ライブレポート

2月22日(金)、再演が熱望されたファン待望のイベント、Janne Da Arcのギタリストyou主宰による「you’ve guitar a friend(ユーブ ガッタ フレンド)」第2回目の公演となる「you’ve guitar a friend vol.2」が初台DOORSにて開催された。

この日を心待ちにした来場者とyouの願いが通じてか、雨天予報も見事に晴れに変わり、入る隙間もない程に超満員の会場にはファンの熱気が溢れ、開演前から期待は最高潮に高まっていた。

開演15分前。ステージ上のモニターに「ATTENTION」の文字が映し出されると共に始まったのは、当イベント用にyouが作詞作曲し、そして自身初となる歌のレコーディングをした『ガッタ・ガッタ・ガッタ・フレンド』の宇宙初試聴会!
映し出される歌詞を観ながら、笑顔で大合唱する会場。こういうところからも、youがファンを楽しませたいという思いが伝わってきた。

今回、youと共に会場を盛り上げる【guitar a friend】 (ガッタ フレンド)は若手筆頭の超絶ギタリストLeda(Far East Dizain)。そしてサポートミュージシャンにドラムshuji(Janne Da Arc)、ベースNobuhiro Mitomoと凄腕のメンバーを迎え、遂に開演。 初っ端から会場全員が口元に手を当てて見入る程の世界観と、超絶テクニックの応酬で幕が上がる。

2曲目には「みんなの好きな激しい曲作ってきたから盛り上がってくれー!」と、ヘビィなリフで繰り出される攻撃的なサウンドの新曲を披露。youとLedaの交互に披露される圧巻のギターソロは会場を直ぐさま虜にし、歓声が鳴り止まない大盛り上がりを見せる。

MCでは、Ledaがyouを「自分がキッズ時代からの憧れの存在」であると伝え、“フレンド”と呼ばれるのには恐れ多いと語ると、youはLedaを「これからを担う存在だ」と自らもLedaを尊敬していると語り、互いの作品や技術を尊重し合うトークに花が咲き会場もにこやかに。

CIRCUS222』という仮タイトルがついたヘヴィな楽曲では、途中、いきなり演奏が止まる。驚くyouとLeda。ハプニングか!?と思いきや、これはサポートメンバーたちが考えたドッキリ(笑)。ステージ上モニターに「天才ギタリストは一回聞いただけのフレーズを完全に再現できるのか!」の文字が映し出され、ここからyouとLedaのアドリブソロ対決が開幕する。互いのテクニックとフレーズの引き出しの多さは圧巻そのものだが、その中にもちょっとした動揺を隠せない、そんな2人の様子が可愛らしく会場も笑いが溢れていた。

大盛り上がりの中ギターが主役として輝く第1部が終了し、ギターが脇役となって歌やボーカリストを輝かせる第2部が開幕。“歌うガッタフレンド”として中島卓偉が登場すると、楽器隊に決して負けない力強い歌声で会場を魅了し、頭と手を振りノリノリに。 youとはデビューが同時期という事で、かねてよりyouが熱望し今回の共演が実現したということだ。MCでの卓偉とのトークも笑いの絶えない盛り上がりをみせた。

その後にはZIGGYの代表曲『GLORIA』と、アマチュア時代から歌っているという『Calling You』を披露し、大盛況の中第2部が終了。中島卓偉の美しく透き通る歌声に会場も拍手喝采であった。

モニターにはyouが楽器屋でファンのためにギターを自腹で買うところを追った、楽しい映像が流れると、そのギターを実際に会場のファンに抽選でプレゼントする企画へ!「ギターがあればみんな友達」というコンセプトの3部の始まりである。

「ギターの魅力をもっとみんなに知って欲しい」とyouの思いを体現したこの企画。会場の中から1名を抽選し、“オレカッタフレンド”と呼ばれる当選者にその場でyouがギターにサインをしプレゼントすると、「今日からギタリストのあなたには、ギターだけではなくステージも用意します!」とyou。なんとその場でいきなり、『ガッタ・ガッタ・ガッタ・フレンド』を一緒に演奏しようというのだ。

さらに、なんとLedaが直々にギターの弾き方をレクチャーするという素晴らしい特典も! これには会場からも羨ましいとの声が相次ぎ拍手が巻き起こる。

会場全体へのyouの歌のレクチャーも楽しく終わると、会場と“オレカッタフレンド”も含めた『ガッタ・ガッタ・ガッタ・フレンド』の大演奏会へ! 会場全体が一丸となって大合唱し、youも満面の笑みで感謝を伝えた。

そして、改めてyouは今回のイベントを開催出来た喜びと感謝を述べると共に、ゆっくりと話し始めた。

「 次の曲をやるか、悩みました。賛否両論があるだろうなと思ったから。 でも、ギターの魅力や楽しさを広めたいというイベントで、 みんながギターを始めるとしたら”ここ”からなんじゃないかと思って。僕にとってはルーツでありホームだし、もしかしたら一度も観たことがない人もいるかもしれない。物足りないかもしれないけど、物足りても困る。 僕がこの形でやりたいと思って決めて、ステージのメンバーにお願いしたので、批判は全部僕が受け止めます。 思いが届いたらいいなと思います。歌える人がいたら歌ってください」

そう言って演奏したのはJanne Da Arcの『シルビア』。イントロが始まると共に湧き上がる大歓声。Ledaがメロディラインを弾き、会場はそれに合わせて声を枯らすほどの大きな声で歌い、youの気持ちに全力で応えた。

そしてそこから畳み掛けるように『action』へ。会場が一体となる激しさの中、本編が終了した。

アンコールに応えて登場したyouは、「みんな携帯持ってるよね?」と、1分間限定の撮影OKタイムを設け、またもファンを笑顔にした。そして、その後、Ledaが突然「僕もちょっといいですか?」と、実家からyouの教則DVD『you直伝・テクニカルメソッド』を持参してきたことを明かし、それにサインをもらうという一幕も。

イベントは終盤に差し掛かり、youがかねてより尊敬しソロ活動のお手本としてきたというTUBEのギタリスト春畑道哉の名を挙げ、春畑の楽曲である『JAGUAR’08』を披露。

そしてこのまま終演の流れを迎えるかと思いきや、さらなるサプライズが。2月22日にちなんで「にゃんにゃんにゃんスペシャル」ということで、“スペシャル歌うガッタフレンド”としてPENICILLINからHAKUEI千聖が登場。会場がざわめく中、圧巻の歌声とパフォーマンスで会場を魅了し、『ロマンス』では会場が一体となる盛り上がりをみせた。

ラストはyouとLedaの2人のみでこのイベントのタイトルの元にもなったキャロルキングの『You’ve Got A Friend』をアコースティックギターでしっとりと披露。 これには会場も静かにじっくりと2人の演奏に耳を傾け、見守るように聴き入っていた。

youは全員に「これからも友達でいてね」と呼びかけ、ファン1人1人を会場出口で最後の最後まで見送り、イベントは大盛況のうち幕を閉じた。

みんなにもっとギターを弾いてもらいたい、ギターの楽しさ、面白さをもっと伝えたいというyouの気持ちから生まれたイベント「you’ve guitar a friend」。大好評につき3回目の公演も決定し、【guitar a friend】ガッタフレンドにはBREAKERZのギタリスト、AKIHIDEを迎えることが決定。そこで繰り広げられる名演奏が今から楽しみで仕方がない。

取材・文:大河原弘至
撮影:小野寺将也

you

「you’ve guitar a friend vol.3」開催決定! 《日時》2019年5月17日(金) OPEN 18:00/START 19:00
《会場》新横浜 NEW SIDE BEACH!!
《出演》you
【”guitar” a friend (ガッタ フレンド)】AKIHIDE(BREAKERZ)
【サポートミュージシャン】drums : shuji/bass : Nobuhiro Mitomo
《チケット一般発売》2019年5月4日(土) チケットぴあ


Martin Style41 SGZ The Realist RV5PeA SGZ Black Smoker
MONO Cases Techra Drum Sticks
Orange Crush Acoustic 30 Orange Crush Bass25B Hinatch Orange Pedal Baby 100 Dean Kerry King On Stage Stands S7G Cobra JS7