にセットされている、 [3] Free The Tone ARC-3(プログラマブル・スイッチャー)を中心に、 [4] Ibanez TSMINI(オーバードライブ)、 [5] 320design Sunakake(オーバードライブ/ブースター)、 [6] Mojo Hand FX IRON BELL(ファズ)、 [8] Free The Tone Final Booster FB-2(ブースター)、 [9] VIZION 3mode Overdrive(オーバードライブ)が基本の歪み系担当だ。 [7] Peterson Stomp Classic(チューナー)と [10] SAMSON UR-5DA(ワイヤレスレシーバー)もここにセットされている。

また、同ラック内2段目には [11] Eventide H9 Max Gold(マルチエフェクター)、 [12] Free The Tone Flight Time FT-1Y(ディレイ)、 [13] Free The Tone MC-3(MIDIコントローラー)、さらにその下の段に [14] BOSS GE-7(イコライザー)、 [15] BOSS RV-3 (リバーブ/ディレイ)がセットされており、空間系エフェクトはこれらが担っている。


次ページ »
TERU使用 ギター紹介

GLAY

GLAY 57th Single『G4・V -Democracy 2019-』2019.7.2 Release!! 5月25日(土)にデビュー25周年を迎えたGLAY。今年元旦に打ち出した「公約」のひとつ「新元号初シングル発売」が7月2日に決定!デビュー25周年記念シングルであり、4曲全てがリード曲である「G4」シリーズの第5弾。「JUST FINE」、「COLORS」のMusic Videoは全編ハワイで撮影されており、美しい映像にも注目してほしい。
5月19日からは新元号初の全国ホールツアー【GLAY LIVE TOUR 2019 -SURVIVAL- 令和最初のGLAYとHEAVY GAUGE】を開催中、8月17日、18日にはメットライフドームにて【GLAY 25th Anniversary “LIVE DEMOCRACY”】を開催、さらに11月からは全国9箇所17公演、18万人動員の大型アリーナツアー【GLAY ARENA TOUR 2019-2020 DEMOCRACY 25th“HOTEL GLAY” 】の開催も決定している。


Martin Style41 SGZ The Realist RV5PeA SGZ Black Smoker
MONO Cases Techra Drum Sticks
Orange Crush Acoustic 30 Orange Crush Bass25B Hinatch Orange Pedal Baby 100 Dean Kerry King On Stage Stands S7G Cobra JS7