TEXT:長澤智典

これからもMANAKOと一緒に幸せにあふれた未来を抱きしめていこう。MANAKO BIRTHDAY LIVEレポート!!

ニコニコ動画の「おどってみた」の踊り手として高い注目を集め、まなこの存在は世の中へ浸透した。ロックダンスユニットQ’ulleのメンバーとしても活躍。現在は、「MANAKO」としてアーティスト活動をしている。

3月19日(土)、Shibuya eggmanを舞台に「MANAKO BIRTHDAY LIVE 2022!!」が行われた。当日の模様を、ここにお伝えしたい。

バンドメンバーに続き、MANAKOが舞台へ登場。心地好い春の日射しを覚える軽快でポップな楽曲に乗せ、マイクスタンドに装填したマイクを右手でがっちり握りしめ、MANAKO が『with you』を軽やかに歌いだした。「今を生きていられたらいーの」「アナタらしく居れればいーの」「たまには休んでてもいーの」と、想いを届けたい相手を含め、自分自身にも言い聞かせるように、MANAKOは自分らしさを詰め込んだ楽曲を、弾む気持ちへ導かれるように歌っていた。心地好く跳ねる演奏にあわせ、MANAKOの歌声も軽やかに響く。彼女に「笑っていてくれたらいーの」「アナタが居てくれればいーの」と歌われるたび、その想いを、そのまま彼女に返したくなる。冒頭からMANAKOは、この空間に心地好い歌の風を吹かせてくれた。彼女の歌声は、東京にも吹き始めた春風よりも、もっともっと温かくて優しくて、なにより心地好い。だから、心が自然と弾みだす。

走り出した演奏に乗せ、MANAKOがフロア中の人たちを煽りだす。彼女の誘いに刺激を覚えた観客たちが熱い手拍子をし始めた。演奏はパワーと速度を上げながら『青とドライブ』へ。MANAKOは、沸き立つ気持ちを駆ける楽曲に乗せ力強く歌っていた。とても伸びのある、しかもパンチの効いた歌声だ。太陽のように眩しい彼女自身の性格と前向きな生き方を、楽曲にも反映。MANAKOの歌声に触れていると、自然と心のギアもグイグイ上がりだす。彼女の熱い誘いに引っ張られるよう、一緒にドライブした先に広がるのがどんな素敵な景色になるのかを見たくなる。

楽曲は止まることなく『前向きなサヨナラを』へ。MANAKOはマイクを手に、舞台の上を右に左に動きながら、会場に足を運んだ人たちと少しでも身近に触れ合おうとしていた。なんて前向きでパワフルな歌声だろう。彼女自身が臆病な気持ちを奮い立て、前へ前へと突き進む姿をみんなの前へ示してゆく。自らが熱源となり、エナジーを放つことで、自分自身の気持ちも前へと突き動かしていく。ポジティブな姿勢でMANAKOが歌いかけるからこそ、前向きなパワーに刺激を受けた観客たちも自然と身体を揺らしていた。

今日は晴れです」の言葉を受け、フロア中から起きた拍手。MANAKOのライブはいつも悪天候ばかり。だからこそ、晴天に恵まれたこの日のライブをMANAKO自身が、何よりも喜んでいた。

3月と言えば卒業の時期。春の時期はいろんな別れや出会いを繰り返す季節。わたしもいろんな出会いと別れのあった1年だったなと思って」と語りつつ、次に歌ったのが、これまでのMANAKOの人生で一番哀しかった別れや後悔を綴った『またね』。MANAKOは「やりたいことを大事に真っ直ぐに突き進んでほしい。後悔は絶対にしてほしくない」と語ったうえで、『またね』を歌いだした。

MANAKOは切々とした演奏の上で、失い、戻らない思い出に浸りながら、後悔と、でも、今まで過ごしてきた日々へ素敵な思い出を重ねるようにバラードの『またね』を歌っていく。とても切ない、後悔にさいなまれ、心苦しむ想いを綴った楽曲だ。でも、MANAKO自身が、いつも気持ちを前へと押し上げ、みずから光を放とうとしてゆく人。だからこそ、切なく悲しい想いを歌おうと、その声は沈むどころか、その先へ広がる輝きを掴もうとする前向きな歌声としても胸に届いていた。悲しみさえ前向きな力に変えてゆく。それこそがMANAKOらしいじゃない。

少し早歩きするように流れだしたのが、『FAKE』。この曲でも、眩しかったあの頃の日々を思い返し、今は切なさに身を浸す気持ちを歌っていた。たとえ哀しい思い出でも、MANAKOはその思い出さえも光輝くフレームの中へ収めようとしていく。愛しい人の姿をいろいろ思い返し、思い出に浸りながらも、それでもMANAKOの歌声には確かな強さがあった。しっかりと前を見据えて歌う彼女の姿を見ていたら、いろんな後悔や寂しさも輝きに変えていけるんだなと思えてゆく。

表情を塗り替えるように、MANAKOは力強く跳ねるロックな演奏に乗せ、この空間に華やかな色と楽しもうという熱を注ぎ込む。力強く駆けたビートロックの上で、MANAKOは前をしっかりと見据え『ミラー』を歌っていた。間奏では、一緒に手拍子を交わす場面も登場。MANAKOは、「辛いことも忘れて 朝まで踊ろうね」と誘いかけてきた。『ミラー』が流れ、MANAKOの歌声が走り出した途端、その空間は一瞬にしてダンスフロアになる。その熱情、もう止められない。


Creek MONO Cases
Heritage 春畑道哉 Dean Icon
新山詩織 Orange Artist Combo Orpheus Valley Guitars
Kamaka TUBE Martin Strings
G7th Capo The Realist RV5PeA SGZ DoraKitty